ahamo大盛りの+80GB分のギガが12月まで実質0円になるポイント還元開催中!【PR】

  • ahamo大盛りの+80GB分のギガが12月まで実質0円になるポイント還元開催中!※キャンペーン条件を満たした場合に12月までのご利用月数✕1980円相当分のdポイント(期間・用途限定)を2023年1月下旬進呈予定。
  • ahamoはドコモ回線を月額2,970円(税込)で月間20GBまで使えて安心!※機種代金別途 ※ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。

ahamoの公式サイトを見る

ahamo大盛りキャンペーンのバナー画像

LINEMO(ラインモ)で持込端末補償 with AppleCareServicesは必要?いらない&不要?のサムネイル画像

LINEMO(ラインモ)で持込端末補償 with AppleCareServicesは必要?いらない&不要?

#LINEMO(ラインモ)

LINEMOの持込端末補償 with AppleCareServicesは契約するべきか

【2022年11月更新!】

LINEMOのオプションの一つに「持込端末補償 with AppleCareServices」があります。

これは、LINEMOで端末を購入せずにSIM単体で契約した、iPhoneユーザー向けのサービスです。

便利なサービスではありますが、契約した方がいいのかは悩む方が多いと思います。

ですので、当記事では以下の事柄について解説していきます。

  • 持込端末補償 with AppleCareServicesでできること
  • 対応のiPhone機種、月額料金
  • LINEMOでの加入条件
  • LINEMOの持込端末補償 with AppleCareServicesが必要なケース
  • LINEMOの持込端末補償 with AppleCareServicesがいらないケース

この記事を読めば、加入するかどうかを考える参考にすることができます。

LINEMO

持込端末補償 with AppleCareServicesでできること

LINEMOの持込端末補償 with AppleCareServicesでできることは以下の通りです。

AppleCareServices

  • 自然故障時の交換
  • 画面または背面ガラスの損傷時の交換
  • エクスプレス交換サービス
  • Appleサポートへの優先接続

その他のサービス

  • 紛失ケータイ捜索サービス
  • データ復旧支援サービス

まず、持込端末補償 with AppleCareServicesについて簡単にまとめると、破損や故障した時の修理が無料、または格安になり、端末の紛失など困った時も安心できるサービスです。

それぞれについて解説していきます。

【来年1月末まで!】LINEMOのミニプランが最大8ヶ月実質無料!
LINEMO公式サイトを見るミニプランが最大8ヶ月実質無料はソフトバンク、ワイモバイル、LINEモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。

自然故障時の交換

長期間の端末使用によるバッテリー容量の著しい低下(保持容量が本来の容量の80%未満)など、故意でなく自然に故障してしまった場合、無償で修理することができます。

修理時の負担額:無料

画面または背面ガラスの損傷時の交換

画面や背面ガラスが、故意でない事故によって破損してしまった場合、格安で修理することができます。

修理時の負担額はどちらか一方の場合は3,700円、両方の場合は7,400円です。

エクスプレス交換サービス

エクスプレス交換サービスは、iPhoneを修理に出す前に交換機が届くサービスです。

これにより、修理の時間を待つことなく、新しい端末を使うことができます。

このサービスを利用することによる料金はかかりませんが、iPhone に過失や事故による損傷がある場合は、12,900円のサービス料がかかります。

【来年1月末まで!】LINEMOのミニプランが最大8ヶ月実質無料!
LINEMO公式サイトを見るミニプランが最大8ヶ月実質無料はソフトバンク、ワイモバイル、LINEモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。

Appleサポートへの優先接続

Appleサポートは、iPhoneなどのApple製品について何か困ったことがあったときに、電話、チャット、メールなどでサポートが受けられるサービスです。

そのサービスで優先的に対応が受けられるようになります。

紛失ケータイ捜索サービス

紛失ケータイ捜索サービスは、端末を紛失した際に、そのおおよその場所を調べることができるサービスです。

持込端末補償 with AppleCareServicesの月額料金を払えばこのサービスが無料でついてくるので、追加の料金はかかりません。

データ復旧支援サービス

データ復旧サービスは、スマートフォンなどの端末にトラブルが起きた際にデータを復元するサービスです。

このサービスも同じく持込端末補償 with AppleCareServicesに無料でついてくるので、追加の料金はかかりません。

【来年1月末まで!】LINEMOのミニプランが最大8ヶ月実質無料!
LINEMO公式サイトを見るミニプランが最大8ヶ月実質無料はソフトバンク、ワイモバイル、LINEモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。

対応のiPhone機種、月額料金

持込端末補償 with AppleCareServices対応のiPhone機種と月額料金については以下の通りです。

月額料金で分けて記載しますので、現在お使いの端末の月額料金を確認しておきましょう。

月額料金1,480円の端末(2022年8月16日以前の申し込みは1,250円)

iPhone 14 Pro Max、iPhone 14 Pro、iPhone 13 Pro Max、iPhone 13 Pro、iPhone 12 Pro Max、iPhone 12 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11 Pro、iPhone XS Max、iPhone XS、iPhone X

月額料金1,350円の端末

iPhone 14 Plus

月額料金1,180円の端末(2022年8月16日以前の申し込みは950円)

iPhone 14、iPhone 13、iPhone 13 mini、iPhone 12、iPhone 12 mini、iPhone 11、iPhone XR、iPhone 8 Plus、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 7、iPhone SE(第1/第2世代)

月額料金950円の端末

iPhone SE(第1/第2/第3世代)

【来年1月末まで!】LINEMOのミニプランが最大8ヶ月実質無料!
LINEMO公式サイトを見るミニプランが最大8ヶ月実質無料はソフトバンク、ワイモバイル、LINEモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。

LINEMOでの加入条件

LINEMOで持込端末補償 with AppleCareServicesに加入するには主に以下の条件があります。

  • 回線が開通した後14日間の間に申し込む必要あり
  • すでに破損、故障していないこと
  • バッテリーの保存容量が80%を超えていること
  • 正規品であること

特に申し込みの期限については、14日間と短いので、加入するかの判断は早めにする必要があります。

【来年1月末まで!】LINEMOのミニプランが最大8ヶ月実質無料!
LINEMO公式サイトを見るミニプランが最大8ヶ月実質無料はソフトバンク、ワイモバイル、LINEモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。

持込端末補償 with AppleCareServicesが必要なケース

以上を踏まえて、持込端末補償 with AppleCareServicesが必要と考えられる方の特徴をまとめてみます。

  • 端末をよく壊してしまう
  • 保証があった方が安心できる
  • 端末をなくすことが多い
  • 故障によってデータが無くなるのが怖い

これまでスマートフォンを使ってきた経験から、もし該当する方は、持込端末補償 with AppleCareServicesの加入を考えてもいいでしょう。

【来年1月末まで!】LINEMOのミニプランが最大8ヶ月実質無料!
LINEMO公式サイトを見るミニプランが最大8ヶ月実質無料はソフトバンク、ワイモバイル、LINEモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。

端末をよく壊してしまう

落下や水没など端末をよく壊してしまう方は必要と言えます。

もし落としても大丈夫と考えることもでき、端末代が高いものでも安心できるのは大きなメリットになりうるでしょう。

保証があった方が安心できる

端末を壊したことがなくても、保証があった方が安心できる方は加入しておいた方がいいと思います。

LINEMOは月額料金も安いので、オプションを加えても大きなダメージにはならないと言えます。

端末をなくすことが多い

端末をなくすことが多い方は、紛失ケータイ捜索サービスを使って端末を探すことができるので、このサービスがおすすめです。

端末の保証とセットでついてきて、月額料金がかからないところも大きなメリットとなります。

故障によってデータが無くなるのが怖い

購入した音楽や、大切な写真、メッセージアプリのやりとりなど、故障によって無くなるのを避けたい方は、加入した方がいいでしょう。

データ復旧サービスを利用することで、USBなどの媒体でデータが5営業日あれば返ってきます。

持込端末補償 with AppleCareServicesについてくる無料のオプションとは思えないほどのサポートだと思います。

【来年1月末まで!】LINEMOのミニプランが最大8ヶ月実質無料!
LINEMO公式サイトを見るミニプランが最大8ヶ月実質無料はソフトバンク、ワイモバイル、LINEモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。

持込端末補償 with AppleCareServicesがいらない&不要なケース

一方、持込端末補償 with AppleCareServicesがいらない場合はこういったケースが考えられます。

  • 月額料金がかかるのが嫌だ
  • 古いiPhone端末を使っていて、壊れたら新しい機種にしようと思っている

必要なケースと同じように解説していきます。

【来年1月末まで!】LINEMOのミニプランが最大8ヶ月実質無料!
LINEMO公式サイトを見るミニプランが最大8ヶ月実質無料はソフトバンク、ワイモバイル、LINEモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。

月額料金がかかるのが嫌だ

持込端末補償 with AppleCareServicesは月額料金がかかりますので、できるだけ安くLINEMOを使いたい方は加入しない方がいいでしょう。

また、スマートフォンのカバーを丈夫なものにする、データのバックアップを必要であれば取っておくなど、できる限りの対策を自らとっておきましょう。

古いiPhone端末を使っていて、壊れたら新しい機種にしようと思っている

現在使っているiPhone端末の世代が古い場合、LINEMOで使う予定の端末が壊れたら新しいモデルに変えようと考えている方は多いと思います。

ですが、LINEMOではスマホの端末を販売しておらず、機種変更する場合は一度ソフトバンクに戻す必要があります。

そして、ソフトバンクに戻した後、再びLINEMOに戻る際にその端末がiPhone端末であれば契約するのが賢明です。

【来年1月末まで!】LINEMOのミニプランが最大8ヶ月実質無料!
LINEMO公式サイトを見るミニプランが最大8ヶ月実質無料はソフトバンク、ワイモバイル、LINEモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。

持込端末補償 with AppleCareServicesが必要かどうかはよく考える必要あり!

LINEMOの持込端末補償 with AppleCareServicesの概要や必要性について解説しました。

オプションの内容は多岐にわたるので、その全てを加味して加入を検討する必要があります。

この記事が、あなたの参考になれば幸いです。

【来年1月末まで!】LINEMOのミニプランが最大8ヶ月実質無料!
LINEMO公式サイトを見るミニプランが最大8ヶ月実質無料はソフトバンク、ワイモバイル、LINEモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。

本ページの情報は記事掲載日または最終更新日時点のものです。最新の情報は各サービス公式サイトにてご確認ください。

ahamo大盛りの+80GB分のギガが12月まで実質0円になるポイント還元開催中!【PR】

  • ahamo大盛りの+80GB分のギガが12月まで実質0円になるポイント還元開催中!※キャンペーン条件を満たした場合に12月までのご利用月数✕1980円相当分のdポイント(期間・用途限定)を2023年1月下旬進呈予定。
  • ahamoはドコモ回線を月額2,970円(税込)で月間20GBまで使えて安心!※機種代金別途 ※ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。

ahamoの公式サイトを見る

ahamo大盛りキャンペーンのバナー画像

Profile

サイト運営者情報

「アプリポ」は「株式会社七変化」が運営を行っています。

「株式会社七変化」はスマホやPCを上手に活用した生活や仕事を行うのに役立つ様々なTipsや知識を提供するWebサイト「アプリポ」の運営やWebデザイン事業などIT分野の事業を行っています。

LINEMOや複数の他社の回線を実際に契約した上で、利用者目線のレビュー記事や疑問点の解消につながるコンテンツを随時制作しています。

LINEMO回線のSIMカードをiPhoneに差し込んで画面上部に通信会社名を表示させた写真

郵送で届いたラインモのミニプランのSIMカードと案内

Featured

注目の記事

【来年1月末まで申込で】LINEMOのミニプランが最大8ヶ月実質無料!

LINEMOの公式サイト