iOS14のウィジェットの追加設定のやり方は?iPhoneの新機能!

iOS14では待望のウィジェットに対応!

2020年9月にリリースされたiPhoneの最新OS「iOS14」の新機能の中でも注目は、ホーム画面上にアプリアイコン以外の様々な情報を追加できる「ウィジェット」機能です。

天気予報をリアルタイムで表示させたり、リマインダーやカレンダーなどを大きくホーム画面に表示させることが可能です。

2020年9月現在標準アプリを中心に様々なアプリが対応しており、今後サードパーティアプリにも対応が広まっていくものと思われます。

iOS14のウィジェットの追加設定のやり方は?

iOS14でウィジェットを使用するための追加設定のやり方は以下の通りです。

①ホーム画面を開き、画面下部などアプリが無い領域を長押しします。

②アプリが震えだし、左上にプラスボタンが表示されるので、「プラスボタン」をタップします。

③「ウィジェットを検索」画面が表示されます。追加したいお好みのウィジェットを探します。

④今回は標準の「天気」アプリを追加します。

⑤ページ下部の「ウィジェットを追加」ボタンをタップします。

⑥左上に4マス分の大きさの天気ウィジェットの追加の準備がされていることがわかります。右上の「完了」ボタンをタップします。

⑦完了ボタンを押したら「天気ウィジェット」が動き出しました。ホーム画面上でリアルタイムで情報を表示します。

ウィジェットを長押しすると、ホーム画面を編集ボタンメニューが表示されるので、ウィジェットをドラッグでお好みの場所に動かすことが可能です。

iPhone・iOS14のウィジェット機能はまだ標準アプリの対応が中心

iOS14はまだリリースされたばかりのため、ウィジェット機能が利用できるアプリはiOSの標準アプリが中心となっています。

それでも、天気予報やカレンダー、リマインダーなどの情報をリアルタイムで表示でき、便利な機能という感じがしました。

一部のサードパーティアプリはウィジェット機能に対応してきています。

今後サードパーティアプリに対応が広がれば、ウィジェット機能がより便利になりそうですね。

こちらも読まれています

Follow

フォローして情報を受け取る