LINEMO(ラインモ)で8日間キャンセルはできる?のサムネイル画像

LINEMO(ラインモ)で8日間キャンセルはできる?

LINEMO(ラインモ)で8日間キャンセルはできる?

「LINEMOを契約したけどキャンセルしたい」何かの事情があって、申し込んだけれどキャンセルしなければならない時もありますよね。

携帯電話の契約には「8日間キャンセル」という制度があり条件に当てはまれば契約をキャンセルできますが、LINEMOの場合はどのように手続きすれば良いのでしょうか?

この記事ではLINEMOで8日間キャンセルするにはどうしたら良いのかと、8日間キャンセルできなかった場合の解約(MNP)の方法をご紹介しています。

LINEMOを契約したばかりだけどキャンセルしたいという人は、ぜひ参考にしてみてください。

LINEMO

LINEMO(ラインモ)8日間キャンセルとは?

携帯電話の契約には電気通信事業法で定められた「初期契約解除制度」という制度があり、契約時の説明や書面などに不備や不足があった場合には各社で定められた条件に則り、キャンセルすることが可能です。

LINEMOの場合は「8日間キャンセル」提供条件書  があり、規約に該当する場合にのみキャンセルを受け付けるという記載があるのでご紹介します。

8日間キャンセル適用条件

  1. 自宅、勤務先、通学先などの電波条件が不十分な場合
  2. 契約に関する説明が十分でなかった場合
  3. 法令に基づく書面が交付されていない場合

つまり、電波状況や契約時に不備があった場合などにキャンセルができるということですね。

LINEMOに月額990円で3GBのミニプランも登場!20GBのスマホプランなら10,000円相当あげちゃう!

LINEMO公式サイトを見る

※ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外となります。

1.自宅、勤務先、通学先などの電波条件が不十分な場合

どの程度の状態を「電話条件が不十分」というかはLINEMO側の判断になりますが、電波状況が悪くLINEMOを使うことができないと認められた場合は、8日間キャンセルの対象です。

申告内容によっては受付られない場合もあり、調査に時間がかかる場合もあるので全ての申し出が受け入れられるというわけではありません。

2.契約に関する説明が十分でなかった場合

契約プランやオプションに関して必要事項や重要事項の説明がなかった場合「説明が不十分」と判断されますが、LINEMOはオンラインによる契約なので基本的に自己責任です。

説明書きの見落としや解釈違いなどは「説明不十分」と認められる可能性は低いので、8日間キャンセルの適用は難しいでしょう。

3.法令に基づく書面が交付されていない場合

LINEMO契約時には「通信サービスに関する重要説明事項」「契約書」など、法令に基づいた書面が渡されます。

この書類がLINEMOの落ち度により契約者に渡っていなかった場合も、8日間キャンセルの対象になります。

LINEMOの書面は電子交付と書面交付があるので「書面をもらっていない」と判断する前に、自分がどちらを選んで申し込んだのか再度確認しましょう。

キャンセルの期間は?

キャンセル可能な期間は、「サービス提供開始日または契約書面受領日のいずれか遅い方から当該日を含む8日間」です。

キャンセルの手続きは?

8日間キャンセルは、通常の解約とは異なりLINEMO申し込み事務局へ申告が必要です。

LINEMO申し込みキャンセル申告サイトから必要情報を入力し手続きを進めましょう。

LINEMOに月額990円で3GBのミニプランも登場!20GBのスマホプランなら10,000円相当あげちゃう!

LINEMO公式サイトを見る

※ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外となります。

LINEMO(ラインモ)8日間キャンセル時の注意事項は?

8日間キャンセルは「契約の解除」です。

手続きする前に気を付けなければならない点を把握しておきましょう。

キャンペーンの対象から外れる

LINEMOでは新規または他社から乗り換えで契約した場合、PayPayボーナスがもらえる「PayPayあげちゃうキャンペーン」を行っていますが8日間キャンセルした場合はこの特典は受け取れません。

乗り換えて(MNP)の8日間キャンセルは要注意

他事業者からMNP(乗り換え)し8日間キャンセルした場合、自動で転出元に復帰はされません。

転出元に戻りたい場合は、転出元でMNPのキャンセル手続きをする必要があります。

ただし、この手続きはMNP番号の有効期限内(15日間)に完了させなければならないので、期間を過ぎるとMNPキャンセルはできず再度の申し込みをしなければ同じ番号を使うことはできません。

LINEMOに月額990円で3GBのミニプランも登場!20GBのスマホプランなら10,000円相当あげちゃう!

LINEMO公式サイトを見る

※ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外となります。

LINEMO(ラインモ)8日間キャンセル期間を過ぎたらどうする?

LINEMOの契約をキャンセルし転出元に戻ったり別の事業者と契約したい場合は、8日間キャンセルの他に「再度MNPする」という方法があります。

8日間キャンセルの条件に当てはまらなかったり8日を過ぎてしまった場合には、参考にしてみてください。

通常の解約手続きをする

8日間キャンセルできない場合は、通常の解約手続きを行います。

別の事業者に乗り換える場合はMNPの手続きになるので、解約してしまわないように注意しましょう。

解約すると同じ番号は使えなくなってしまいます。

8日間キャンセルと解約の違いは?

LINEMOは最低利用期間や解約違約金はないのでいつでも解約(MNP)可能です。

それならば8日間キャンセルをしなくても通常の解約でいいのでは?と思われがちですが、使用した料金の請求方法が異なるので違いを知っておきましょう。

  • 8日間キャンセル:基本料金は日割り、通話料やコンテンツ料金は全額支払い
  • 解約:基本料金、通話料、コンテンツ料金全て全額支払い

MNPにかかる費用(転出費用)は0円ですが、月の途中で解約しても日割り計算にはならないので8日間キャンセルの方がムダな費用がかかりません。

LINEMOに月額990円で3GBのミニプランも登場!20GBのスマホプランなら10,000円相当あげちゃう!

LINEMO公式サイトを見る

※ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外となります。

LINEMO(ラインモ)で8日間キャンセルはMNPの場合は要注意

LINEMOの契約をキャンセルしたい場合は、LINEMOが定めた条件に当てはまった場合のみ契約から8日以内であれば可能です。

8日間キャンセルの定義に当てはまらなくてもいつでも無料で解約はできますが、解約月の基本料金は日割りにならないので注意しましょう。

MNPでLINEMOに乗り換え8日間キャンセルする場合は、元の事業者であっても自動で元には戻らずにMNPキャンセルの手続きが必要です。

別の事業者と契約したい場合はMNPの手続きになるので、解約手続きをしないように気を付けましょう。

LINEMOに月額990円で3GBのミニプランも登場!20GBのスマホプランなら10,000円相当あげちゃう!

LINEMO公式サイトを見る

※ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外となります。

ahamoは20GBの大容量なのにリーズナブル!【PR】

  • 回線品質はドコモと同じ!
  • 月額2,970円(税込)で月間20GBまで使えて安心!※機種代金別途
  • さらに1回5分間までの電話が何度でも無料!※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料金がかかります。
  • ahamo(アハモ)は82の国と地域で20GBまで利用できる!
    ※ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。※ahamoでは、キャリアメールなど一部ご利用できないサービスがあります。

ahamoの公式サイトを見る

Follow

フォローして情報を受け取る

Featured

注目の記事