LINE(ライン)のアバターが作れない&エラーで出来ない場合の原因と対処法は?

LINEにアバターを作れる機能が追加!

コミュニケーションアプリLINEに、自分にそっくりだったり、好みのキャラに似せたデザインのアバターを作ることができる機能が搭載されました!

画像引用元:LINE、自分にそっくりな「アバター」が作れる機能を提供開始

作成したアバターは、プロフィールアイコンなどに使用できるほか、フォトブースでアバターを使って遊ぶことが可能に!

スマートフォンに保存している写真とアバターを合成したり、カメラの撮影画面の中にアバターを登場させることができます。

当記事では、LINEのアバター機能が使えない&作れない場合の対処法について解説します。

LINEのアバターは、自分のプロフィール画面上から作成可能

LINEのアバター作成を開始する方法は、以下の通りです。以下の手順で操作してもアバターの項目が無い場合は下の段落の手順に進んでください。

①LINEのホームタブを開いて、左上の自分のアイコンの部分をタップ

②自分の名前とアイコンの下の4つの項目に、最新バージョンのLINEアプリでは「アバター」が表示されます。ここからアバターを作成することができます。

LINEのアバター機能を利用するには最新バージョンのLINEアプリが必要!

LINEのアバター機能を利用するためには、LINEアプリを先日リリースされた最新バージョンにアップデートしている必要があります。

今お使いのLINEアプリが最新バージョンかどうかは、以下の方法で調べることができます。

iPhoneの場合

  1. Appstoreで「LINE」と検索
  2. Appstore上のLINEのページで、LINEのアイコンのすぐ右のボタンが「開く」になっていれば最新版、「アップデート」になっていればアップデートが必要なバージョンです。
  3. 「アップデート」となっていた場合は、「アップデート」ボタンを押して、LINEアプリを最新バージョンにします。

ボタンのすぐ下に、アップデート履歴が表示されていて、「バージョン履歴」から今までのアップデート履歴を確認することができます。

Androidの場合

  1. Google Playストアを開きます。
  2. 「メニューアイコン」>「マイアプリ&ゲーム」をタップします。
  3. アップデートできるアプリには [更新] と表示されます。特定のアプリを検索することもできます。
  4. LINEアプリが最新バージョンでない場合は、[更新] をタップします。

<Google Playヘルプ>Android アプリの更新

LINEでアバターが作れない、エラーになってしまう場合の対処法

明るい部屋で撮影する

アバターの自動作成機能を利用するには、暗い部屋だと人物像を認識できずエラーとなってしまう可能性があります。

明るい部屋での撮影か、明るい部屋で撮影した写真を利用する必要があります。

正面を向いて撮影する

正面を向いた写真でないと、LINEのアバター自動作成機能が人物像を認識できずエラーとなってしまう可能性があります。

正面を向いて撮影するか、正面を向いた写真を用意する必要がありそうです。

解像度の高い高画質な写真を利用する

すでに撮影済みの写真をLINEアバターの作成に利用する場合は、解像度の低いぼやけた写真の場合、アバター自動作成機能がうまく動作しない可能性があります。

できるだけ解像度の高い高画質な写真を利用しましょう。

起動中のアプリを終了・停止する

LINEアバター作成機能はスマホに比較的負担のかかる重い機能となります。

スマホ上でアプリをたくさん起動させている場合は、他のアプリを終了させてから再度LINEアバター作成をしてみましょう。

お役立ちリンク

画像引用元&出典:LINE

こちらも読まれています

Follow

フォローして情報を受け取る