iPhone 15/15 Proシリーズで物理SIMスロットは廃止されない。国内版には搭載し対応。のサムネイル画像

iPhone 15/15 Proシリーズで物理SIMスロットは廃止されない。国内版には搭載し対応。

#iPhone機種

広告当ページには事業者からのアフィリエイト成果報酬型の広告が含まれています。

月額990円(税込)で3GB+LINE通話&ビデオ通話し放題のLINEMO

  • ソフトバンクがLINEと提携して直接提供する高速で快適なモバイル回線サービス

LINEMO公式サイトを見る

LINEMO

iPhone 15/15 Proシリーズの物理SIMスロットはどうなる?

2023年の9月22日に新発売されるiPhone 15ですが、もともとSIMカードを差し込む物理スロットが廃止される可能性が各メディアでも囁かれていました。

iPhone 15 Pro Maxの裏面を真上から斜めに撮影した写真

そこで、当記事では、実際の物理SIM

スロットは実装されたのかに関して解説します。記事の内容をまとめると以下の通りです。

  • 日本のiPhone 15/15 Proシリーズでは物理スロットが存在
  • 物理SIMとeSIMに対応しているためデュアルSIMでの運用も可能
  • 米国版の場合eSIMのみの対応になっている

最新のiPhone 15が9/22新発売!

楽天モバイル【4キャリア最安!支払総額70,390円〜】

ドコモ【支払総額75,570円〜】

au【支払総額71,760円〜】

ソフトバンク【支払総額74,640円〜】

※携帯4社のiPhone 15 128GBモデルで残価設定ありの購入方法で一定期間経過後に返却した場合の実質負担額の最安料金を掲載。

iPhone 15/15 Proの日本版では物理SIMスロットが1枚分存在

結論、日本国内で販売されているiPhone 15/15 Proシリーズには、SIMカードの差し込みトレイが1枚分実装されています。

iPhone 15 Pro Maxの裏面のカメラ部分をアップに撮影した写真

SIMカードのサイズは最近の主流であるnano-SIMです。

通常のnano-SIMカードや、マルチSIM(U-SIM)をくり抜いたものに対応しています。

そのため、新規契約や乗り換えの際、eSIM導入手続きに戸惑うこともないでしょう。

最新のiPhone 15が9/22新発売!

楽天モバイル【4キャリア最安!支払総額70,390円〜】

ドコモ【支払総額75,570円〜】

au【支払総額71,760円〜】

ソフトバンク【支払総額74,640円〜】

※携帯4社のiPhone 15 128GBモデルで残価設定ありの購入方法で一定期間経過後に返却した場合の実質負担額の最安料金を掲載。

iPhone 15/15 ProでeSIMとデュアルSIM利用にも対応

また、iPhone 15/15 Proシリーズの日本版では、物理SIMの他にeSIM利用にも対応しています。

これにより、デュアルSIMでの利用も以下の方法で可能です。

  • 物理SIMで1回線+eSIMで1回線
  • eSIM2回線

最新のiPhone 15が9/22新発売!

楽天モバイル【4キャリア最安!支払総額70,390円〜】

ドコモ【支払総額75,570円〜】

au【支払総額71,760円〜】

ソフトバンク【支払総額74,640円〜】

※携帯4社のiPhone 15 128GBモデルで残価設定ありの購入方法で一定期間経過後に返却した場合の実質負担額の最安料金を掲載。

デュアルSIMでは2回線のいいとこ取りが可能

デュアルSIMでは、2回線の契約が必要なため、料金が高くなってややこしいと考える人も多いでしょう。

ただ、組み合わせによっては、料金も安くしかも快適に利用することができます。

例えば、以下の格安SIMはデュアルSIMとしての利用がおすすめです。

  • povo2.0(公式アプリ)
    • 基本料金が0円でデュアルSIMとしての利用も可
    • その都度データを購入する形で利用できる
    • 1GB390円(税込)のため、データを追加チャージするよりも安く、さらに24時間データ使い放題が330円(税込)で使える
    • 電波が悪い万が一の時にも安心
  • マイネオ
    • マイそくという、中速でデータが使い放題のプランが月額660円(税込)
    • データを利用するごとに料金が上がる従量制プランの場合、基本的にmineoを利用し、遅い時だけ主回線を使いようにすれば大幅に料金削減も可能

最新のiPhone 15が9/22新発売!

楽天モバイル【4キャリア最安!支払総額70,390円〜】

ドコモ【支払総額75,570円〜】

au【支払総額71,760円〜】

ソフトバンク【支払総額74,640円〜】

※携帯4社のiPhone 15 128GBモデルで残価設定ありの購入方法で一定期間経過後に返却した場合の実質負担額の最安料金を掲載。

海外では米国版のみ物理SIMスロットが廃止されている

ちなみに、iPhone 15/15 Proの米国版では物理SIMスロットがなく、eSIMのみ利用可能となりました。

iPhone 15 Pro Maxのディスプレイ側を真上から縦に撮影した写真

もしかすると、今後日本でも物理SIMスロットが廃止される可能性があるかもしれません。

引き続き、今後日本で発売されるiPhoneの情報にも注目していきたいところです。

iPhone 15/15 Proシリーズは物理SIMスロットがある

iPhone 15/15 Proシリーズの物理SIMスロットはあるのかどうか解説しました。

結局、物理SIMスロットが廃止されたのは米国版のみで、日本を含む他の国では前作と変わらず導入されました。

この記事が、あなたの参考になれば幸いです。

最新のiPhone 15が9/22新発売!

楽天モバイル【4キャリア最安!支払総額70,390円〜】

ドコモ【支払総額75,570円〜】

au【支払総額71,760円〜】

ソフトバンク【支払総額74,640円〜】

※携帯4社のiPhone 15 128GBモデルで残価設定ありの購入方法で一定期間経過後に返却した場合の実質負担額の最安料金を掲載。

iPhone 15/iPhone 15 Proシリーズのスペック情報

iPhone 15/iPhone 15 Plus

iPhoneの最新スタンダードモデルであるiPhone 15シリーズとしては、iPhone 15と大型画面を採用したiPhone 15 Plusが発売されます。

  • カラー:ブラック、ブルー、グリーン、イエロー、ピンクの5色展開
  • 容量:128GB、256GB、512GBから選択
  • サイズ:iPhone 15は幅71.6mm高さ147.6mm厚み7.8mm、iPhone 15 Plusは幅77.8mm高さ160.9mm厚み7.8mm
  • 重さ:iPhone 15は171g、iPhone 15 Plusは201g
  • ディスプレイ:iPhone 15は6.1インチで2,556px × 1,179px、iPhone 15 Plusは6.7インチで2,796px x 1,290px
  • チップ:A16 Bionicチップ / 2つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した6コアCPU / 5コアGPU / 16コアNeural Engine
  • Face ID:搭載
  • Touch ID・ホームボタン:非搭載
  • カメラ性能:2カメラ搭載、2倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウト、4倍の光学ズームレンジ等の高機能なカメラ

iPhone 15 Pro/iPhone 15 Pro Max

より高スペックなiPhone 15 ProやiPhone 15 Pro Maxの主なスペックは以下の通りです。

  • カラー:ブラックチタニウム、ホワイトチタニウム、ブルーチタニウム、ナチュラルチタニウムの4色展開で、iPhone初のチタニウム外装を採用
  • 容量:128GB、256GB、512GB、1TBから選択(iPhone 15 Pro Maxには128GBモデルなし)
  • サイズ:iPhone 15 Proは幅70.6mm高さ146.6mm厚み8.25mm、iPhone 15 Pro Maxは幅76.7mm高さ159.9mm厚み8.25mm
  • 重さ:iPhone 15 Proは187g、iPhone 15 Pro Maxは221g
  • ディスプレイ:iPhone 15 Proは6.1インチで2,556px × 1,179px、iPhone 15 Pro Maxは6.7インチで2,796px x 1,290px
  • チップ:A17 Proチップ / 2つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した新しい6コアCPU / 新しい6コアGPU / 新しい16コアNeural Engine
  • Face ID:搭載
  • Touch ID・ホームボタン:非搭載
  • カメラ性能:3カメラ搭載、iPhone 15 Proは3倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウト、6倍の光学ズームレンジ。iPhone 15 Pro Maxのみ5倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウト、10倍の光学ズームレンジ等の高機能なカメラ

最新のiPhone 15が9/22新発売!

楽天モバイル【4キャリア最安!支払総額70,390円〜】

ドコモ【支払総額75,570円〜】

au【支払総額71,760円〜】

ソフトバンク【支払総額74,640円〜】

※携帯4社のiPhone 15 128GBモデルで残価設定ありの購入方法で一定期間経過後に返却した場合の実質負担額の最安料金を掲載。

本ページの情報は記事掲載日または最終更新日時点のものです。最新の情報は各サービス公式サイトにてご確認ください。

※ahamo(アハモ)は82の国と地域で20GBまで無料で利用できる!※15日を超えて海外で利用される場合は速度制限がかかります。国内利用と合わせての容量上限です。
※ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。※ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

Profile

この記事の執筆者

長島 圭佑 / Keisuke Nagashima

「株式会社七変化(7henge, inc.」の代表取締役。スマホやアプリ、ネット回線/VPN等のオンラインツールを上手に活用するためのTipsを提供するWebサイト「アプリポ」を運営しています。他にもネット回線速度の投稿型サイト「回線ちぇっく」を開発・運営し、投稿データの統計値をコンテンツ制作に役立てています。また、LINEMOやpovo等の格安SIM回線各社やVPN等のサービスを実際に契約し、随時快適性や機能性を評価しています。

郵送で届いたラインモのミニプランのSIMカードと案内 povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像 ahamoのSIMカード一式の画像

Company

サイト運営会社概要

株式会社七変化のコーポレートロゴ

「株式会社七変化」はスマホやPCの使い方やモバイル回線に関する解説コンテンツを提供するWebサイト「アプリポ」の運営、ネット回線速度の測定&ユーザー投稿型サイト「回線ちぇっく」の運営、Web制作事業などの事業を行っています。

会社名 株式会社七変化(7henge, inc.)会社概要
代表取締役 長島圭佑(Keisuke Nagashima)
会社設立 2021年8月10日
事業内容 Webメディア運営/Webサービス開発&運営、Webサイトの制作&開発やマーケティング支援等
本店事務所所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階
資本金 100万円
株主 発行株式の100%を代表取締役が保有

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPC、ネット回線を上手に活用するために役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)

iPhone 15は楽天モバイルが4キャリア最安【PR】

楽天モバイルでiPhone 15を見る