iPhone12でモバイルバッテリーが使えない&充電できない場合の対処法は?純正ケーブルは?のサムネイル画像

iPhone12でモバイルバッテリーが使えない&充電できない場合の対処法は?純正ケーブルは?

#iPhone充電器

広告当ページには事業者からのアフィリエイト成果報酬型の広告が含まれています。

iPhone12でモバイルバッテリーが使えない・充電できない!

iPhone12を購入して、手持ちのモバイルバッテリーから充電しようとしたけれど、充電が始まらない、充電が途中で止まってしまう…他にもLightningケーブルの端子の形が違って充電がそもそもできない…

など、モバイルバッテリーからiPhone12に電気を供給できない場合があります。

当記事では、iPhone12で今まで使っていたモバイルバッテリーが使えない・充電できない場合の原因と対処方法を解説します。

モバイルバッテリーからiPhone12に充電できない主な原因

手持ちのモバイルバッテリーからiPhone12シリーズに充電ができない場合の原因は以下の通りです。

  • モバイルバッテリーの電池が古くなり、低出力すぎてiPhone12に電気が供給されない
  • モバイルバッテリーが十分に充電されていない
  • 手持ちのLightningケーブルが断線してしまい、iPhone12に電気が供給されない
  • モバイルバッテリーのUSBポートがtype Aのため、iPhone12に付属するLightiningケーブルのUSB端子であるtype Cと形が合わない

モバイルバッテリーの電池が古くなっている場合

モバイルバッテリーに内蔵のリチウムイオン電池は、充電と放電を繰り返すことで、次第に出力が低下していきます。

以前良く使っていたが、久しぶりに引っ張り出したモバイルバッテリーの場合、内蔵のリチウムイオン電池がiPhone12シリーズに必要な電気の供給量に対応しておらず、

充電されなかったり、満充電になる途中で充電が止まってしまう…といった現象が発生します。

モバイルバッテリー以外でiPhone12シリーズが順調に充電される場合は、モバイルバッテリーの電池が古くなっている可能性を疑ってみましょう。

モバイルバッテリーが十分に充電されていない場合

モバイルバッテリーが十分に充電されていない場合、iPhone12シリーズに電気が十分に供給されず、充電がされなかったり、満充電になる途中で充電が停止する場合があります。

その場合は、モバイルバッテリーが満充電になるまで、しっかりと充電する必要があります。

手持ちのLightningケーブルが断線している場合

モバイルバッテリーに付属しているLightningケーブルや、手持ちのLightningケーブルが断線している場合、iPhone12シリーズを充電することができません。

他のLightningケーブルに取り替えて、iPhone12シリーズが充電できるかどうかを試してみる必要があります。

iPhone12の付属純正ケーブルがモバイルバッテリーで使えない場合

古いモバイルバッテリーのUSBポートは、大きな口であるtype Aであることが多いです。

USB type Aは、上下逆さまにして差し込むとうまく差し込むことができないタイプの大きな口のUSBポートです。

その場合、iPhone12シリーズに付属していたLightningケーブルのUSB端子である小さな口のtype Cに対応しておらず、充電するためにはUSB type CからUSB type A端子に変換するアダプタを用意する必要があります。

Rampow USB Type C (メス) to USB 3.0 (オス) 変換アダプタは、USB type-Cケーブルの端子を、USB type-A端子に変換する変換アダプタで、このアダプタを使用することで、iPhone12に付属するUSB type-C端子のLightningケーブルとUSB type-A端子を持つモバイルバッテリーを接続することができるようになります。

iPhone12シリーズに対応する最新型のモバイルバッテリーを紹介!

iPhone12シリーズに対応する最新型のモバイルバッテリーが有名アクセサリメーカーから、続々と登場しています。

コストパフォーマンスに優れ、iPhone12を高速で充電できるUSB type C端子を持ったモバイルバッテリーをご紹介します。

Anker PoerCore Fusion 10000は自宅でも外でもシームレスに使える

Anker PowerCore Fusion 10000は、iPhone12シリーズを数回程度充電可能な、約10000mAhの大容量のモバイルバッテリーでありつつ、コンセントに差し込んでiPhone12シリーズを充電することができる、便利な製品です。

自宅用の充電器として使いつつ、必要なときはコンセントから外してモバイルバッテリーとしてそのまま使えるようになる、日によって使い方を変える便利な使い方ができそうです。

iPhone12の充電に必要な、最大20Wの出力に対応しており、iPhone12を自宅のACアダプタ型充電器のように高速で充電することが可能です。

Anker PoerCore Slim 10000 PD 20Wは大容量でスリムなモバイルバッテリー

Anker PowerCore Slim 10000 PD 20Wは、Ankerが発売する容量10000mAhの大容量モバイルバッテリーです。

10000mAhの容量があれば、iPhone12シリーズを数回程度充電することができます。

iPhone12シリーズ付属のLightningケーブルに対応したUSB type-C端子を備え、Apple純正の充電器と同等の20Wの高出力により、iPhone12シリーズを高速で充電することが可能です。

Poweradd モバイルバッテリー EnergyCell Ⅱはコンパクトで大容量なモバイルバッテリー

Poweradd モバイルバッテリー EnergyCell IIは、Poweraddが発売する容量10000mAhの大容量モバイルバッテリーです。

20WのPD高速充電に対応し、iPhone12の純正充電器と同様の20W出力でiPhone12を高速充電することが可能です。

出力ポートはiPhone12付属Lightningケーブルに対応したUSB type-Cと、古い端末に多い大型端子のUSB type-Aの2つが付いており、用途に合わせて使い分けることが可能です。

本ページの情報は記事掲載日または最終更新日時点のものです。最新の情報は各サービス公式サイトにてご確認ください。

ネット回線速度を今すぐ計測

回線ちぇっくは今までに2110件以上のデータが投稿されているネット回線速度の測定&投稿サイトです。
光回線・Wi-FIの場合はこちら

1.スマホのWi-Fi設定をオフにする
2*(必須項目)を選択する
3.「スタート」ボタンを押すと測定開始され、数十秒後に結果が表示されます。
※投稿される情報は都道府県と利用モバイル通信サービス名、スピードテスト結果のみに限られ、プライバシーの面でも安全です。IPアドレスや位置情報などのプライバシー情報は一切記録されません。

  • 計測結果データ

    スピードテスト結果が自動入力されます。ページ下部の利用規約とプライバシーポリシーに同意チェックをいただき、「結果を投稿」ボタンを押してください。
  •  
  •  
Ping(応答速度)
ms
Jitter(安定性)
ms
Download速度
Mbps
Upload速度
Mbps

投稿された測定結果は、統計情報(数値や割合)はスマホ回線業界や消費者動向を明らかにする目的で、Webコンテンツ制作や公開に活用される場合があります。
スピードテストを行うWebサーバーはXserver(大阪府)を使用。スピード計測技術はLibreSpeedを利用。

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPCを上手に活用した生活や仕事の実現に役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)

Profile

サイト運営者情報

「アプリポ」は「株式会社七変化」が運営を行っています。

「株式会社七変化」はスマホやPCを上手に活用した生活や仕事を行うのに役立つ様々なTipsや知識を提供するWebサイト「アプリポ」の運営、ネット回線速度のユーザー投稿サイト「回線ちぇっく」の運営やWeb制作事業などIT分野の事業を行っています。