3GBで月額990円!ソフトバンクのLINEMOもおすすめ!【PR】

  • 【2022年12月4日まで】LINEMOスマホプランへ他社から乗換で13000円相当還元のブラックフライデーキャンペーンを開催中!※他社からMNPのみ。
  • 月額990円(税込)で使えるLINEMOのミニプランが最大8ヶ月間実質無料!PayPayポイント還元キャンペーン開催中!※ソフトバンク、ワイモバイル、LINEモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。

LINEMO公式サイトを見る

LINEMO

iPhone14のノッチとは何か?ノッチレス&パンチホールとの違いは?のサムネイル画像

iPhone14のノッチとは何か?ノッチレス&パンチホールとの違いは?

#iPhone機種

2022年9月発売のiPhone 14のノッチとは?iPhone 14 Proにはない?

2021年9月発売のiPhone 13系機種は全機種にホームボタンが廃止されたiPhone X以来のデザインを踏襲したノッチと呼ばれる画面上部に切れ込み(凹み)が入っていました。

一方で他社のAndroidスマートフォンではノッチ付きのデザインは主流ではなく、パンチホールやピルと呼ばれる小さな穴が画面に空いている、より画面の領域が広がるデザインを採用していて、iPhoneもよりフルスクリーンに近いパンチホール型の画面を採用してほしいという声が増えています。

当記事では以下の事柄について解説します。

  • iPhone 14には画面上部に凹みがありノッチ(Notch)と呼ばれている
  • ノッチ(Notch)の意味は「切れ込み」という意味で画面上部が凹み切れ欠きがあることを表す
  • Androidの高スペックモデルはパンチホールが主流でiPhone 14 Proはノッチレスになった

最新のiPhone 14購入はオンラインがスムーズ!

低価格なiPhone SE(第3世代)も人気!

iPhone 14にはノッチ(Notch)があり画面上部が凹んでいる

iPhone 14/iPhone 14 Maxの画面上部は表示領域が少し凹んでいて、ノッチ(Notch)と呼ばれています。

iPhoneからホームボタンが廃止され大幅な刷新が行われたiPhone Xでノッチ付きの大画面ディスプレイが採用されたことから話題になり、毎年発売されるiPhoneの新機種(SEシリーズを除く)の画面上部にはノッチがありました。

iPhoneの画面サイズは年々大画面化していて、ベゼル(額縁部分)をより細くする以外に画面上部のFace ID等に必要なセンサー類が設置された領域がコンパクトになる変化が起きていました。

最新のiPhone 14購入はオンラインがスムーズ!

低価格なiPhone SE(第3世代)も人気!

iPhone 14 Proシリーズのみパンチホール型を採用!

より高機能で高性能なiPhone 14 Proシリーズのみ、パンチホール型の全画面ディスプレイを採用しおり、iPhone 14シリーズ(iPhone 14や大画面版のiPhone 14 Plus)は従来通りノッチ型の画面(画面上部切れ込み&凹み)が採用されました。

パンチホールタイプの画面を採用したiPhone 14 Proのダイナミックアイランド部分の画像

パンチホールを採用した全画面型ディスプレイは主にAndroidスマートフォンで数年前から幅広く採用されてきましたが、iPhone 14 Proシリーズは「ダイナミックアイランド」と呼ばれるパンチホールの穴がiPhone 14 Proユーザーの操作や通知内容に合わせて動き、大きさや表示内容が変動するという、ユニークで近未来的な機能が搭載されました。

最新のiPhone 14購入はオンラインがスムーズ!

低価格なiPhone SE(第3世代)も人気!

iPhone 14 Proのダイナミックアイランドは新鮮さと実用性を兼ね備える

iPhone 14 Proシリーズではダイナミックアイランド機能を採用することにより、

  • ユーザーが今行っている操作
  • 外部からの通知や新しい情報・コントロール

を切り分けて、視覚的に理解しやすくなることを狙っているようです。

以下より、0:44頃に開始するダイナミックアイランドが動作する場面が閲覧できます。

Androidの多くのモデルではパンチホールを採用したフルスクリーン型に移行

Androidスマートフォンでは、数年前からハイエンドモデルを中心にパンチホールと呼ばれるインカメラ等が配置された穴画面の上部にある、ノッチよりフルスクリーンに近いディスプレイを搭載しているモデルが増加していました。

iPhone 14などiPhone各機種ではノッチやダイナミックアイランドなど、Android端末と比べて少々邪魔にも思える画面内の暗い領域がありますが、

iPhoneではFace ID等の認証に必要な高性能なインカメラと顔を3D形状として高精度に把握して顔認証するための各種センサーなどが狭い領域に詰め込まれていることから、Androidスマホの顔認証と比較してセキュリティ性能を維持しつつ大画面化を進める狙いがあります。

最新のiPhone 14購入はオンラインがスムーズ!

低価格なiPhone SE(第3世代)も人気!

iPhone 14のノッチは何のためにある?パンチホールにならない理由は?

Appleが2022年9月発売のiPhone 14とiPhone 14 Plusではノッチを廃止しない理由としては、より高スペックな高価格路線のモデルであるiPhone 14 Proシリーズと、それよりは低価格なiPhone 14シリーズのデザインに違いを持たせ、

新規性のある設計や機能により、低価格さが必要とされるiPhone 14シリーズのコストが上昇してしまうことを避ける狙いがありそうです。

iPhone 14 Proシリーズのみに採用された近未来的で実用的なインターフェースである「ダイナミックアイランド」は、成熟期を迎えて旧モデルとの違いがわかりづらくなっている最新機種であるiPhone 14 Proシリーズの目立った特長になりそうです。

最新のiPhone 14購入はオンラインがスムーズ!

低価格なiPhone SE(第3世代)も人気!

iPhone14の関連情報

本ページの情報は記事掲載日または最終更新日時点のものです。最新の情報は各サービス公式サイトにてご確認ください。

※ahamo(アハモ)は82の国と地域で20GBまで無料で利用できる!※15日を超えて海外で利用される場合は速度制限がかかります。国内利用と合わせての容量上限です。
※ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。※ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

3GBで月額990円!ソフトバンクのLINEMOもおすすめ!【PR】

  • 【2022年12月4日まで】LINEMOスマホプランへ他社から乗換で13000円相当還元のブラックフライデーキャンペーンを開催中!※他社からMNPのみ。
  • 月額990円(税込)で使えるLINEMOのミニプランが最大8ヶ月間実質無料!PayPayポイント還元キャンペーン開催中!※ソフトバンク、ワイモバイル、LINEモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。

LINEMO公式サイトを見る

LINEMO

Profile

サイト運営者情報

「アプリポ」は「株式会社七変化」が運営を行っています。

「株式会社七変化」はスマホやPCを上手に活用した生活や仕事を行うのに役立つ様々なTipsや知識を提供するWebサイト「アプリポ」の運営やWebデザイン事業などIT分野の事業を行っています。

Author

この記事の著者

Keisuke Nagashima(7henge, inc.)

東京都内の大学を卒業後、東京・渋谷の複数のIT系企業で働いた後に、2015年7月にフリーランスのWebデザイナーとして独立し、2021年8月に法人化し「株式会社七変化」を設立。企業のホームページ等を制作するWebデザイナーとして活動しつつ、スマホやPCを上手に活用した生活や仕事を行うのに役立つ様々なTipsや知識を提供するWebサイト「アプリポ」を始め、複数のWebサイトを運営しています。