格安スマホ(SIM)はLINE(ライン)が使えるのか解説!のサムネイル画像

格安スマホ(SIM)はLINE(ライン)が使えるのか解説!

#携帯新プラン

格安スマホ(SIM)はLINE(ライン)が使えるのか?

【2022年4月更新!】

LINEアプリは今やスマホユーザーだけでなくガラホでも使うことができる、利用者の最も多いコミュニケーションツールです。

チャットのやり取りや音声通話、ビデオ通話まで無料でできる便利なツールですが格安SIMでも問題なく使うことができるのでしょうか?

今回の記事では、格安スマホ(SIM)でLINE(ライン)は問題なく使えるのか?を解説しています。

LINEユーザーにおすすめな格安スマホ5社も紹介しているので「スマホ代を安くしたい!」と考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

格安スマホ(SIM)でLINEは使えます!

LINEアプリに対応しているのはスマホとガラホです。

ガラケー以外であれば格安SIMであっても問題なく使うことができます。

ただし、事業者によっては対応していない機能があるので、格安スマホを使う時にはこれから紹介する注意点を事前に確認してから使いましょう。

LINEMOに月額990円のミニプラン登場!スマホプランなら他社から乗換で10000円相当GET!
LINEMO公式サイトを見る
ソフトバンク、ワイモバイル、LINEモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。

格安スマホ(SIM)でLINEを使う時の注意点

年齢認証非対応の通信事業者がある

LINEには友達を追加する時にいくつか方法があり、その一つが「id検索」機能です。

id検索をするためには「年齢認証」の設定が必要になっていて、18歳未満の場合はid検索、電話番号検索、オープンチャットの一部の機能が使えないように機能を制限しています。

格安SIMではほとんどの事業者が年齢認証に対応していないので設定することができません。

id検索や電話番号検索が必要という人はキャリア回線や対応している事業者を選びましょう。

SIMの種類によってはSMS非対応の場合がある

格安SIMには「音声通話SIM」と「データSIM」がありますが、データSIMにはSMS(ショートメッセージ)機能がありません。

SMSが使えないと、LINEを新規登録または引継ぎする際に必要な「認証番号」を受け取れずLINEが使えなくなってしまいます。

LINEだけでなくSMS認証を設定しているサイトやサービスは他にも多くあるので、SMS機能の付いたSIMを選んだ方が汎用性がありおすすめです。

LINEMOに月額990円のミニプラン登場!スマホプランなら他社から乗換で10000円相当GET!
LINEMO公式サイトを見る
ソフトバンク、ワイモバイル、LINEモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。

LINE利用におすすめ格安スマホ(SIM)5社

ドコモ、au、ソフトバンク以外でLINE認証ができる事業者は、以下の5社が代表的です。

それぞれの特長をご紹介しているので、スマホ料金の見直しを検討している人はぜひ参考にしてみてください。

LINEMO

LINEMOは格安SIMではありませんが、最もLINE利用者がお得に使える通信事業者です。

3GB990円、20GB2,728円の2プランで選びやすく、オプションも通話サービスのみとシンプルで余計なサービスはありません。

一番の特長は何といってもLINEギガフリー。

LINEアプリで消費したデータ量はカウントされず使い放題なので、料金を気にせずに音声通話やビデオ通話を楽しめます。

家族割や光セット割などはありませんが、単独で使ってもメリットの多いプランです。

もちろんLINEの年齢認証にも対応しており安心です。

LINEMOに月額990円のミニプラン登場!スマホプランなら他社から乗換で10000円相当GET!
LINEMO公式サイトを見る
ソフトバンク、ワイモバイル、LINEモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。

IIJmio

IIJmioのプランは2GB858円、4GB1,078円、8GB1,518円、15GB1,848円、20GB2,068円の4つで、20GBプランでは業界最安値です。(2022年4月4日時点)

SIMと一緒に端末購入を考えている人は、IIJmioならお得な価格で手に入れることができます。

motorola、OPPOがMNP転入と同時購入で110円や、iPhone などの取扱機種も豊富に取り揃えています。

eSIM専用プランもあり2GB440円、20GBは1,650円と音声通話SIMよりも安いので、サブ回線としても活躍します。

もちろんLINEの年齢認証にも対応しており安心です。

IIJmioのギガプランは音声通話機能付きSIMで月額858円(税込)〜とっても格安!

IIJmioの公式サイトを見る

マイネオ

マイネオは1GB1,298円、5GB1,518円、10GB1,958円、20GB2,178円と、格安SIMユーザーから人気の高いデータ容量でプラン設定しています。

特長は月額385円(10GB以上のプランは無料)で、最大1.5Mbpsの速度でデータ通信が使い放題になるパケット放題Plus。

通信速度を落とすことで、格安のデータ使い放題プランを実現しています。

また、マイネオユーザー同士でデータ容量をシェアし合う「フリータンク」や平日昼間の混雑する時間帯に通信しないことを宣言する「ゆずるね」など、独自のサービスが人気です。

もちろんLINEの年齢認証にも対応しており安心です。

マイネオは電話機能付きで月額1,298円〜使える!
マイネオの公式サイトを見る

楽天モバイル

3大キャリアでも格安SIMでもありませんが、自社で回線を持ち4つめの大手キャリアでありながら、格安でサービスを提供している楽天モバイル。

1GBまでは0円で使えてしまうところが、メインでもサブでも選ばれる理由でしょう。

楽天エリア限定ではありますが、データ使い放題で2,980円は業界最安値。

通話に関しても楽天アプリを使えば国内通話かけ放題なので、工夫すれば基本料金0円で使える驚きのプランです。

もちろんLINEの年齢認証にも対応しており安心です。

楽天モバイルでiPhone13を購入すると最大30,000円相当分ポイント還元!
楽天モバイル公式サイトを見る
※地方・郊外では楽天回線エリアが未整備な場合があり必ずしもお得に使えない場合があります。契約前に楽天回線エリアを楽天モバイル公式サイトからご確認ください。

イオンモバイル

0.5GBから50GBまで幅広い料金プランを提供しているのが、イオンモバイルです。

格安SIMでは数少ない店舗サポートを実施している事業者で、対面サポートが必要な人に多く選ばれています。

格安SIMの1GBプランではOCNモバイルに次ぐ低価格の1,078円。

「○年縛り」のような最低利用期間の定めも無く「電波状況を試してみたい」という人のためにSIMと端末を1週間無料でレンタルできるので、初めてスマホを持つという人にも安心して使い始めることができます。

もちろんLINEの年齢認証にも対応しており安心です。

イオンモバイルのサイトを見る

格安スマホ(SIM)でLINE(ライン)を使うなら、年齢認証に対応した通信業者を選びましょう

LINEは格安スマホで問題なく使うことができますが、id検索や電話番号検索を利用するためには年齢認証に対応していることが必須条件です。

基本料金が安くLINE認証に対応しているおすすめの事業者5社は以下の通りです。

  • LINEMO
  • IIJmio
  • マイネオ
  • 楽天モバイル
  • イオンモバイル

それぞれの特長を比較し、自分の使用環境に合ったお得なプランを見つけましょう。

LINEなどの無料で使えるコミュニケーションツールを上手に活用すれば、家計の通信費がかなり削減できますよ!

LINEMOに月額990円のミニプラン登場!スマホプランなら他社から乗換で10000円相当GET!
LINEMO公式サイトを見る
ソフトバンク、ワイモバイル、LINEモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。

ahamoは20GBの大容量なのにリーズナブル!【PR】

  • 回線品質はドコモと同じ!
  • 月額2,970円(税込)で月間20GBまで使えて安心!※機種代金別途
  • さらに1回5分間までの電話が何度でも無料!※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料金がかかります。
  • ahamo(アハモ)は82の国と地域で20GBまで利用できる!
    ※ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。

ahamoの公式サイトを見る

Profile

サイト運営者情報

「アプリポ」は「株式会社七変化」が運営を行っています。

「株式会社七変化」は企業のホームページ等を制作するWebデザイナーとして活動しつつ、スマホ・PCアプリの便利な使い方や携帯電話会社のオンライン専用料金プラン・格安SIMや新電力サービス等の情報を解説する当サイト「アプリポ」の運営を行っています。

詳細は運営者情報ページをご覧ください。