トラッキングを許可は危険?安全?【iPhone・iOS14のポップアップ】

iPhoneで「トラッキングを許可」のポップアップが表示される場合が増えている

iOS14系の最新バージョンにアップデートしたiPhoneを使っているユーザーの中で、

「”アプリ名”が他社が所有するAppやWebサイトを横断してあなたを追跡する許可を求めています」

というポップアップが表示される方が増えています。

「トラッキングを許可」か「Appにトラッキングしないよう要求」のどちらかを選択するよう迫られるため、

twitterで「トラッキング 許可」と検索

Appにトラッキングしないように要求or許可を求めるポップアップのスクリーンショット

「あなたを追跡する許可を求めています」という何やら物騒な文言から、「トラッキングを許可」を選択すると危険なのでは?と思う方が増えています。

「トラッキングを許可」は危険?安全?

結論から言うと、「トラッキングを許可」を選択することによる危険性は高くはありません。

ユーザーの行動履歴をトラッキングして広告を表示させる「ターゲティング広告」は、Web上で無料でサービスを提供しつつ収益化するために広く使われている技術です。

iOS14以降のiPhoneでは、アプリ外の他のアプリやWebサイトのあなたの行動履歴を収集して表示する、ターゲティング広告を規制する動きがあります。

その一環として、一部のアプリやユーザーに対して「”アプリ名”が他社が所有するAppやWebサイトを横断してあなたを追跡する許可を求めています」というポップアップを試験的に出しているようです。

そのため「トラッキングを許可」を選択しても、ターゲティング広告にあなたのアプリ利用履歴やWebサイト利用履歴が使用されるだけで、あなたの位置情報を誰かが追跡するような恐ろしい機能を許可するわけではありません。

ターゲティング広告は、

  • 以前に見たことのあるサイトなどの広告が何度も表示されるものがうざい…
  • iPhoneのスクリーンを他人に見せるとプライベートで何に興味があるのかがバレてしまう…

といったネガティブな声があり、

Appleはユーザー保護のため、アプリ外の他のアプリやWebサイトのあなたの行動履歴を収集して表示する、ターゲティング広告の規制を開始しています。

iPhoneの設定アプリで「トラッキングを許可」の設定を一括変更できる

iPhoneの設定アプリ上で、

アプリに「トラッキングを許可」を選択するためのポップアップを出すかどうかの許可の可否を選択する設定を全アプリ一括で変更可能です。

1.設定アプリを開いて、「プライバシー」をタップします。

iPhoneの設定アプリでプライバシーをタップする操作のスクリーンショット

2.「トラッキング」をタップします。

iPhoneの設定アプリでトラッキングを選択する操作のスクリーンショット

3.「Appからのトラッキング要求を許可」をオン・オフに変更可能です。

オンにした場合は、Appに「トラッキングを許可」を求めるポップアップを表示させる権限を許可するということになります。

すぐに全アプリで「トラッキングを許可」の設定になることを意味するわけではありません。

各アプリ上で表示されるポップアップで「トラッキングを許可」を選択することでターゲティング広告の表示が各アプリ上で可能になります。

iPhoneの設定アプリでトラッキングを許可を選ぶ操作のスクリーンショット

4.トラッキングについて分かりづらい点がある場合は、「詳しい情報」をタップすると詳しい説明を読むことも可能です。

iPhoneの設定アプリ内のトラッキングについての説明画面のスクリーンショット

本格的な運用が始まれば、アプリ別の個別設定なども設定アプリから変更することができるようになる可能性が高いです。

こちらも読まれています

Follow

フォローして情報を受け取る