iPhoneのウィジェットでLINE(ライン)を配置する方法!できない場合は?【iOS14】

iOS14のiPhoneならウィジェットを配置できる!

2020年9月にリリースされたiOS14により、iPhoneのホーム画面上に自由にウィジェットを配置することができるようになりました。

これにより、ホーム画面に写真を配置してかわいいデザインのホーム画面になるようカスタマイズしたりする人が増えています。

また、天気予報や雨雲レーダーなど実用的なウィジェットも存在しており、ホーム画面上に様々な情報を配置できるようになりました。

iPhoneにLINE(ライン)のウィジェットを配置することはできる?

LINEのウィジェットを配置して、新着メッセージなどの情報を表示できれば便利だと思います。

2020年12月現在、LINEアプリがアップデートによりiOS14のウィジェット機能に対応しました

LINEをウィジェットとして配置すると、「ピン留めしているトークの中から新着メッセージがあるトーク」がウィジェット上に表示されるようになります。

LINEをウィジェットとして表示させる方法

  • ホーム画面内のアプリの無い部分を長押し
  • 左上の「+」ボタンをタップ
  • 「ウィジェットを検索」に「LINE」と入力
  • LINEウィジェットのサイズを選んで、「ウィジェットを追加」ボタンをタップ
  • 右上の「完了」ボタンをタップして設置完了

LINEでホーム画面ウィジェット機能ができない場合の対処法

LINEでホーム画面のウィジェット機能ができない場合、

  • LINEアプリが最新版になっていない
  • iOSが最新版になっていない

といった原因が考えられます。

まずiOSとLINEアプリがそれぞれ最新版かどうかを確かめます。

iOSは以下の手順で確かめられます。

  1. iPhoneの設定アプリを開く
  2. 「一般」をタップ
  3. 「ソフトウェア・アップデート」をタップ
  4. 「お使いのソフトウェアは最新です」と表示されれば最新版です。最新版でない場合は、アップデートしましょう。

LINEアプリは以下の手順で確かめられます。

  1. Appstoreを開いて、「LINE」と検索
  2. 「LINE」のページを開いて、「アップデート」のボタンが無く、「開く」ボタンがあればLINEアプリは最新版です。

以下のように青い「開く」ボタンが表示されれば最新版です。

こちらも読まれています

Follow

フォローして情報を受け取る