iPhoneのウィジェットでLINE(ライン)を配置する方法!できない場合は?【iOS16】のサムネイル画像

iPhoneのウィジェットでLINE(ライン)を配置する方法!できない場合は?【iOS16】

#iPhoneのウィジェット機能

iOS16のiPhoneならウィジェットを配置できる!

【2022年9月更新!】

2020年9月にリリースされたiOS14により、iPhoneのホーム画面上に自由にウィジェットを配置することができるようになりました。

これにより、ホーム画面に写真を配置してかわいいデザインのホーム画面になるようカスタマイズしたりする人が増えています。

2022年9月にリリースされた最新OSの「iOS16」でも、ウィジェット機能は引き続き利用可能で、天気予報をリアルタイムで表示させたり、リマインダーやカレンダーなどを大きくホーム画面に表示させることができます。

iPhoneにLINE(ライン)のウィジェットを配置することはできる?

LINEのウィジェットを配置して、新着メッセージなどの情報を表示できれば便利だと思います。

2020年12月のアップデートにより、LINEアプリがiPhoneのウィジェット機能に対応しました

LINEのウィジェットをホーム画面に設置しておけば、ピン留めしているトークルームまたは個別に設定したトークルームをワンタップで表示できるようになります。

また、最新のニュース(LINE NEWS)を表示させることも可能です。

LINEをウィジェットとして表示させる方法

  • ホーム画面内のアプリの無い部分を長押し
  • 左上の「+」ボタンをタップ
  • 「ウィジェットを検索」に「LINE」と入力
  • LINEウィジェットのサイズを選んで、「ウィジェットを追加」ボタンをタップ
  • 右上の「完了」ボタンをタップして設置完了

LINEでホーム画面ウィジェット機能ができない場合の対処法

LINEでホーム画面のウィジェット機能ができない場合、

  • LINEアプリが最新版になっていない
  • iOSが最新版になっていない

といった原因が考えられます。

まずiOSとLINEアプリがそれぞれ最新版かどうかを確かめます。

iOSは以下の手順で確かめられます。

  1. iPhoneの設定アプリを開く
  2. 「一般」をタップ
  3. 「ソフトウェア・アップデート」をタップ
  4. 「お使いのソフトウェアは最新です」と表示されれば最新版です。最新版でない場合は、アップデートしましょう。

LINEアプリは以下の手順で確かめられます。

  1. Appstoreを開いて、「LINE」と検索
  2. 「LINE」のページを開いて、「アップデート」のボタンが無く、「開く」ボタンがあればLINEアプリは最新版です。

以下のように青い「開く」ボタンが表示されれば最新版です。

LINE 以下のように青い「開く」ボタンが表示されれば最新版です。の画像

本ページの情報は記事掲載日または最終更新日時点のものです。最新の情報は各サービス公式サイトにてご確認ください。

Profile

サイト運営者情報

「アプリポ」は「株式会社七変化」が運営を行っています。

「株式会社七変化」はスマホやPCを上手に活用した生活や仕事を行うのに役立つ様々なTipsや知識を提供するWebサイト「アプリポ」の運営やWebデザイン事業などIT分野の事業を行っています。

Author

この記事の著者

Keisuke Nagashima(7henge, inc.)

東京都内の大学を卒業後、東京・渋谷の複数のIT系企業で働いた後に、2015年7月にフリーランスのWebデザイナーとして独立し、2021年8月に法人化し「株式会社七変化」を設立。企業のホームページ等を制作するWebデザイナーとして活動しつつ、スマホやPCを上手に活用した生活や仕事を行うのに役立つ様々なTipsや知識を提供するWebサイト「アプリポ」を始め、複数のWebサイトを運営しています。