iOS14でアイコンをおしゃれに!iPhoneホーム画面のアイコンの変え方は?

最終更新:2020年12月

iPhoneはホーム画面のアイコンを変えることができる

iPhoneでは標準アプリの「ショートカット」と言うアプリを使って、iOS14になる以前から実はアプリのアイコンを好きな画像に変更することが可能でした。

iOS14によりホーム画面へのウィジェット追加機能が実装され、写真系ウィジェットや時計系ウィジェットと組み合わせて、おしゃれなホーム画面を演出することができるようになりました。

当記事では、iPhoneホーム画面のアイコンをおしゃれに変更する方法を解説します。

【注目!!】当サイトのiPhone向け無料アイコン素材ダウンロードページはこちら

カスタマイズの完了後イメージ

iOS14で追加されたウィジェット機能と、ショートカットアプリを使ったアプリアイコン変更機能を使うことで、以下のようなホーム画面にカスタマイズすることができます。

当サイトで無料配布中のアイコン素材を利用した場合のイメージはこちら

iPhoneのホーム画面をおしゃれに整理した例のスクリーンショット1

iPhoneのホーム画面をおしゃれに整理した例のスクリーンショット2

iPhoneのホーム画面のアイコンをおしゃれに変える方法を解説

iPhoneのホーム画面のアイコンを変更するためには、iOS標準の「ショートカット」アプリが必要です。

以下リンクからアクセスするか、iPhone内で検索等で探してみてください。

ショートカット

ショートカット

Apple無料posted withアプリーチ

iPhoneのアプリアイコンを変更するデメリット

iPhoneでアプリのアイコンをショートカットアプリを使って変更する際のデメリットは、以下となります。

  • 通知数が分からない
  • ショートカットを経由してアプリを起動するので、若干起動スピードが遅くなる
  • 画像を変更するので、画像でアイコンを判別していた場合、なれるまで戸惑う

壁紙をシンプルで馴染むおしゃれなものに変更する

アプリのアイコンをカラフルにする場合は、壁紙は白系や茶系、黒系など単色のシンプルなものだと、わちゃわちゃした感じにならずに馴染みやすいです。

iPhoneの壁紙の変更方法は以下の通りです。

  • iPhoneで設定アプリを開く
  • メニューの「壁紙」をタップ
  • お好みの壁紙を選ぶ
  • 「設定」をタップして、「ホーム画面に設定」あるいは「両方に設定」を選ぶ

今回は白をベースとした、レンガ調のシンプルな壁紙を設定してみました。

ショートカットアプリでアイコンをおしゃれに変更しよう!

【注目!!】当サイトのiPhone向け無料アイコン素材ダウンロードページはこちら

①「ショートカット」アプリを開いて、右上の「+」ボタンをタップします。

②検索欄に「appを開く」と入力して出てきた項目「Appを開く」をタップします。

③「選択」をタップします。

④アプリを選択したら、右上の「・・・」アイコンをタップします。

⑤アプリの名前を入力して、一度「完了」ボタンをタップして戻ります。

※このまま「ホーム画面に追加」に移動すると、アプリ名が初期設定になってしまいました。

⑥戻った画面で再度「青い3つの点のボタン」をタップします。

⑦「ホーム画面に追加」をタップします。

⑧ホーム画面の名前とアイコンのアイコン部分をタップします。

⑨「写真を選択」をタップします。

⑩アプリアイコンは正方形なので、アイコンにする写真の領域を選択します。

⑪「追加」をタップします。

⑫「完了」をタップします。

アイコンがカスタマイズされた、LINEアイコンが追加されました。

この要領で、必要なアプリをショートカットアプリを使って、オリジナルアイコンに変更してきます。

最後にウィジェットを使って可愛いホーム画面を作り込む

Widgetsmithを使って、好きな写真をウィジェットにできる

Widgetsmithというアプリを使うことで、標準の写真ウィジェットではできない、お気に入りの写真を固定でウィジェットとして表示させることができるようになります。

以下の記事でやり方を解説しています。

Widgetsmithは、以下のリンクから無料でダウンロードすることができます。

Widgetsmith

Widgetsmith

Cross Forward Consulting, LLC無料posted withアプリーチ

Color Widgetsを使って、おしゃれな英字カレンダー&時計ウィジェットを表示できる

Color Widgetsという無料アプリを使うことで、とてもおしゃれな英字カレンダーや時計ウィジェットを表示することができます。

デザインは様々なものから選ぶことができ、色や背景写真、フォントなどを細かくカスタマイズ可能です。

以下の記事でやり方を解説しています。

Color Widgetsは以下のリンクからダウンロードすることが可能です。

Color Widgets

Color Widgets

MM Apps, Inc.無料posted withアプリーチ

iOS14にアップデートしないとホーム画面のウィジェット機能は使えないので注意

iPhoneでホーム画面のウィジェット機能が使えない原因は、以下のような理由が考えられます。

iOSを最新版のiOS14にアップデートしていない

iOS14へのアップデートが済んでいなければ、当然ながらウィジェット機能は利用できません。

現在利用しているiPhoneのOSが最新版のiOS14か確認する方法は、以下の通りです。

  1. iPhoneの設定アプリを開く
  2. 「一般」をタップ
  3. 「ソフトウェア・アップデート」をタップ
  4. 現在のOSのバージョンが表示されます。

iOS14.X以上となっていれば、ウィジェット機能に対応しています。iOS13以前の場合は、iOSのアップデートを行う必要があります。

手持ちのiPhoneがiOS14に対応していない

iOS14に対応しているiPhoneは、以下のiPhoneです。

  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone SE(第1世代)
  • Phone SE(第2世代)
  • iPod touch(第7世代)

上記のiPhoneより古いiPhoneはiOS14に残念ながら対応していないため、ウィジェット機能が使用できません。

iOS14.3でショートカットを経由しないアイコンカスタマイズができるように

今回は、iOS14でアプリアイコンを標準のショートカットアプリを使って擬似的に変更する方法を解説しました。

このカスタマイズの大きな欠点は、アプリを起動する時に一瞬ショートカットアプリが起動してから元のアプリが起動するため、起動が若干もたついてしまう点です。

この一瞬のタイムラグが気になって仕方がない場合は、iPhoneをiOS14.3へアップデートすることをおすすめします。

追記:2020年12月にリリースされたiOS14.3にiPhoneをアップデートすることで、ショートカットアプリを経由せず直接アプリを起動させることができるようになりました。

こちらも読まれています

Follow

フォローして情報を受け取る