iPhone・iOS14の時計ウィジェットがずれる問題が発生中!

iOS14では待望のウィジェットに対応!

iPhoneの最新OS「iOS14」は2020年9月にリリースされました。

iOS14の待望の新機能として、ホーム画面上にアプリアイコン以外の様々な情報を追加することができる「ウィジェット」機能が存在しています。

iPhoneのホーム画面で時計を大きく表示させる方法

iOS14より、ホーム画面へのウィジェットの追加機能が実装され、天気予報をリアルタイムで表示させたり、時計やリマインダーやカレンダーなどを大きくホーム画面に表示させることができます。

やり方は以下の通りです。

  • ホーム画面のアプリの無い領域を長押し
  • アプリがブルブル震えだすので、左上の「+」ボタンをタップ
  • 追加するウィジェットで「時計」を選んで、大きさを選択しホーム画面に配置
  • 最後に右上の「完了」ボタンを押して完了!

iOS14の標準時計ウィジェットの時刻がずれる

iPhoneに2020年9月のiOS14アップデートで追加された新機能「ウィジェット」は、ホーム画面上にアプリ以外に様々な機能を持ったウィジェットと呼ばれるアイテムを追加できる待望の新機能です。

その中でも、便利なウィジェットとして注目を集めていた標準の「時計ウィジェット」はアナログ時計をアプリ4個分のタイル上に表示するウィジェットです。

いつでも時刻を見やすく確認でき便利ですが、標準の時計ウィジェットを設置してから、数時間から1日程度で、実際の時刻と比べて大幅にずれてしまう問題が発生しているようです。

【検証】時計ウィジェットは設置から1日以内で数時間ずれてしまう

検証のため当サイトで時計ウィジェットを設置してから数時間後には、以下のように、実際の時刻は5時07分なのに、3時08分のようなビジュアルとなってしまいました。

正直、短期間でこんなにずれるとは思いませんでしたが、実用に耐えられる水準ではありません。

一度大幅にずれた後に、再び正確な時刻を表示するようになったりと、動作が不安定な状態のようです。

当サイトが検証したところ、iPhoneを再起動すると時刻ずれが直るようです。

時計ウィジェットの時刻がずれる問題の解決策は?

標準の時計ウィジェットの時刻がずれる問題は、iOS14のバグ(不具合)によるもののため、現時点では対処法はありません。

今後iOS14のマイナーアップデート版が提供されることが予想され、マイナーアップデートをこまめに行うことで不具合が解決される可能性が高いです。

こちらも読まれています

Follow

フォローして情報を受け取る