iPhoneでトラッキングを拒否(オフ)にするデメリットはある?のサムネイル画像

iPhoneでトラッキングを拒否(オフ)にするデメリットはある?

#iPhoneの操作&設定

iPhoneで「トラッキングを許可」のポップアップが表示される

iOS14系の最新バージョンにアップデートしたiPhoneを使っているユーザーの中で、

「”アプリ名”が他社が所有するAppやWebサイトを横断してあなたを追跡する許可を求めています」

というポップアップが表示される方が増えています。

「トラッキングを許可」か「Appにトラッキングしないよう要求」のどちらかを選択するよう迫られるため、

Appにトラッキングしないように要求or許可を求めるポップアップのスクリーンショット

トラッキングを許可か拒否かをユーザーが選択できる形ですが、「Appにトラッキングしないよう要求」を選択することで、何かデメリットがあるのではないか?と考えるユーザーが増加しています。

iPhoneで「トラッキングを拒否」した場合考えられるデメリット

iPhoneで「Appにトラッキングしないよう要求」を選択し、「トラッキングを拒否」した場合に考えられるデメリットは以下となります。

  • 関連性や利便性が高いことがある「ターゲティング広告」が表示されにくくなる
  • アプリやゲームが無料で提供され、広告収益により成立している場合で、多くのユーザーがトラッキングを拒否した場合、新機能や新アイテムなどの開発に影響が出る可能性がある。

あなたが興味のある商品や、今までに見たことがある商品の広告が表示される「ターゲティング広告」が表示されにくくなる点は、

  • 興味は無いが、以前見たことのあるサイトなどの広告が何度も表示されにくくなる
  • スマホの画面を人に見せると、表示されたターゲティング広告により相手にプライベートで何に興味があるのかが少しわかってしまうようなことが、そのアプリで起こりづらくなる。

といったメリットもあります。

また、あなた一人の「拒否」判断によって、ゲームやアプリ開発会社の収益に大きな影響が出る可能性はほとんど全くありません。

ということから、実質的にトラッキングを拒否するデメリットは無いに等しいと言えそうです。

トラッキングを拒否したらアプリやゲームが機能制限されることはある?

Appleはアプリやゲームの開発会社が、ユーザーがトラッキングを拒否した場合に機能の一部を制限したり、トラッキングを許可した場合にアイテムや報酬を与えることを禁止しています。

これに違反したアプリはApp Storeから締め出される方針となっています。

アップル、アプリ開発者に「ユーザー追跡を許可したらお金あげる」禁止

iPhoneで「トラッキングを許可」はどうすればいい?

iPhoneで「トラッキングを許可」を選択すると、あなたに引き続きターゲティング広告が表示され続けます。

ターゲティング広告はアプリ運営・開発会社にとっては効果的かつ収益性の比較的高い広告であることが多く、あなたにとって役に立つ情報であることもあります。

あなたのアプリ・ゲーム会社を応援する気持ちよりプライバシーを優先したい気持ちを優先したい場合は、トラッキングを許可せず、

ゲーム会社を応援したい、ターゲティング広告が表示されるのは不快ではないといった場合は、トラッキングを許可するのがおすすめです。

本ページの情報は記事掲載日または最終更新日時点のものです。最新の情報は各サービス公式サイトにてご確認ください。

Profile

サイト運営者情報

「アプリポ」は「株式会社七変化」が運営を行っています。

「株式会社七変化」はスマホやPCを上手に活用した生活や仕事を行うのに役立つ様々なTipsや知識を提供するWebサイト「アプリポ」の運営やWebデザイン事業などIT分野の事業を行っています。

Author

この記事の著者

Keisuke Nagashima(7henge, inc.)

東京都内の大学を卒業後、東京・渋谷の複数のIT系企業で働いた後に、2015年7月にフリーランスのWebデザイナーとして独立し、2021年8月に法人化し「株式会社七変化」を設立。企業のホームページ等を制作するWebデザイナーとして活動しつつ、スマホやPCを上手に活用した生活や仕事を行うのに役立つ様々なTipsや知識を提供するWebサイト「アプリポ」を始め、複数のWebサイトを運営しています。