ラインモ(LINEMO)とpovo(ポヴォ)を比較!どっちが良い?違いはある?のサムネイル画像

ラインモ(LINEMO)とpovo(ポヴォ)を比較!どっちが良い?違いはある?

ソフトバンクとauの新ブランドが相次いで登場!どっちがおすすめ?

NTTドコモの「ahamo(アハモ)」に続いて、ソフトバンクがLINEと提携して提供する新ブランド「LINEMO(ラインモ)」や、auのオンライン専用新ブランド「povo(ポヴォ)」が相次いで登場しました。

ソフトバンクの「ラインモ(LINEMO)」スマホプランは月額2,728円(税込)で、月間データ容量は20GBかつオンラインでの申込みに限定したプランです。

「ラインモ(LINEMO)」ミニプランは月額990円(税込)と格安で、月間データ容量は3GBまで使えるプランです。

LINEMOに月額990円で3GBのミニプランも登場!20GBのスマホプランなら10,000円相当あげちゃう!

LINEMO公式サイトを見る

※ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外となります。

一方auの「povo(ポヴォ)」も月額2,728円(税込)で月間データ容量は20GBかつ、オンラインでの申込みに限定した新ブランドとなっています。

2021年9月下旬にpovo2.0で大幅進化して提供開始予定!

povo公式サイトを見る

「ラインモ(LINEMO)」と「povo(ポヴォ)」はどっちがおすすめか?当記事で解説します。

LINEMO(ラインモ)とpovo(ポヴォ)の比較

「ラインモ(LINEMO)」と「povo(ポヴォ)」を比較してみました。

料金

  • povo:月額2,728円(税込)
  • ラインモ:スマホプラン月額2,728円(税込)、ミニプラン月額990円(税込)

月間データ容量

  • povo:20GB
  • ラインモ:スマホプラン20GB、ミニプラン3GB

容量超過時の通信速度

  • povo:最大1Mbps
  • ラインモ:スマホプラン最大1Mbps、ミニプラン最大300kbps(約0.3Mbps)

容量追加オプション

  • povo:1GBあたり550円(税込)
  • ラインモ:1GBあたり550円(税込)

通話料無料

  • povo:なし(オプションで提供)
  • ラインモ:5分以内の国内通話無料「通話準定額」が契約から1年間キャンペーンにより無料、その後は550円(税込)/月を払うことで利用可能。

通話料

  • povo:22円(税込)/30秒
  • ラインモ:22円(税込)/30秒

通話料オプション

  • povo:月額550円(税込)で、1回5分以内の国内通話無料、国内通話定額が月額1,650円(税込)で国内通話無料
  • ラインモ:月額550円(税込)で、1回5分以内の国内通話無料(1年間月額550円(税込)のオプションが無料キャンペーン中!)、国内通話定額が月額1,650円(税込)(1年間月額1,650円(税込)のオプションが1,100円(税込)に割引キャンペーン中!)で国内通話無料

回線

  • povo:KDDI(au)の回線
  • ラインモ:ソフトバンクの回線

5G対応

  • povo:2021年9月14日から提供(一部地域)
  • ラインモ:対応(一部地域)

申込方法

  • povo:オンライン限定
  • ラインモ:Web・LINEアプリ

キャリアメール

  • povo:なし
    ラインモ:なし

店頭サポート

  • povo:原則対象外
  • ラインモ:原則対象外

LINE通信量無料

  • povo:なし
  • ラインモ:無料(LINEギガノーカウント)

2年契約や解約金の有無

  • povo:なし
  • ラインモ:なし

手数料

  • povo:移行手数料、契約解除料、契約事務手数料がすべて無料
  • ラインモ:移行手数料、解約手数料、MNP転出手数料、契約事務手数料、SIM再発行手数料がすべて無料

テザリング対応

  • povo:対応
  • ラインモ:対応

LINEMOに月額990円で3GBのミニプランも登場!20GBのスマホプランなら10,000円相当あげちゃう!

LINEMO公式サイトを見る

※ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外となります。

2021年9月下旬にpovo2.0で大幅進化して提供開始予定!

povo公式サイトを見る

ラインモ(LINEMO)とpovo(ポヴォ)の共通点と違い

以上のように、ラインモとpovoはどちらもデジタルネイティブをターゲットに絞ったオンライン専用プランであることが共通点となり、どちらもキャリアメールの提供はなしとサービスをシンプルにている点が共通点です。

違いとしては、ラインモはLINEアプリのデータ通信量がギガとしてカウントされない「LINEギガフリー」に対応しており、日常的に使っている人が多いLINEアプリのギガがカウントされない点が魅力となりそうです。

「LINEギガフリー」は、通話、ビデオ通話、メッセージなどのデータ通信が対象となります。

また2021年7月にLINEMOは月間データ通信容量が3GBで990円(税込)で使えるミニプランを開始し、データ通信をあまりしない方には大変魅力的なサービスとなりました。

LINEMOに月額990円で3GBのミニプランも登場!20GBのスマホプランなら10,000円相当あげちゃう!

LINEMO公式サイトを見る

※ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外となります。

一方povoは、安定性に定評のあるKDDIの回線が使用できる点がメリットと言えそうです。

またpovoでは、24時間データ使い放題のトッピングが1回220円という低価格で利用でき、テザリングにも使える点がテレワークや映画の一気観などで効果を発揮します。

2021年9月下旬にpovo2.0で大幅進化して提供開始予定!

povo公式サイトを見る

楽天モバイル「RAKUTEN UN-LIMIT V」もおすすめ

楽天回線エリア内で生活が完結する方なら、エリア内4G/5G回線が使い放題月額3,278円(税込)で利用できる楽天モバイルもおすすめです。

300万名のユーザーを対象に利用料金を1年無料にする大々的なキャンペーンも行っており、楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT V)はお得に使える月間データ通信量無制限の通信サービスです。

楽天回線エリアは、まだまだ地方を中心に未対応エリアが多いですが、三大都市圏や主要地方都市を中心に都市部は面的に楽天回線エリアが広がっており、安定的に利用ができる状況です。

楽天モバイルの公式サイト

3GBで月額990円!ソフトバンクのLINEMOもおすすめ!【PR】

  • LINEMOミニプランも登場!なんと3GBで月額990円(税込)!
  • 20GBのスマホプランなら10,000円相当あげちゃう!
    ※ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外となります。
  • LINEMOはLINEアプリの通話やメッセージが通信量にカウントされないからオトク!

LINEMO公式サイトを見る

Follow

フォローして情報を受け取る