ラインモ(LINEMO)に解約手数料や違約金はある?【ソフトバンク】

LINEMO(ラインモ)に解約手数料や違約金はある?

2021年2月にサービス名が発表されたソフトバンクの新料金プラン「LINEMO(ラインモ」は、月間データ通信容量が20GBでありながら、月額料金が2,728円(税込)に抑えられている、先行していたドコモのahamoなどより安い料金のプランのため、広く注目を集めています。

しかし、安さの裏には解約時に解約手数料や違約金の設定があるのではないか?と気になる方もいるようです。

当記事では、LINEMO(ラインモ)に解約手数料や違約金などが設定されているのか?解説します。

LINEMO(ラインモ)に解約手数料や違約金は設定されていない!

一昔前の携帯電話プランは、2年など長期契約により割引を行う等、長期契約を条件に値下げや割引を行っていました。

その分解約時には違約金や解約手数料がかかってしまい、乗り換えのハードルとなっていました。

しかし、LINEMO(ラインモ)は、低価格かつプランやサービスをできるだけシンプルに提供したいという考え方を採用した新プランです。

LINEMO(ラインモ)では、解約した場合の解約手数料や違約金の設定など、契約を複雑にする要素が無く、シンプルなサービスになっています。

LINEMOでは通話オプション割引キャンペーンとして、加入から1年の間、1回5分間までの通話料が定額になる通話オプション代金を550円(税込)から0円に割引するキャンペーンを実施しています。

月額2,728円!LINEギガノーカウントはLINEMOだけ!5分以内の通話が無料の「通話準定額」も1年間無料キャンペーン実施中!

LINEMO公式サイトを見る

LINEMO(ラインモ)は気軽に試せる!解約金の設定が無いから安心!

ソフトバンクとLINEが共同で作る新料金プランLINEMOは、解約時の解約金(違約金)などが設定されていません。

解約金の設定が無いので、気軽にソフトバンクユーザーや他社ユーザーが、LINEMOは実際どうなのか?サービスを試してみよう!といった軽い感覚、転出時の費用負担を心配せずに、LINEMOを利用開始することができます。

LINEMOは若者世代やデジタルネイティブにターゲットを絞った新プランのため、複雑な提供条件によって、ブランドイメージに傷をつけかねない違約金の設定や2年縛り契約、最低利用期間などが廃止されています。

とは言え、短期間での契約解除を繰り返し行ったユーザーは俗に言う携帯電話会社のブラックリストに入れられる可能性があり、その後の契約がしづらくなってしまう恐れがあります。

いたずらのような意図的な短期間での解約は避けるべきでしょう。

ソフトバンクからLINEMOに変更する際の違約金や契約事務手数料も無料に!

ソフトバンクからLINEMOに変更する際は、契約解除料、乗り換え手数料(番号移行手数料)、LINEMOでの新規契約事務手数料は無料となっています。

<ソフトバンク公式サイト>ソフトバンクからLINEMO(ラインモ)に乗り換える(MNP)ときに必要なことを知りたい。

ソフトバンク内でのプラン変更感覚で、気軽にLINEMOの利用をスタートすることができますね。

月額2,728円!LINEギガノーカウントはLINEMOだけ!5分以内の通話が無料の「通話準定額」も1年間無料キャンペーン実施中!

LINEMO公式サイトを見る

ギガ無制限で月額3,278円!楽天モバイルがとにかくすごい!

  • 第4の携帯電話会社楽天モバイルがエリア続々拡大中!
  • データ通信量無制限で月額3,278円!という驚異的な安さ!
  • なんとデータ通信量1GBまでなら無料で使える!

楽天モバイルの公式サイトを見る

月額770円〜全国で使える!格安SIM「OCNモバイルONE」がすごい!

  • NTTグループの格安スマホサービスのOCNモバイルONEは月額770円(税込)〜使える!
  • 10GBプランでも月額1,760円(税込)という驚異的な安さでもちろん電話機能付き!
  • 回線品質に自信のドコモ回線を使用!

OCNモバイルONEの公式サイトを見る

こちらも読まれています

Follow

フォローして情報を受け取る