iOS14のiPhoneでウィジェットを消すには?消したい場合の消し方を解説!のサムネイル画像

iOS14のiPhoneでウィジェットを消すには?消したい場合の消し方を解説!

iPhoneのウィジェット機能(iOS14版)

2020年9月にiOS14がアップデートされ、iPhoneのウィジェット機能が新しくなりました。

ウィジェットとはホーム画面上に常に表示することができ、アプリを開かなくても必要な情報を見ることができるショートカットの役割を持っています。

この記事では、ウィジェットを追加した後に削除する方法を紹介します。

iPhoneのウィジェットの追加方法(iOS14版)

まずは、ウィジェットを追加する方法を解説します。

ホーム画面の背景部分をロングタップ(長押し)します。

ホーム画面を編集できる状態になりますので、右上にある「+」マークをタップします。

ウィジェットの画面が表示されます。

ここでは、例として時計のウィジェットを追加していきます。

ウィジェットの種類は3つあり、お好みのデザインを選択しましょう。

3種類から選んだら、「+ウィジェットを追加」をタップします。

時計のウィジェットがホーム画面に追加されました。

ウィジェットを配置する場所も自由に決めることができます。

iPhoneのウィジェットの削除方法(iOS14版)

次に追加したウィジェットを削除する方法を紹介します。

削除したいウィジェットをロングタップ(長押し)します。

「ウィジェットを削除」をタップします。

「削除」をタップし、削除完了です。

「このウィジェットを削除してもAppやデータは削除されません。」という表記の通り、あくまでもウィジェットのみが削除されます。

iPhoneのウィジェットの編集方法(iOS14版)

ちなみに「ウィジェットを編集」をタップすると、ウィジェットの内容を編集することができます。

時計のウィジェットの場合は、時計を表示する都市を選択することができます。

それぞれのアプリのウィジェットの表示内容について編集を行う際に使用してみてください。

iPhoneのウィジェット機能の編集・削除は簡単にできます(iOS14版)

アプリを開かなくても必要な情報を見ることができるウィジェット機能はとても便利です。

ウィジェットはあくまでもショートカット機能に過ぎないので、削除してもアプリ自体やデータが消えることはありません。

自分が使いやすいように編集や削除をして、カスタマイズしてみてはいかがでしょうか。

Follow

フォローして情報を受け取る