iOS16のおすすめ時計ウィジェット【iPhone】ホーム画面をより便利にのサムネイル画像

iOS16のおすすめ時計ウィジェット【iPhone】ホーム画面をより便利に

#iPhoneのウィジェット機能

iOS16でも引き続きウィジェット機能は使用可能!

【2022年9月更新!】

iPhoneのOS「iOS14」は2020年9月にリリースされました。

2022年9月にリリースされた最新OSの「iOS16」でも、ウィジェット機能は引き続き利用可能で、天気予報をリアルタイムで表示させたり、リマインダーやカレンダーなどを大きくホーム画面に表示させることができます。

iPhone・iOS16のおすすめ時計ウィジェットを紹介

iOS14から導入されたウィジェットは、サードパーティ製のアプリにも対応しており、すでに対応したサードパーティ製の時計ウィジェットアプリがApp Store上で公開されています。

おすすめの時計ウィジェットアプリは「Widgetsmith」という海外のアプリですが、英語で設定が可能です。

3つのサイズからウィジェットが選べ、カレンダーや時計、お好みの写真などを複合的に配置することが可能な高機能アプリです。

今回紹介する機能は2022年9月検証時点では完全無料で利用できました。

Widgetsmith

Widgetsmith

Cross Forward Consulting, LLC無料posted withアプリーチ

時刻がずれるなど時計ウィジェット機能全般に不具合が発生中

【追記】2020年9月の検証時点では、WidgetsmithでiOS14のバグの影響とみられる時刻ずれが発生してしまっています。(iOS16ではまだ同様のバグは確認できていません)

Widgetsmithだけでなく、標準時計ウィジェットでも見られる現象のため、ウィジェットでの時計表示機能全体に大きな不具合が発生しているようです。

当サイトの検証の結果、iPhoneを再起動すると時刻ずれが解消されました。

おすすめ時計ウィジェットアプリ「Widgetsmith」の設定方法

Widgetsmithアプリを使用して、カスタマイズした時計ウィジェットアプリをホーム画面に表示させる方法を解説します。

Widgetsmithアプリの設定方法

1.Widgetsmithアプリを開いて、Small、Midium、Largeの3つのサイズの中から、作成したいウィジェットのサイズを選んでタップします。

Widgetsmith 1.Widgetsmithアプリを開いて、Small、Midium、Largeの3つのサイズの中から、作成したいウィジェットのサイズを選んでタップします。の画像

2.ウィジェットに表示する内容を選択します。

Widgetsmith 2.ウィジェットに表示する内容を選択します。の画像

3.時計の背景色と文字色(テーマ)を選択します。

Widgetsmith 3.時計の背景色と文字色(テーマ)を選択します。の画像

4.時計のタイムゾーンを選択します。

Widgetsmith 4.時計のタイムゾーンを選択します。の画像

5.時計の文字盤のフォントを選択します。

Widgetsmith 5.時計の文字盤のフォントを選択します。の画像

6.時計の針のスタイルを選択します。

Widgetsmith 6.時計の針のスタイルを選択します。の画像

7.ウィジェットの内容を確認したら、右上の「Save」をタップします。

Widgetsmith 7.ウィジェットの内容を確認したら、右上の「Save」をタップします。の画像

これでWidgetsmith上での設定は完了です。

Widgetsmith これでWidgetsmith上での設定は完了です。の画像

設定したウィジェットを表示させる方法

①ホーム画面上のアプリの無い領域を長押しタップします。

Widgetsmith ①ホーム画面上のアプリの無い領域を長押しタップします。の画像

②左上の「+」ボタンをタップします。

Widgetsmith ②左上の「+」ボタンをタップします。の画像

③「Widgetsmith」をタップします。

Widgetsmith ③「Widgetsmith」をタップします。の画像

④先程作成したウィジェットサイズを選択します。

Widgetsmith ④先程作成したウィジェットサイズを選択します。の画像

⑤ここでは、Mediumサイズを選択して、下部の「ウィジェットを追加」ボタンをタップします。

Widgetsmith ⑤ここでは、Mediumサイズを選択して、下部の「ウィジェットを追加」ボタンをタップします。の画像

⑥最後に右上の「完了」ボタンをタップします。

Widgetsmith ⑥最後に右上の「完了」ボタンをタップします。の画像

⑦これでWidgetsmithのウィジェットが追加できました。

Widgetsmith ⑦これでWidgetsmithのウィジェットが追加できました。の画像

⑧追加したウィジェットを長押しタップします。

Widgetsmith ⑧追加したウィジェットを長押しタップします。の画像

⑨ウィジェットを編集をタップします。

Widgetsmith ⑨ウィジェットを編集をタップします。の画像

⑩反映させたいウィジェットを設定します。

Widgetsmith ⑩反映させたいウィジェットを設定します。の画像

⑪先ほど作成したウィジェットを選択します。

Widgetsmith ⑪先ほど作成したウィジェットを選択します。の画像

⑫空白部分をタップします。

Widgetsmith ⑫空白部分をタップします。の画像

⑬これで先ほど作成したウィジェットが反映されました。

Widgetsmith ⑬これで先ほど作成したウィジェットが反映されました。の画像

本ページの情報は記事掲載日または最終更新日時点のものです。最新の情報は各サービス公式サイトにてご確認ください。

Profile

サイト運営者情報

「アプリポ」は「株式会社七変化」が運営を行っています。

「株式会社七変化」はスマホやPCを上手に活用した生活や仕事を行うのに役立つ様々なTipsや知識を提供するWebサイト「アプリポ」の運営やWebデザイン事業などIT分野の事業を行っています。

Author

この記事の著者

Keisuke Nagashima(7henge, inc.)

東京都内の大学を卒業後、東京・渋谷の複数のIT系企業で働いた後に、2015年7月にフリーランスのWebデザイナーとして独立し、2021年8月に法人化し「株式会社七変化」を設立。企業のホームページ等を制作するWebデザイナーとして活動しつつ、スマホやPCを上手に活用した生活や仕事を行うのに役立つ様々なTipsや知識を提供するWebサイト「アプリポ」を始め、複数のWebサイトを運営しています。