LINEMO(ラインモ)でアローズ(arrows)の対応機種は?使える?のサムネイル画像

LINEMO(ラインモ)でアローズ(arrows)の対応機種は?使える?

#LINEMO(ラインモ)

LINEMO(ラインモ)でアローズ(arrows)を使いたい

LINEMOはソフトバンクのオンライン専用ブランドで、高品質なキャリア回線がミニプランなら990円(税込)という低価格から利用できるところから人気を集めています。

一方、日本製のスマホを好む人の間では、富士通グループのFCNT社製のarrowsシリーズを選ぶ人も多いようです。

そんなarrowsシリーズをLINEMOで利用したいという人も多いのではないでしょうか。

そこで、当記事ではLINEMOでarrowsは使えるのか、使う場合の注意点などについて解説します。

LINEMOへの乗り換えやarrowsシリーズの端末購入の参考にしてください。

LINEMO

LINEMO(ラインモ)のアローズ(arrows)シリーズ対応機種

LINEMOのarrowsシリーズの対応機種は、次のとおりです。

LINEMOのarrowsシリーズ対応状況

発売元キャリアごとに記載しています。

ただし、ソフトバンクから発売された機種以外は、LINEMOが独自に行ったテストで動作確認ができただけで、動作が保証されるものではないことに注意が必要です。

ドコモのarrows 5G以外は、音声通話、データ通信、SMS、テザリングのすべてで動作確認済みです。

ドコモ

  • arrows 5G
  • arrows Be4
  • arrows Be4 Plus
  • arrows NX9

ただし、arrows 5Gはデータ通信の利用ができないようです。

LINEMOに月額990円のミニプラン登場!スマホプランなら他社から乗換で10000円相当もらえる!

LINEMO公式サイトを見る

ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。

au

auから発売されたarrowsシリーズで動作確認がされているものはありません。

ソフトバンク

  • arrows U

UQ mobile

UQ mobileから発売されたarrowsシリーズで動作確認がされているものはありません。

Y!mobile

  • arrows J

楽天モバイル

楽天モバイルから発売されたarrowsシリーズで動作確認がされているものはありません。

LINEMOに月額990円のミニプラン登場!スマホプランなら他社から乗換で10000円相当もらえる!

LINEMO公式サイトを見る

ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。

SIMロック解除が必要な場合もある

対応機種に含まれていても、SIMロックがかけられているものは、SIMロックを解除しないと使えません。

以前はキャリアから発売される機種には、他のキャリアのSIMカードでは通信ができないようにするSIMロックがかけられていました。

2015年4月までに発売された機種では、SIMロックの解除ができないものもあります。

しかし、2015年5月以降に発売された機種については、SIMロック解除ができるようにすることが義務化されました。

上記の機種については、すべて2015年5月よりも後に発売されていますので、SIMロックの解除ができます。

また、2021年10月1日以降に発売される機種は、原則としてすべてSIMフリーとなっています。

上記の機種に2021年10月1日以降に発売されたものはありません。

LINEMOに乗り換える前には、まずSIMロックがかかっているかどうかを確認して、必要な場合は解除してから乗り換えるようにしましょう。

LINEMOに月額990円のミニプラン登場!スマホプランなら他社から乗換で10000円相当もらえる!

LINEMO公式サイトを見る

ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。

対応バンドに注意

携帯電話の電波は、キャリアによって使用するバンド(周波数帯)が異なります。

キャリア各社は、自社に割り当てられたバンドで最適な動作ができるように端末を開発します。

そのため、端末を発売したキャリア以外のキャリアの回線を利用する場合は、対応していないバンドがあるかもしれません。

その場合は、通信ができない、つながりにくいなどの不具合が起こる可能性があります。

LINEMOはソフトバンクの回線を利用するサービスです。

利用する機種がソフトバンクの重要なバンドであるband1、band8に対応していなければ、快適に利用できないかもしれません。

ドコモやauなど他のキャリアから発売されたarrows端末を持ち込む場合は注意しましょう。

各機種の対応バンドは下記のページで確認できます。

ドコモの製品はいずれもband8には対応していないようです。

ソフトバンクおよびY!mobileの製品はいずれもband1、band8に対応しています。

ソフトバンクの各バンドには次のような特徴があります。

band1(2.1Ghz)

全国で広く利用されるバンドで、ソフトバンクのメインとなる周波数帯の1つです。

高速な通信が期待できます。

band8(900Mhz)

プラチナバンドと呼ばれる周波数帯です。

速度はそれほど速くありませんが、建物内や山間部でもつながりやすい特徴があります。

LINEMOに月額990円のミニプラン登場!スマホプランなら他社から乗換で10000円相当もらえる!

LINEMO公式サイトを見る

ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。

LINEMO(ラインモ)でアローズ(arrows)はセット販売されている?

既存のキャリアの料金プランでは、回線契約と端末のセット販売が一般的でした。

しかし、LINEMOでは端末の販売は行っていません。

arrowsシリーズは次のような方法で購入することができます。

対応バンドを考えると、ソフトバンク版のarrows UかY!mobile版のarrows Jを購入するのが良さそうです。

しかし、arrows Jはすでに販売終了しています。

現在契約中の回線ごとに機種購入とLINEMOへの乗り換えの手順を紹介します。

ソフトバンク回線を契約している場合

ソフトバンク回線を契約している人でソフトバンクの製品を購入する場合は、次の方法がおすすめです。

  1. arrowsに機種変更をする
  2. 機種変更後、LINEMOに乗り換える

機種変更をする場所は、ソフトバンクショップや家電量販店、ソフトバンクオンラインショップのどこでも構いません。

ソフトバンクオンラインショップなら待ち時間がなく、24時間利用可能で、機種変更手数料も送料も無料なのでおすすめです。

ソフトバンク以外の製品を購入する場合は、端末単体で購入できるお店で購入する必要があります。

ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料が無料!

SoftBankオンラインショップを見る

LINEMOを契約している場合

現在、LINEMOを契約していてarrowsシリーズに機種変更したい場合は、次の方法がおすすめです。

  1. 端末単体を購入する
  2. 端末購入後、SIMカードを入れ替える

端末単体で購入できるお店で購入する必要があります。

その他の回線を契約している場合

ソフトバンクやLINEMO以外の回線を契約していてLINEMOに乗り換える場合は、端末単体で購入できるお店で端末を購入する必要があります。

LINEMOへの乗り換えは、端末購入の前でも後でも構いません。

キャリアオンラインショップのarrows取り扱い状況

現在(2022年1月3日)、各キャリアのオンラインショップのLINEMOに対応するarrowsシリーズの取り扱い状況は次のとおりです。

実店舗では他の機種の在庫が残っている可能性もあります。

ドコモ

ドコモオンラインショップでは、arrows NX9 F-52Aのみ端末単体で購入することができます。

  • arrows Be4 Plus F-41B
  • arrows NX9 F-52A
  • arrows Be4 F-41A

ソフトバンク

ソフトバンクオンラインショップでは、端末だけの購入には対応していません。

  • arrows U

Y!mobile

arrows Jはジャパネットたかたで取り扱っていましたが、現在は販売終了しています。

LINEMOに月額990円のミニプラン登場!スマホプランなら他社から乗換で10000円相当もらえる!

LINEMO公式サイトを見る

ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。

ahamoは20GBの大容量なのにリーズナブル!【PR】

  • 回線品質はドコモと同じ!
  • 月額2,970円(税込)で月間20GBまで使えて安心!※機種代金別途
  • さらに1回5分間までの電話が何度でも無料!※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料金がかかります。
  • ahamo(アハモ)は82の国と地域で20GBまで利用できる!
    ※ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。※ahamoでは、キャリアメールなど一部ご利用できないサービスがあります。

ahamoの公式サイトを見る

Follow

フォローして情報を受け取る

Featured

注目の記事