ラインモ(LINEMO)とLINEモバイルの違いは?比較して解説!

ソフトバンクの新ブランドの名前は「LINEMO(ラインモ)」

ソフトバンクの2021年2月18日の発表により、「SoftBank on LINE」をコンセプトとして開発が進められていた格安・大容量・ネット専用のSoftBankの新ブランドの名称が「LINEMO(ラインモ)」であることが判明しました。

また、2020年12月の発表により、ソフトバンクはLINEモバイルを2021年3月に100%吸収合併することを発表しています。

LINEMO(ラインモ)は月間データ容量が20GBで、月額2,728円(税込)で利用できるという、画期的な新料金プランとして注目を集めています。

LINEMO(ラインモ)のプレスリリースはSoftBank公式サイトに公開されています。

LINEMO(ラインモ)とLINEモバイルの違いは?

ソフトバンクとLINEがタッグを組んで提供することが発表された「LINEMO(ラインモ)」と、すでにサービスを継続中のLINEモバイルって何が違うのか分かりづらい方も多いかと思います。

LINEMO(ラインモ)のCMはLINEモバイルと同じ、ババンババンバンバン〜のメロディを使用し、本田翼がキャンペーンに出ていることから、ますます何が違うのか分かりづらいですね。

当記事では、LINEMO(ラインモ)とLINEモバイルの違いを解説します。

運営会社が違う

LINEMOはソフトバンクとLINEがタッグを組んで提供する4G/5G回線サービスです。

一方LINEモバイルは、LINEモバイル株式会社が提供する、MVNOと呼ばれる、いわゆる「格安SIM」と呼ばれるジャンルの回線サービスです。

通信回線が違う

LINEMOはソフトバンクの通信回線と全く同様のものを使用する形となります。

一方LINEモバイルは、Docomo、au、Softbankの回線から選ぶことができますが、各社の回線をLINEモバイルがMVNOという形で利用する形態となります。

月間データ通信容量が違う

LINEMOは、月間データ容量が20GBと大容量なのが特徴です。また音声通話機能が必ず付帯するのが特徴です。

一方、LINEモバイルは、月間データ容量を500MB、3GB、6GB、12GBの中から選ぶことができ、データ通信専用SIMと音声通話機能付きSIMのどちらも選ぶことができます。

プラン料金が違う

LINEMOは月間データ容量20GBで、2,728円(税込)で利用が可能となっています。

音声通話は従量課金となっており、別途通話が準定額や定額になるオプションも用意されています。

月額2,728円!LINEギガノーカウントはLINEMOだけ!5分以内の通話が無料の「通話準定額」も1年間無料キャンペーン実施中!

LINEMO公式サイトを見る

一方LINEモバイルは、データSIMであれば月額650円(税込)〜、音声通話機能付きSIMであれば月額1,210円(税込)〜利用でき、小容量であればとても格安なのが特徴です。

※LINEモバイルは2021年3月31日をもって新規申込受付終了となります。

LINEモバイル公式サイト

対応スマホ機種・端末が違う

LINEMOの対応機種は、以下の記事で解説しています。

LINEモバイルは、公式サイト上で動作確認端末が公開されています。

※LINEモバイルは2021年3月31日をもって新規申込受付終了となります。

LINEモバイル公式サイト

LINEMOは5G対応な点が違う

LINEMOはソフトバンクの4G/5G回線を利用するため、5Gも一部エリアから先行して利用することが可能です。

一方LINEモバイルは、通信回線は4Gのみに対応しており、5Gには対応していません。

サービスの申込受付時期が違う

LINEモバイルは2016年9月にサービスが開始された、MVNO(格安SIM)の携帯電話回線サービスです。

LINEモバイルは2021年3月31日にサービスの申込受付を終了する予定となっています。(既存ユーザーへのサービス提供は継続予定)

対してLINEMOは2021年3月17日にサービスを提供開始となります。

LINEMOとLINEモバイル両方に申込ができる期間は2週間程度と短く、LINEモバイルを発展的に進化させた形で、LINEMOが生まれたと言えそうです。

留守番電話サービスへの対応状況が違う

LINEMOは留守番電話がサービス提供開始当初は利用できません。

今後ニーズが高ければオプションなどとして対応する方針になっています。

LINEモバイルは利用携帯電話回線が選べるため、選んだ回線によって留守番電話サービスに標準対応する場合と、オプションで対応する場合に分かれていますが、いずれも留守番電話に対応しています。

<LINEモバイル公式サイト>留守番電話サービスは使えますか?

月額2,728円!LINEギガノーカウントはLINEMOだけ!5分以内の通話が無料の「通話準定額」も1年間無料キャンペーン実施中!

LINEMO公式サイトを見る

LINEMO(ラインモ)とLINEモバイルの共通点は?

LINEデータフリーは同じ

LINEMOもLINEモバイルも、LINEアプリ上でのデータ通信はギガとしてカウントされない様になる仕組み「LINEデータフリー」が組み込まれています。

LINEでのメッセージや電話などを気兼ねなく行うことができますね。

メールアドレスの提供が無い点が同じ

LINEMOもLINEモバイルも携帯電話会社提供のメールアドレス(通称:キャリアメール)の提供が大手携帯電話会社の既存プラントは違ってありません。

メールアドレスを使用したい場合は、GmailやiCloudメールなどの無料で使えるフリーメールを使用することになります。

テザリングができる点が同じ

LINEMO、LINEモバイルともに、テザリングに対応しているので、スマホ回線を使用してPCやゲーム機などでデータ通信を行うことができます。

どちらもプラン容量の上限に達すると通信制限がかかるので、大容量の通信をする場合は注意が必要です。

オンラインで申込・契約・サポートが完結する点が同じ

LINEMO、LINEモバイルともに、オンライン上で申込や本人確認、契約が完結するため、デジタル慣れした人にとっては店舗での契約よりスムーズで便利です。

店舗での長い待ち時間もありません。

サポートもオンラインで完結するため、店頭でスマホの使い方をサポートしてもらうといった使い方はできません。

月額2,728円!LINEギガノーカウントはLINEMOだけ!5分以内の通話が無料の「通話準定額」も1年間無料キャンペーン実施中!

LINEMO公式サイトを見る

LINEMO(ラインモ)がおすすめな人は?

ソフトバンクの新ブランド「LINEMO」がおすすめなのは、以下のような使い方の人です。

  • 自宅や職場のWi-Fi以外でもデータ通信をよく使う人
    • YouTube動画を見たり、長時間のLINE通話をしたり、ネットやSNSをよく見る人におすすめ!
  • LINEをよく使う人
    • LINEMOはLINEギガノーカウントなので、LINEでのデータ通信でギガを消費しない!2021年夏からはスタンプ使い放題も無料に!
  • スマホの通信回線の品質にこだわりたい人
    • ソフトバンクと完全同一回線5Gも対応端末・エリアならすぐに使える!

月額2,728円!LINEギガノーカウントはLINEMOだけ!5分以内の通話が無料の「通話準定額」も1年間無料キャンペーン実施中!

LINEMO公式サイトを見る

LINEモバイルがおすすめな人は?

LINEモバイルがおすすめなのは、以下のような使い方の人です。

  • データ通信は自宅や職場のWi-Fiが中心で、データ通信の節約を心がけている人
  • 留守番電話機能がどうしても必要な人
  • 通信回線の品質よりも、月額費用の安さにこだわりたい人

LINEモバイルは2021年3月末で受付終了に!

LINEモバイル株式会社がソフトバンクに吸収合併されMNOになる都合上、現在のLINEモバイルは2021年3月末に新規受付を終了することが発表されています。

既存のLINEモバイルは、新規受付終了後も、既存ユーザーに対してはしっかりとサービスを提供していくことが発表されています。

LINEモバイルは500MB、3GB、6GBなどデータ通信容量が少ないプランも選ぶことができますが、LINEMOは一律20GBで2,728円(税込)とそれなりの値段がします。

LINEモバイルは自宅に光回線などがあり、スマホでのデータ通信をあまり行わない方に大変おすすめです。

一方LINEモバイルは、データSIMであれば月額650円(税込)〜、音声通話機能付きSIMであれば月額1,210円(税込)〜利用でき、小容量であればとても格安なのが特徴です。

※LINEモバイルは2021年3月31日をもって新規申込受付終了となります。

LINEモバイル公式サイト

NTTグループ運営の格安SIMサービスが破格の料金!

NTTグループが運営する「OCNモバイルONE」は、月額料金が1,000円未満で利用できる格安のプランも用意されており注目です!

データ通信容量を毎月20GBも使わない…といった方には、「OCNモバイルONE」のほうが圧倒的に月額料金が低価格になります。

最近のスマホであればお持ちのスマホ端末をOCNモバイルONEに持ち込んで使用することが可能な場合が多いです。(対応端末は公式サイトに記載されています)

安心のNTTグループ「OCNモバイルONE」

NTTドコモと同じく、NTTグループの「NTTコミュニケーションズ」が提供している格安スマホ(SIM)サービス「OCNモバイルONE」は、電話対応のSIMが、

  • 通信容量1GB/月コース・・・月額770円(税込)
  • 通信容量3GB/月コース・・・月額990円(税込)
  • 通信容量6GB/月コース・・・月額1,320円(税込)
  • 通信容量10GB/月コース・・・月額1,760円(税込)

で利用できます。

1GB〜10GB程度の通信量しか、月間で使用しないユーザーにとっては、ahamoと比べても大変お得に利用できる格安スマホ(SIM)サービスです。

OCNモバイル ONEのサイトを見る

アハモは月間データ容量20GBで月額2,970円!回線品質はドコモと同じ

  • NTTドコモのオンライン専用新プラン!アハモの回線品質はドコモと同じ!
  • 5分間までの電話は何回でも無料!
  • 月間データ容量はたっぷり20GB!

アハモの公式サイト

Follow

フォローして情報を受け取る