LINEMO(ラインモ)で中古スマホ端末&機種を使いたい場合の注意点を解説!のサムネイル画像

LINEMO(ラインモ)で中古スマホ端末&機種を使いたい場合の注意点を解説!

LINEMO(ラインモ)で中古スマホ端末&機種を使いたい場合の注意点

3GB990円(税込)のミニプランが好評のLINEMOは、LINEを中心にスマホを使っている若年層に特に人気で契約者数を伸ばしてきました。

iPhone13が発売され購入と共にLINEMOへ乗り換えを考えているユーザーも増えているようで、スマホ市場はますます活発になっています。

そこで気になるのは、LINEMOではどの機種が対応しているのかということですよね。

特に中古のスマホ端末を購入して使う場合は、注意しておかないと「せっかく契約したのに使えない」ということも考えられるので、購入前には必ず対応機種の確認が必要です。

この記事では、LINEMOに対応している中古スマホをと合わせてLINEMOで使用する時の注意点もご紹介しています。

おすすめの中古スマホショップも掲載しているので、端末を探している人は参考にしてみてください。

LINEMO

LINEMO(ラインモ)で対応している端末&機種は?

意外と知られてはいませんが、LINEMOでは端末の販売は行っていません。

そのためLINEMOを契約する際には、Appleストアや家電量販店などで対応している機種を購入する必要があります。

動作確認端末とは?

LINEMOのホームページでは「動作確認端末」の記載がありますが、動作確認端末とはいったいどういう意味なのでしょうか?

これはLINEMOのSIMとその機種(端末)を使って検証した結果、正常な動作をしたことを確認済であるということで、LINEMOで使っても問題ない端末ですよということを意味します。

ただし、端末に不具合があった場合はLINEMO側で保証や修理はできないので注意が必要です。

その場合は端末を購入したところへ相談しましょう。

iPhone

iPhone6s以降の機種:iOS 14.4で確認済です。

eSIMはiPhone XS 以降で対応しています。

Android

Android端末で対応している機種は多数あり、SONY (Xperia)やSHARP (AQUOS)などメーカーとシリーズによって対応可否が分かれますので、公式ホームページで確認が必要です。

eSIMに対応している機種は少なく、HUAWEI(P40 Pro)やGoogle(Pixel)の1部の機種のみとなっています。

LINEMOはソフトバンクのサブブランドなので、ソフトバンクで販売されている端末は基本的には対応しています。

ただし最新機種になると動作確認が間に合っていないため、1、2世代前の機種にしておけば間違いありません。

最新の動作確認端末は、LINEMO公式サイトで一覧が確認できます。

LINEMOに月額990円で3GBのミニプランも登場!20GBのスマホプランなら10,000円相当あげちゃう!

LINEMO公式サイトを見る

※ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外となります。

LINEMO(ラインモ)で対応している端末&機種を購入する方法は?

先ほどご紹介したようにLINEMOで販売されている端末はないため、以下の方法で自分で用意する必要があります。

  • Appleストア
  • 家電量販店
  • キャリアオンラインショップ
  • 中古スマホ販売店

これらの店舗で、SIMフリー端末またはSIMロック解除済端末を購入します。

SIMロックとは?

SIMロックとは端末にかかっている利用制限のことで、使用できる回線を限定することを指します。

SIMロックがかかっている端末は、他社のSIMを差しても使うことができません。

以前は大手キャリアで販売される端末はそのキャリアでしか使用できませんでしたが、2015年5月よりSIMロック解除が認められるようになりました。

SIMロックがかかっていない端末を「SIMフリー端末」SIMロックがかかっている端末を他社でも使えるようにすることを「SIMロック解除」と呼んでいます。

LINEMOに月額990円で3GBのミニプランも登場!20GBのスマホプランなら10,000円相当あげちゃう!

LINEMO公式サイトを見る

※ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外となります。

LINEMO(ラインモ)で中古スマホ端末&機種を使う場合の注意点

SIMロックが掛かっている場合はSIMロック解除を事前にしておく

キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)で購入した端末はSIMロック解除が必要です。

ドコモでSIMロック解除する場合は、オンラインで手続きすれば無料ですが、電話やドコモショップで行った場合3,300円(税込)の手数料がかかるので多少面倒でもオンラインをおすすめします。

auでSIMロック解除する場合も同様にオンラインのMy auで手続きすれば無料で、ショップでの手続きは3,300円(税込)の手数料が必要です。

ソフトバンクでSIMロック解除する場合はMy SoftBankからの手続きは無料、ショップで行う場合は3,300円(税込)の手数料が必要です。

現在では中古で購入したスマホにSIMロックが掛かっていた場合でも、各携帯電話会社の店舗やオンラインで手続きをすることで解除することができるようになりました。

Androidスマホはソフトバンク販売の端末がおすすめ

Android端末は販売元のキャリアに応じた周波数に対応するように設計されていることが多いため、SIMロック解除をして他社で使えるようになってももともとの周波数と異なる回線で使用した場合電波が弱くなる可能性があります。

LINEMOはソフトバンク回線と同様の電波を使っているため、ソフトバンクで購入した端末の方が相性が良いのです。

なおiPhoneでは同じような事象は起こらず、キャリア問わずに使用することができます。

中古スマホの「赤ロム」に注意

中古スマホを購入する時は、見た目の状態や充電器などの付属品をチェックすることが必要ですが、最も気を付けなければならないのはネットワーク利用制限がかけられていないかどうかです。

制限がかけられているスマホは「赤ロム」と呼ばれ、SIMを差しても使うことができません。

赤ロムになる原因としては前の持ち主が端末の分割金を滞納している場合が多く、購入時は問題なく使えても途中で支払いが滞った場合、ある日急に使えなくなっている可能性もあります。

買取の際にきちんとチェックをしたり赤ロム補償がついている店舗であれば安心ですが、フリマなどの個人取引の際は十分に注意し、購入前に必ず確認しておきましょう。

LINEMOに月額990円で3GBのミニプランも登場!20GBのスマホプランなら10,000円相当あげちゃう!

LINEMO公式サイトを見る

※ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外となります。

LINEMO(ラインモ)で中古スマホを購入するおすすめショップは?

新品であればキャリアショップやAppleストアで購入できますが、安心して使える中古スマホはどこで手に入れたらよいのでしょうか。

ここから保証や商品の信頼度が高いショップをご紹介いたします。

中古スマホをLINEMOで使用しようと考えている人はぜひ参考にしてみてください。

にこスマ

伊藤忠商事グループの「にこスマ」は、2,410台の豊富な在庫からお好みの中古スマホを見つけることができるショップです。

赤ロムの端末は販売しておらず、SIMフリーの端末のみ販売しています。

商品の写真も見やすく、外観のチェックもしやすくなっているので安心です。

1年間の返品保証も付いていて、メールや電話でのサポート体制も手厚く行っています。

にこスマのサイトを見る

ハピネスネット

「ハピネスネット」はiPhone専用の中古スマホショップで、キャリア別、価格別など検索画面が探しやすいのが特徴です。

買取時のチェック項目を公開しているので、購入前の不安を取り除いてくれます。

クレジットカードの他に楽天PayやPayPayも使えるので、ポイントもついて表示価格以上にお得に購入することができます。

赤ロム永久保証や画面割れ、自然故障などの故障にも1年以内であれば全て対応してくれるので安心です。

ハピネスネットのサイトを見る

イオシス

iPhone、Androidスマホの他にタブレットやガラケー、MacBookも取り扱っているのが「イオシス」です。

東京や大阪に実店舗も構えているので、近くであれば実機を見てから購入することもできます。

購入後に赤ロムになってしまった場合でも全額返金または交換する永久保証が付いていて、保証期間を延長することもできます。

当日発送もできるので、急ぎでスマホが必要な時に便利です。

イオシスのサイトを見る

ダイワンテレコム

中古スマホ、タブレット、ガラケー、Apple Watchやヘッドホンと幅広い商品を扱っているのが「ダイワンテレコム」です。

購入だけでなく買取にも力を入れているので、使っていない端末があれば無料のオンライン査定を利用してみましょう。

中古商品に表示してあるランクの基準も分かりやすく解説してあり、商品の写真も充実しています。

赤ロムの端末も特別価格で販売しているので、Wi-Fi環境のみで使用する場合は問題ありませんがLINEMOでの使用を考えているならば購入は避けた方が良いでしょう。

ダイワンテレコムのサイトを見る

LINEMO(ラインモ)で中古スマホ端末&機種を使う時はSIMロックに注意

LINEMOでは端末の販売は行っていませんが、お好きな方法で対応機種を選べば問題なく使うことができます。

iPhoneでは6s以降、Androidはメーカーとシリーズ細かく決まっているので公式ホームページのLINEMO対応機種一覧をチェックしましょう。

キャリア購入端末や中古スマホを購入する時は、SIMフリー端末を選ぶかSIMロック解除の手続きが必要です。

中古スマホの需要は年々高まりショップも増えてきているので、保証やサポートが充実した安心して購入できる店舗を選びましょう!

LINEMOに月額990円で3GBのミニプランも登場!20GBのスマホプランなら10,000円相当あげちゃう!

LINEMO公式サイトを見る

※ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外となります。

ahamoは20GBの大容量なのにリーズナブル!【PR】

  • 回線品質はドコモと同じ!
  • 月額2,970円(税込)で月間20GBまで使えて安心!※機種代金別途
  • さらに1回5分間までの電話が何度でも無料!※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料金がかかります。
  • ahamo(アハモ)は82の国と地域で20GBまで利用できる!
    ※ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。※ahamoでは、キャリアメールなど一部ご利用できないサービスがあります。

ahamoの公式サイトを見る

Follow

フォローして情報を受け取る

Featured

注目の記事