LINEMO(ラインモ)は留守電パックで留守番電話に対応!のサムネイル画像

LINEMO(ラインモ)は留守電パックで留守番電話に対応!

#LINEMO(ラインモ)

ahamoなら月2,970円※機種代金別途でデータ容量20ギガで安心!【PR】

  • ahamoはドコモ回線だから高品質で5Gも速い!iPhone 14やiPhone SEもセット販売中!
  • ahamoなら通話が5分以内なら何度でも無料!※ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料金がかかります。

ahamoの公式サイトを見る

LINEMO(ラインモ)は留守電機能に対応している?

【2022年11月更新!】

「LINEMO(ラインモ)」は月間データ容量3GBと低容量で、月額料金が990円(税込)と更に格安の「ミニプラン」の提供もスタートし人気を集めています。

LINEMOの特徴の一つとして、申し込みやサポートが全てオンラインで対応することが挙げられます。

他にも、ソフトバンクやワイモバイル、ドコモ、auのキャリアメールを継続して利用するには乗り換え元の会社と有料の契約が必要になるなど、これまでの料金プランでは当たり前に使うことができた機能が非対応になったり有料となっていることがあります。

当記事では、LINEMO(ラインモ)は留守電機能に対応しているのか?留守電パックの詳細について解説します。

LINEMO

LINEMO(ラインモ)は留守電パックで留守番電話機能にオプションで対応!

LINEMOでは、2022年10月より月額220円(税込)の有料オプションの留守電パックに申し込むことで、

  • 留守番電話機能への対応(伝言メッセージを最大30件まで、最大72時間保存)
  • 着信転送サービス(掛かってきた電話を自動で転送先へ転送)
  • 着信お知らせ機能(圏外や電源OFF時に届いた着信を通知でお知らせ)

といった電話周りの機能を強化することができます。

スマホプラン乗換で13,000円相当還元は2/6まで限定!ミニプランが最大6ヶ月実質無料キャンペーンも開催中!
LINEMO公式サイトを見るスマホプラン13,000円相当還元はLINEMOサイトの上の大きなスライド画像を横になぞって「スマホプランフィーバータイム」画像をタップして表示された専用ページでの申込が対象。ソフトバンク、ワイモバイル、LINEモバイルからの乗換や新規契約は対象外。

LINEMO(ラインモ)の留守電機能の使い方は他社と変わらない?

LINEMOの留守電パックに申し込むと、ソフトバンクや他社携帯電話会社の留守番電話機能と同様の形で、iPhoneやAndroidの標準電話アプリ等を利用して留守番電話機能を利用できるようになります。

LINEMOの留守電パックに申し込むことで、自分の電話番号宛に電話をかけても不在だった・つながらない場合に相手が留守番電話の伝言メッセージを記録することができます。

留守番電話の録音を聞き出す操作も一般的なスマホの留守電機能と同じ手順で聞くことができます。

スマホプラン乗換で13,000円相当還元は2/6まで限定!ミニプランが最大6ヶ月実質無料キャンペーンも開催中!
LINEMO公式サイトを見るスマホプラン13,000円相当還元はLINEMOサイトの上の大きなスライド画像を横になぞって「スマホプランフィーバータイム」画像をタップして表示された専用ページでの申込が対象。ソフトバンク、ワイモバイル、LINEモバイルからの乗換や新規契約は対象外。

留守電機能は通話定額や通話準定額に入っていても通話料がかかる

LINEMOの有料通話割引オプションである、通話定額や通話準定額オプションに入っている場合でも、留守番電話機能の利用(メッセージを聞く場合)は無料通話の対象外となり、従量課金の通話料が掛かります。

LINEMOは低コストで利用できる点が魅力なので、月額220円(税込)のオプション代金と従量課金の通話料などのコストが掛かる、留守番電話機能や着信転送サービスが本当に必要なのか?はよく考える必要がありそうです。

スマホプラン乗換で13,000円相当還元は2/6まで限定!ミニプランが最大6ヶ月実質無料キャンペーンも開催中!
LINEMO公式サイトを見るスマホプラン13,000円相当還元はLINEMOサイトの上の大きなスライド画像を横になぞって「スマホプランフィーバータイム」画像をタップして表示された専用ページでの申込が対象。ソフトバンク、ワイモバイル、LINEモバイルからの乗換や新規契約は対象外。

LINEMO(ラインモ)は2022年9月までは留守電機能に非対応だった

LINEMOでは2021年3月17日のサービス提供開始時点では、留守電(留守番電話)機能への対応を見送っています。

しかし、利用者から留守電機能や着信転送サービスへ対応してほしいという要望は多くあったようで、

2022年10月に入ってから、月額220円(税込)の留守電パックに申し込むことで、有料オプションとして留守番電話機能に対応しました。

スマホプラン乗換で13,000円相当還元は2/6まで限定!ミニプランが最大6ヶ月実質無料キャンペーンも開催中!
LINEMO公式サイトを見るスマホプラン13,000円相当還元はLINEMOサイトの上の大きなスライド画像を横になぞって「スマホプランフィーバータイム」画像をタップして表示された専用ページでの申込が対象。ソフトバンク、ワイモバイル、LINEモバイルからの乗換や新規契約は対象外。

本ページの情報は記事掲載日または最終更新日時点のものです。最新の情報は各サービス公式サイトにてご確認ください。

ahamoなら月2,970円※機種代金別途でデータ容量20ギガで安心!【PR】

  • ahamoはドコモ回線だから高品質で5Gも速い!iPhone 14やiPhone SEもセット販売中!
  • ahamoなら通話が5分以内なら何度でも無料!※ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料金がかかります。

ahamoの公式サイトを見る

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPCを上手に活用した生活や仕事の実現に役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)

Profile

サイト運営者情報

「アプリポ」は「株式会社七変化」が運営を行っています。

「株式会社七変化」はスマホやPCを上手に活用した生活や仕事を行うのに役立つ様々なTipsや知識を提供するWebサイト「アプリポ」の運営やWebデザイン事業などIT分野の事業を行っています。

LINEMOや複数の他社の回線を実際に契約した上で、利用者目線のレビュー記事や疑問点の解消につながるコンテンツを随時制作しています。

LINEMO回線のSIMカードをiPhoneに差し込んで画面上部に通信会社名を表示させた写真

郵送で届いたラインモのミニプランのSIMカードと案内

Featured

注目の記事

【2/6まで!】スマホプラン乗換で13,000円相当還元!

LINEMOの公式サイト