iPhone12は充電ケーブルは今までの従来のものは使える?

iPhone12は充電ケーブルはUSB-C – Lightning式が付属!

iPhone12が2020年10月に発売されました。

Appleの環境対策、コスト削減の取り組みとして、iPhone12シリーズ(iPhone12/iPhone12 Pro/iPhone12 Pro Max/iPhone12 mini)は、充電器(ACアダプター)がついてない様になり、別売りとなりました。

付属の充電機器としては、Lightning – USB-C端子のUSBケーブルのみとなり、大きな端子のUSB-A対応の充電器しか持っていない人にとっては、手持ちの充電器とiPhone12付属のケーブルが合致しない仕様となっています。

iPhone12系は今までの&従来の充電ケーブルは使える?

iPhone12シリーズには充電器が同梱されておらず、USB-C – Lightningケーブルのみが同梱されています。

USB-C – Lightningケーブルを使って充電するには、USB-C端子が付いた充電器やパソコン、モバイルバッテリー等を用意するか、

USB-A端子の付いた充電器やパソコン、モバイルバッテリー等を面倒ですが、USB-C端子に変換するアダプタを用意して、それを経由し充電する方法があります。

iPhone12シリーズでは、今までのiPhone11シリーズ以前に付属していた充電器とLightningケーブルの組み合わせも使用することができます。

iPhone12を高速充電するためには、20W以上の充電器が必要

しかし、従来の充電器はワット数不足のため、iPhone12を高速で充電するのには適していないことが多いです。

iPhone12を高速で充電するためには、Apple純正の20W USB-C電源アダプタや、AUKEY Omnia Mini 20Wなど、20W以上の出力の充電器が必要となっており、付属のUSB-C – Lightningケーブルを活用する別売りの充電器の購入がおすすめです。

iPhone12を高速充電できる充電器の仕様としては、

  • USB-C端子を持った充電器
  • PD(Power Delivery)対応(最新の高速充電技術)
  • 20W以上の高出力の充電器

といった条件が必要になってきます。

上記の仕様を満たした充電器としては、Apple製と他社(サードパーティ)製のものがありますが、Apple公式のサポートページを確認したところ、他社製でもスペックを満たしていれば問題なく高速充電されます。

USB Power Delivery (USB-PD) に対応する、互換性のある他社製の USB-C 電源アダプタ

引用元:Apple公式サイト

Apple製であっても、他社製であっても、iPhone12を高速充電するためには最低限20W以上の高出力の充電器が必要となります。

iPhone12用に最新型の急速充電器を購入するのもおすすめ

iPhone12を高速充電できるApple製の20W充電器

Apple製の20W USB-C電源アダプタは、Apple製なので安心感があり、他社製の20W以上の充電器と同じくiPhone12を高速で充電することが可能です。

Appleの20W充電器ACアダプタをAmazonで見る

iPhone12を高速充電できるAUKEYの20W充電器

「AUKEY Omnia Mini 20W」は、iPhone12発売に合わせて有名充電器アダプタメーカーのAUKEY(オーキー)が発売した、新発売の充電器です。

iPhone12を高速充電するのに最適な、お手頃価格かつ、高品質な充電アダプターと言えます。

AUKEY Omnia Mini 20WをAmazonで見る

AUKEYの20W充電器を楽天で見る

ANKERの20W小型急速充電器

スマホ充電器やモバイルバッテリー等の周辺機器メーカーとして有名なANKERも、20W対応の小型急速充電器(ACアダプタ)を発売しています。

「ANKER PowerPort Ⅲ Nano 20W」は、最大20W出力で、iPhone12シリーズを急速に給電することが可能です。

一般的な5W充電器と比べると、約3倍早く充電が可能となっています。

ANKERの20W充電器をAmazonで見る

こちらも読まれています

Follow

フォローして情報を受け取る