【8/25まで!要エントリー】ahamoで5000ポイントやにじさんじ壁紙がもらえるキャンペーン開催中!【PR】

  • お持ちのスマホで他社からahamoに他社から乗り換えで5000ポイントやにじさんじ壁紙がもらえるキャンペーン開催中!【8/25までの申込限定・専用ページで要エントリー】【重要】キャンペーン適用のためには、ahamo公式サイトの「Special」の下のバナーをスライドして「にじさんじ甲子園 dポイント(期間・用途限定)5,000pt」のバナーをタップして表示されたページでのエントリーをahamo申込前にする必要があります。
  • 月額2,970円(税込)で月間20GBまでの基本プランや、月額合計4,950円(税込)で月間100GBまで使えるahamo大盛りもあってお得!※機種代金別途 ※ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。

ahamoの公式サイトを見る

LINEMO(ラインモ)にデータSIMやデータ専用プランはある?のサムネイル画像

LINEMO(ラインモ)にデータSIMやデータ専用プランはある?

#LINEMO(ラインモ)

LINEMO(ラインモ)のプランにデータ専用はある?

「データ通信専用SIM」は、音声通話を必要としないユーザー向けのSIMカードです。

音声通話が必要なメイン回線と別に、データ通信専用のサブ回線として利用することが多く、2台持ちやタブレットを使用する人にも選ばれています。

格安SIMでは音声SIMと別にデータ専用プランを設定している通信事業者もありますが、LINEMOにはあるのでしょうか?

今回の記事では「LINEMOにはデータ専用プランはあるのか」についてご紹介しています。

通信障害の影響を受けた場合の対策として、マルチキャリアを検討している人もぜひ参考にしてみて下さい。

LINEMO

LINEMOはデータ専用プランなし

LINEMOには「音声SIM」「データ専用SIM」のように、用途別にSIMカードを分けていません。

提供しているのは3GBのミニプランと20GBのスマホプランの2種類で、通話とデータ通信の両方ができるSIMカードです。

物理SIMとeSIMを提供していますが、eSIM専用のプランはなくとてもシンプルなプランです。

LINEMOのミニプランが最大半年実質無料の還元キャンペーン開催中!スマホプラン申込で最大11000ポイント還元は8/28まで!
LINEMO公式サイトを見るソフトバンク、ワイモバイル、LINEモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。

データ専用SIMのメリット・デメリット

データ通信のみのSIMカードには、音声SIMと違ったメリット・デメリットがあります。

メリット

機能が限定しているので基本料金が音声SIMよりも安く設定されていて「iPadやタブレットでは通話しないので、データ通信だけできれば十分」という人に選ばれています。

サブ回線で使われることも多く、通話はメイン回線で行い「サブ回線はデータ通信のみ利用する」といった使い方ができます。

LINEMOのミニプランが最大半年実質無料の還元キャンペーン開催中!スマホプラン申込で最大11000ポイント還元は8/28まで!
LINEMO公式サイトを見るソフトバンク、ワイモバイル、LINEモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。

デメリット

データ専用SIMは、電話回線を使っての通話やSMSは使えません。

ネット回線を使ったIP電話であれば使えますが、110番、119番などの緊急通報もできないため、電話回線を持たずデータ専用SIMのみを利用することは危険です。

また、eSIMのみ対応していることもあり、使える機種が限られています。

LINEMOのミニプランが最大半年実質無料の還元キャンペーン開催中!スマホプラン申込で最大11000ポイント還元は8/28まで!
LINEMO公式サイトを見るソフトバンク、ワイモバイル、LINEモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。

データ専用SIMの料金はどれくらい?

格安SIMはデータ専用SIMを提供しているところが多く、音声SIMよりも料金が安いことをアピールしています。

どのくらいの料金なのか、見てみましょう。

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEは、音声SIMの他にデータ通信専用SIMカードと、データ通信+SMS対応のSIMカードの3種類を提供しています。

音声SIMとデータ通信+SMSは同じ料金で、データ専用SIMはそれよりも132円安い料金です。

  • 3GB:音声/990円(税込)、 データ通信+SMS/990円(税込) 、データ専用/858円(税込)
  • 6GB:音声/1,320円(税込) 、データ通信+SMS/1,320円(税込)、 データ専用/1,188円(税込)
  • 10GB:音声/1,760円 (税込)、データ通信+SMS/1,760円(税込) 、データ専用/1,628円(税込)

OCNモバイルONEのサイトを見る

IIJmio

IIJmioでは3GBから20GBまでそれぞれに、音声SIMとデータ専用SIMを提供しています。

データ専用プランはドコモ回線のみ選ぶことができ、音声SIMとの差額は100円程度です。

またデータ通信専用のeSIMもあり、基本料金は物理SIMよりもさらに安く音声SIMとの差額は約300円です。

  • 2GB:音声/850円(税込) 、データ専用/740円(税込)、eSIM/440円(税込)
  • 4GB:音声/990円 (税込)、データ専用/900円(税込)、eSIM/660円(税込)
  • 8GB:音声/1,500円(税込) 、データ専用/1,400円(税込)、eSIM/1,100円(税込)
  • 15GB:音声/1,800円(税込) 、データ専用/1,730円(税込)、eSIM/1,430円(税込)
  • 20GB:音声/2,000円(税込) 、データ専用/1,950円(税込)、eSIM/1,650円(税込)

IIJmioのギガプランは音声通話機能付きSIMで月額858円(税込)〜とっても格安!
IIJmioの公式サイトを見る

LINEMOのミニプランが最大半年実質無料の還元キャンペーン開催中!スマホプラン申込で最大11000ポイント還元は8/28まで!
LINEMO公式サイトを見るソフトバンク、ワイモバイル、LINEモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。

LINEMOはメイン回線?サブ回線?

最近は一台の端末を「マルチキャリア化」し、2つの通信事業者を持つ使い方が人気です

マルチキャリアにしておけば、1回線目の電波が悪い場所でも2回線目がつながる場合があり「電波が通じなくて通話も通信できない」といった事態を防げます。

LINEMOを使うなら、メイン回線とサブ回線、どちらにした方が良いのでしょうか?

メイン回線がお得な場合

「LINEMOのプランでは容量がちょっと足りない」という人は、LINEMOをメインにして、データ専用プランのある通信事業者をサブ回線契約すると良いでしょう。

LINEMOでは 550円/1GB でデータ量を追加購入できます。

契約のデータ量で足りなくなった場合は追加購入すれば良いのですが他社のデータ専用SIMをサブ回線契約する方が、金額面ではお得です。

例)LINEMOで5GB使う場合

  • LINEMOミニプラン(3GB)+データ追加2GB=990円+550円×2GB=2,090円(税込)
  • LINEMOミニプラン(3GB)+IIJmioデータ専用eSIM 2GBプラン=990円+440円=1,430円(税込)

LINEMOのミニプランが最大半年実質無料の還元キャンペーン開催中!スマホプラン申込で最大11000ポイント還元は8/28まで!
LINEMO公式サイトを見るソフトバンク、ワイモバイル、LINEモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。

サブ回線がお得な場合

サブ回線がお得な人は、動画再生やSNSの他にもLINEで音声通話やビデオ通話を使い放題で楽しみたい人です。

LINEMOには「LINEギガフリー」という、LINEで使ったデータは使い放題になる機能があります。

メイン回線ではLINEの使用分を除いた容量で契約し、サブ回線としてLINEMOを設定すれば、LINEは使い放題なので通信量を気にする必要はありません。

メイン回線に通信障害があった場合も、LINEMOのソフトバンク回線を持っていればリスクヘッジできます。

LINEトークの使用容量の目安は、音声で 55.5時間/1GB、ビデオ通話で 3.25時間/1GB です。

使用頻度が多い人はLINEMOの回線を持っていた方が、安心して通話を楽しめます。

LINEMOのミニプランが最大半年実質無料の還元キャンペーン開催中!スマホプラン申込で最大11000ポイント還元は8/28まで!
LINEMO公式サイトを見るソフトバンク、ワイモバイル、LINEモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。

データ通信専用SIMはそれほど安くない

データ専用SIMのメリットは音声SIMよりも料金が安い点ですが、各社差額は100円~300円程度です。

電話回線を使った通話やSMSも送ることができないため、そこまでのメリットはありません。

サブ回線としてデータ専用SIMを考えているならば、通信障害に備えてメインとは別のキャリア回線が良いでしょう。

LINEMOなら、ソフトバンクの高品質な回線とLINEギガフリーの機能がついているので、メインでもサブでもメリットがあります。

2回線目を検討中なら、キャリア回線とカウントフリー機能があるLINEMOは有力候補になるでしょう!

LINEMOのミニプランが最大半年実質無料の還元キャンペーン開催中!スマホプラン申込で最大11000ポイント還元は8/28まで!
LINEMO公式サイトを見るソフトバンク、ワイモバイル、LINEモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。

本ページの情報は記事掲載日または最終更新日時点のものです。最新の情報は各サービス公式サイトにてご確認ください。

【8/25まで!要エントリー】ahamoで5000ポイントやにじさんじ壁紙がもらえるキャンペーン開催中!【PR】

  • お持ちのスマホで他社からahamoに他社から乗り換えで5000ポイントやにじさんじ壁紙がもらえるキャンペーン開催中!【8/25までの申込限定・専用ページで要エントリー】【重要】キャンペーン適用のためには、ahamo公式サイトの「Special」の下のバナーをスライドして「にじさんじ甲子園 dポイント(期間・用途限定)5,000pt」のバナーをタップして表示されたページでのエントリーをahamo申込前にする必要があります。
  • 月額2,970円(税込)で月間20GBまでの基本プランや、月額合計4,950円(税込)で月間100GBまで使えるahamo大盛りもあってお得!※機種代金別途 ※ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。

ahamoの公式サイトを見る

Profile

サイト運営者情報

「アプリポ」は「株式会社七変化」が運営を行っています。

「株式会社七変化」は企業のホームページ等を制作するWebデザイナーとして活動しつつ、スマホ・PCアプリの便利な使い方や携帯電話会社のオンライン専用料金プラン・格安SIMや新電力サービス等の情報を解説する当サイト「アプリポ」の運営を行っています。

運営者情報 | お問い合わせ

携帯電話会社のオンライン専用料金プランや格安SIMはそれぞれ複数回線契約しつつ、利用者目線でのコンテンツの作成を心がけています。

弊社ではLINEMOを実際に契約した上で、レビュー記事や疑問点の解消につながるコンテンツを随時制作しています。

郵送で届いたラインモのミニプランのSIMカードと案内

Featured

注目の記事

LINEMOのミニプランが最大半年実質無料!
PayPayポイント還元キャンペーン開催中!

LINEMOの公式サイト