iPhone 14やiPhone 14 Proは5G&ミリ波に対応?5Gにならない場合の原因は?のサムネイル画像

iPhone 14やiPhone 14 Proは5G&ミリ波に対応?5Gにならない場合の原因は?

#iPhone機種

広告当ページ内のリンクには広告が含まれています。

楽天モバイルはiPhone 15の販売価格が4キャリアで最安!【PR】

  • 楽天モバイルの最強プランはギガ(データ容量)をどれだけ使っても最大3,278円(税込)。人口カバー率は99.9%!
  • 毎月のデータ利用量が1GBなら1,078円(税込)でさらに安くなる
  • Rakuten Linkからの電話発信なら何度&何分間長電話しても通話料が無料!

楽天モバイル公式サイトを見る

今お使いの回線速度を1クリックで計測!

iPhone 14やiPhone 14 Proは5Gやミリ波で通信できる?

【2023年3月更新】

2022年9月に発売されたiPhone 14/iPhone 14 Proシリーズは、いずれのモデルも5G/4G(LTE)の両方の通信規格に対応しています。

iPhone 14 Proの写真

大都市圏や市街地を中心に近年通信可能なエリアが広がりつつある5Gですが、Sub6より高速な通信が可能なミリ波が混雑エリアや人口集中地域で高速で大容量なデータ通信に有利な技術として注目されています。

当記事では以下について解説します。

  • iPhone 14/iPhone 14 Proは全機種5Gに対応しSub6の周波数帯が利用できる
  • iPhone 14/iPhone 14 Proは5Gのミリ波に対応していない
  • iPhoneで5Gにならない場合の原因を解説

最新のiPhone 15が9/15より予約受付開始!

楽天モバイル【4キャリア最安!支払総額70,390円〜】

ドコモ【支払総額75,570円〜】

au【支払総額71,760円〜】

ソフトバンク【支払総額74,640円〜】

※携帯4社のiPhone 15 128GBモデルで残価設定ありの購入方法で一定期間経過後に返却した場合の実質負担額の最安料金を掲載。

日本国内版のiPhone 14は5GはSub6のみでミリ波には非対応

結論から言うと、日本国内で販売されるiPhone 14/iPhone 14 Proの全機種は、

  • 5Gでより高速な通信が可能なミリ波には非対応
  • 5Gでエリアが広がりつつあるSub6の周波数帯に対応(携帯会社4社すべて)

となっています。

iPhone 14 Proとnano-SIMカードの写真

ミリ波には残念ながら非対応ですが、Sub6の5Gには対応しており、4G(LTE)と比べて高速で大容量な通信が可能です。

  • 5Gの未対応エリアに入った場合は、自動的に4G(LTE)での接続に切り替わります

最新のiPhone 15が9/15より予約受付開始!

楽天モバイル【4キャリア最安!支払総額70,390円〜】

ドコモ【支払総額75,570円〜】

au【支払総額71,760円〜】

ソフトバンク【支払総額74,640円〜】

※携帯4社のiPhone 15 128GBモデルで残価設定ありの購入方法で一定期間経過後に返却した場合の実質負担額の最安料金を掲載。

5Gのミリ波に対応するiPhone 14は米国とプエルトリコでのみ販売

5Gは世界共通の次世代型モバイル通信規格として各国で展開していますが、国や地域によって人口の集中度合いや都市の構造、文化が異なることから、普及の進み方は異なります。

iPhone 14/iPhone 14 ProシリーズでSub6に加えてミリ波のバンドに対応するモデルは、米国(アメリカ合衆国)とプエルトリコの2か国のみで販売される予定です。

<iPhone Mania>iPhone14シリーズ、5Gミリ波対応モデル販売は米国・プエルトリコのみ

ミリ波の普及はSub6と比べてペースが遅い状態が続いている

日本国内においては、5Gのミリ波が導入されたエリアが限定的なため、ほとんどの利用者・時間帯・場所においてミリ波で通信することができません。

日本国内でも5G対応エリアが急速に広がって来ていますが、面的に5Gのエリアが展開されている部分の多くはSub6と呼ばれる周波数帯を使った5Gとなっており、ミリ波のエリアはターミナル駅や地下鉄駅など大都市圏都心部のモバイル通信重要が高く混雑するエリアに限定されています。

  • 東京都心エリアにおいても、ミリ波のエリアはまだスポット的に点在している状況です

最新のiPhone 15が9/15より予約受付開始!

楽天モバイル【4キャリア最安!支払総額70,390円〜】

ドコモ【支払総額75,570円〜】

au【支払総額71,760円〜】

ソフトバンク【支払総額74,640円〜】

※携帯4社のiPhone 15 128GBモデルで残価設定ありの購入方法で一定期間経過後に返却した場合の実質負担額の最安料金を掲載。

iPhone 14/iPhone 14 Proで5Gにならない場合の原因や理由は?

iPhone 14やiPhone 14 Proを利用していてモバイルデータ通信が4G(LTE)のままで、5Gの表示にならない場合の原因は以下のような理由が考えられます。

  • 5G非対応エリアに居住や一時滞在している
  • Wi-Fiに接続中
  • 利用している携帯キャリアや格安SIMサービスのプランが5Gが利用可能な契約になっていない
  • iPhoneの音声通話とデータの設定がLTEになっていて、5Gがオフになっている

5G非対応エリアに居住や一時滞在している

iPhone 14各機種が対応する5GはSub6と呼ばれる周波数帯ですが、Sub6の5Gに対応しているエリアは日本国内ではまだ大都市圏や人口集中地域に偏っており、面的に広がっているわけではありません。

また、各携帯キャリアごとに5G対応エリアの整備状況は異なり、詳しくは各携帯キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイル)の5Gエリアを確認する必要があります。

5G非対応エリアでは自動的に4G(LTE)の基地局に接続されるため、iPhoneのステータスバー上の表示は5Gにはなりません。

Wi-Fiに接続中

自宅や職場や学校のWi-FIや公衆Wi-Fiに接続中の場合も、iPhoneのステータスバー上の表示では5Gと表示されません。

また、Wi-Fi接続中は5Gエリア内にいても、Wi-Fiの電波で優先的にデータ通信を行います。

利用している携帯キャリアや格安SIMサービスのプランが5Gが利用可能な契約になっていない

現在利用中のキャリアや格安SIMのプランの契約内容が4G(LTE)限定のものになっている場合は、iPhone 14/iPhone 14 Proがハードウェア上5Gに対応しているものの、5Gでの接続はできません。

利用中の携帯電話会社が5G対応のプランを提供している場合は5G対応プランに切り替えることで、5G対応エリア内であれば5G接続が可能になります。

iPhoneの音声通話とデータの設定がLTEになっていて、5Gがオフになっている

iPhone内の設定で、5Gがオフになっている場合は、携帯キャリアのプランが5G対応かつ、5Gエリア内にいる場合でも5Gでの接続にはなりません。

iPhoneの5G通信設定がオフになっているかどうかは、「設定アプリを開く」→「モバイル通信」→「通信のオプション」で表示される設定で確認できます。

    <Apple公式サイト>iPhone で 5G を使う

    LTEにチェックが入っている場合は5Gでの接続はされません。

    5Gオートにチェックが入っている場合は、5Gと4Gを通信状況に合わせて適切にiPhoneが切り替える動作となります。

    5Gオンにチェックが入っている場合は、5Gエリア内にいる場合は極力5Gに接続します。

    最新のiPhone 15が9/15より予約受付開始!

    楽天モバイル【4キャリア最安!支払総額70,390円〜】

    ドコモ【支払総額75,570円〜】

    au【支払総額71,760円〜】

    ソフトバンク【支払総額74,640円〜】

    ※携帯4社のiPhone 15 128GBモデルで残価設定ありの購入方法で一定期間経過後に返却した場合の実質負担額の最安料金を掲載。

    iPhone 14で利用可能なバンド(周波数帯)は?

    iPhone 14各機種が対応している通信バンド(周波数帯)は日本国内で販売されるものとしては全機種で共通となっています。

    対応バンド:5G NR

    バンドn1、n2、n3、n5、n7、n8、n12、n14、n20、n25、n26、n28、n29、n30、n38、n40、n41、n48、n53、n66、n70、n71、n77、n78、n79

    対応バンド:FDD‑LTE(4G)

    バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、14、17、18、19、20、21、25、26、28、29、30、32、66、71

    TD‑LTE(4G)

    バンド34、38、39、40、41、42、46、48、53

    UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(3G)

    850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz

    GSM/EDGE(3G)

    850、900、1,800、1,900MHz

    最新のiPhone 15が9/15より予約受付開始!

    楽天モバイル【4キャリア最安!支払総額70,390円〜】

    ドコモ【支払総額75,570円〜】

    au【支払総額71,760円〜】

    ソフトバンク【支払総額74,640円〜】

    ※携帯4社のiPhone 15 128GBモデルで残価設定ありの購入方法で一定期間経過後に返却した場合の実質負担額の最安料金を掲載。

    iPhone 14は日本国内携帯大手4社のバンドで通信が可能

    iPhone 14/iPhone 14 Proシリーズ全機種は、国内で販売された端末であれば、アップルストアや家電量販店、携帯大手キャリアショップ等、どの窓口で購入したとしても以下の携帯大手4社の4G/5Gバンドに適合し、快適な通信を行うことができます。

    • ドコモ(ahamo、ドコモ回線を使用した格安SIMを含む)
    • au(povo、UQモバイル、au回線を使用した格安SIMを含む)
    • ソフトバンク(LINEMO、ワイモバイル、ソフトバンク回線を使用した格安SIMを含む)
    • 楽天モバイル

    携帯電話会社の回線をiPhone 14の購入後に乗り換える際に、通信バンドの対応状況で困ることはありません。

    ドコモ回線の使用バンド(周波数帯)

    ドコモの4G(LTE)回線の対応バンドは以下となります。

    • Band 1
    • Band 3
    • Band 19 ※プラチナバンド
    • Band 21
    • Band 28
    • Band 42

    上記バンドのうち、ドコモ回線の4G(LTE)回線で特に広く使われているバンド(周波数帯)はBand 1、Band 3、Band 19であり、上記バンドにiPhone 14は対応しています。

    田園や山林の広がる地方での利用を主に考えている場合は、特にプラチナバンドであるBand 19に対応していることは重要です。

    ドコモの5G回線の対応バンドは以下となります。

    • n78(Sub6)
    • n79(Sub6)
    • n257(ミリ波)

    ドコモの5G回線ではSub6の面的な整備が進行しており、ミリ波は限定的なエリアでの整備にとどまっています。

    そのため、現時点ではSub6のn78とn79への対応が広域エリアで5Gで通信を行う際の重要なポイントとなります。

    ドコモ回線の5GのSub6のバンドはn78とn79ですが、どちらのバンドにもiPhone 14は対応しています。

    他社からドコモに乗り換えでiPhone 14が22000円割引!
    ドコモオンラインショップを見る

    au回線の使用バンド(周波数帯)

    auの4G(LTE)回線の対応バンドは以下となります。

    • Band 1
    • Band 18 ※プラチナバンド
    • Band 26 ※プラチナバンド
    • Band 3
    • Band 11
    • Band 28
    • Band 42

    Band 26はBand 18を内包しています。そのためBand 26に対応しているスマホ端末は、もれなくBand 18に対応しています。

    上記バンドのうち、au回線の4G(LTE)回線で特に広く使われているバンド(周波数帯)はBand 1とBand 18、Band 26ですが、iPhone 14はそれぞれのバンドに対応しています。

    auの5G回線の対応バンドは以下となります。

    • n77(Sub6)
    • n78(Sub6)
    • n257(ミリ波)

    auの5G回線ではSub6の面的な整備が進行しており、ミリ波は限定的なエリアでの整備にとどまっています。

    そのため、現時点ではSub6のn77とn78への対応が広域エリアで5Gで通信を行う際の重要ですが、どちらのバンドにもiPhone 14は対応しています。

    他社から乗り換えでiPhone 14など最新機種が最大22000円割引!
    auオンラインショップを見る

    ソフトバンク回線の使用バンド(周波数帯)

    ソフトバンクの4G(LTE)回線の対応バンドは以下となります。

    • Band 1
    • Band 3
    • Band 8
    • Band 11
    • Band 28
    • Band 42

    上記バンドのうち、ソフトバンク回線の4G(LTE)回線で特に広く使われているバンド(周波数帯)はBand 1、Band 3、Band 8であり、この3つのバンドに対応していること重要ですが、iPhone 14はいずれのバンドにも対応してます。

    ソフトバンクの5G回線の対応バンドは以下となります。

    • n77(Sub6)
    • n257(ミリ波)

    ソフトバンクの5G回線ではSub6の面的な整備が進行しており、ミリ波は限定的なエリアでの整備にとどまっています。

    そのため、現時点ではSub6のn77への対応が広域エリアで5Gで通信を行う際の重要なポイントとなります。

    ソフトバンク回線の5GのSub6のバンドはn77ですが、iPhone 14はこのバンドに対応しています

    ソフトバンクに他社から乗り換えでiPhone 14など最新機種が最大21600円割引!
    SoftBankオンラインショップを見る

    楽天モバイル回線の使用バンド(周波数帯)

    楽天モバイルが持っている4Gのバンドは、

    • 3(楽天モバイル独自回線)
    • 18と26(auのローミング回線)となります。

    上記バンドのうち、楽天モバイル回線の4G(LTE)回線で広く使われているバンド(周波数帯)はBand 3とBand 18、Band 26ですが、iPhone 14はそれぞれのバンドに対応しています。

    楽天モバイルの5Gの周波数帯は以下があります。

    • n77(Sub6)
    • n257(ミリ波)

    楽天モバイル回線の5GのSub6のバンドはn77ですが、このバンドにiPhone 14は対応しています。

    最強プランはデータ使い放題で3,278円!専用アプリで通話料無料
    楽天モバイル公式サイト

    iPhone 14/iPhone 14 Proの特長とスペックは?

    2022年9月にAppleはiPhone14/iPhone 14 Proシリーズを発表・発売しました。

    iPhone 14/iPhone 14 Plusのスペックは?

    iPhoneの最新スタンダードモデルであるiPhone 14シリーズとしては、iPhone 14と大型画面を採用したiPhone 14 Plusが発売されます。

    • カラー:ミッドナイト、パープル、スターライト、(PRODUCT)RED、ブルー、新色イエローの6色展開
    • 容量:128GB、256GB、512GBから選択
    • サイズ:iPhone 14は幅71.5mm高さ146.7mm厚み7.8mm、iPhone 14 Plusは幅78.1mm高さ160.8mm厚み7.8mm
    • 重さ:iPhone 14は172g、iPhone 14 Plusは203g
    • ディスプレイ:iPhone 14は6.1インチで2,532px × 1,170px、iPhone 14 Plusは6.7インチで2,778px x 1,284px
    • チップ:A15 Bionicチップ / 2つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した6コアCPU / 5コアGPU / 16コアNeural Engine
    • Face ID:搭載
    • Touch ID・ホームボタン:非搭載

    iPhone 14 Pro/iPhone 14 Pro Maxのスペックは?

    より高スペックなiPhone 14 ProやiPhone 14 Pro Maxの主なスペックは以下の通りです。

    • カラー:スペースブラック、シルバー、ゴールド、ディープ・パープルの4色展開
    • 容量:128GB、256GB、512GB、1TBから選択
    • サイズ:iPhone 14 Proは幅71.5mm高さ147.5mm厚み7.85mm、iPhone 14 Pro Maxは幅77.6mm高さ160.7mm厚み7.85mm
    • 重さ:iPhone 14 Proは206g、iPhone 14 Pro Maxは240g
    • ディスプレイ:iPhone 14 Proは6.1インチで2,556px × 1,179px、iPhone 14 Pro Maxは6.7インチで2,796px x 1,290px
    • チップ:A16 Bionicチップ / 2つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した6コアCPU / 5コアGPU / 16コアNeural Engine
    • Face ID:搭載
    • Touch ID・ホームボタン:非搭載

    最新のiPhone 15が9/15より予約受付開始!

    楽天モバイル【4キャリア最安!支払総額70,390円〜】

    ドコモ【支払総額75,570円〜】

    au【支払総額71,760円〜】

    ソフトバンク【支払総額74,640円〜】

    ※携帯4社のiPhone 15 128GBモデルで残価設定ありの購入方法で一定期間経過後に返却した場合の実質負担額の最安料金を掲載。

    本ページの情報は記事掲載日または最終更新日時点のものです。最新の情報は各サービス公式サイトにてご確認ください。

    ※ahamo(アハモ)は82の国と地域で20GBまで無料で利用できる!※15日を超えて海外で利用される場合は速度制限がかかります。国内利用と合わせての容量上限です。
    ※ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。※ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

    iPhone 15に関するアンケート調査

    アンケート結果は投票数や割合データなど、個人を一切特定できない情報のみ弊社が運営するメディア事業で活用する場合があります点をご了承ください。画像引用元:Apple

    回線スピードテスト投稿サイト「回線ちぇっく」

    • ボタン1つで今お使いの通信回線のスピードテストを計測して結果を投稿できる。
    • 他のユーザーが測定したスマホや光回線各社の測定結果も比較できて便利

    回線ちぇっくにアクセス

    最新のスマホ回線測定結果
    povo 1.0 【測定地域】 福岡県
    【Download速度】10.4Mbps
    【Upload速度】0.30Mbps
    【Ping】26.0ms
    【Jitter】34.4ms
    最新の光回線測定結果
    NURO光 【測定地域】 兵庫県姫路市
    【Download速度】14.7Mbps
    【Upload速度】5.03Mbps
    【Ping】10.2ms
    【Jitter】4.35ms

    3GBで月額990円!LINEMOが今なら最大12ヶ月間実質無料【PR】

    • 10/2まで!LINEMOスマホプランへ乗換で最大20,000円相当プレゼント!
    • 月額990円のLINEMOミニプランが最大12ヶ月間実質無料!
    • ※ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗り換えは対象外。一部キャンペーンとの併用不可。 PayPayポイントの出金・譲渡不可。オンライン専用。

    LINEMO公式サイトを見る

    LINEMO

    About

    アプリポについて

    アプリポはスマホやPCを上手に活用した生活や仕事の実現に役立つTipsを提供するWebサイトです。

    • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
    • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
    • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
    • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)

    Profile

    サイト運営者情報

    「アプリポ」は「株式会社七変化」が運営を行っています。

    「株式会社七変化」はスマホやPCを上手に活用した生活や仕事を行うのに役立つ様々なTipsや知識を提供するWebサイト「アプリポ」の運営やWebデザイン事業などIT分野の事業を行っています。

    Author

    この記事の著者

    Keisuke Nagashima(7henge, inc.)

    東京都内の大学を卒業後、東京・渋谷の複数のIT系企業で働いた後に、2015年7月にフリーランスのWebデザイナーとして独立し、2021年8月に法人化し「株式会社七変化」を設立。企業のホームページ等を制作するWebデザイナーとして活動しつつ、スマホやPCを上手に活用した生活や仕事を行うのに役立つ様々なTipsや知識を提供するWebサイト「アプリポ」を始め、複数のWebサイトを運営しています。

    iPhone 15は楽天モバイルが4キャリア最安【PR】

    楽天モバイルでiPhone 15を見る