LINEMO(ラインモ)で安くならない人&安くなる人の違いを解説!のサムネイル画像

LINEMO(ラインモ)で安くならない人&安くなる人の違いを解説!

#LINEMO(ラインモ)

LINEMO(ラインモ)で安くならない人&安くなる人の違いは?

LINEMOは20GBプランに加え低容量ユーザー向けに3GBプランも新たに提供をはじめ、3大キャリアからの乗り換え需要が急増しています。

乗り換えの理由は「毎月の使用料金が安くなるから」が一番だと思いますが、利用状況によっては安くならないパターンもあるので注意が必要です。

今回の記事では、ドコモ、au、ソフトバンクからLINEMO乗り換えた場合に、料金が安くならない場合と安くなる場合を解説しています。

家族通話を利用することが多い人は「LINEMOに乗り換えたのに安くならなかった」と失敗しないように、事前に確認しておきましょう。

LINEMO

LINEMO(ラインモ)とドコモを比較

まずは3大キャリアのプランを見てみましょう。

キャリアのプランはとても複雑で種類が多く比較しにくい点もありますが、LINEMOの20GBプランと3GBプランに近いパターンでご紹介します。

ドコモの料金プラン

ドコモにはLINEMOのスマホプランと同じ20GBプランは無いので、データ容量無制限5Gのギガホプレミアムで比較します。

ギガホプレミアムは60GBまで7,205円(税込)、1GB~3GBまでのあまりデータを使わない月は5,555円(税込)の2段階制のプランです。

LINEMOの20GB2,728円と比較すると容量が違いすぎて比べ物になりませんが5,000円台は間違いなくかかります。

低容量ユーザーなら「ギガライト」で契約している人が多いでしょう。

ギガライトでは3GBまで5,665円です。

ドコモの割引を適用すると

ドコモには豊富な割引特典があり、適用条件をクリアするとかなりの割引価格でスマホ利用が可能です。

ギガホプレミアムの60GBは7,205円が「みんなのドコモ割」で-1,100円、「ドコモ光セット割」で-1,100円の割引ですがそれでも5,005円、ギガライトでは3GBまで5,665円から「みんなのドコモ割」で-1,100円、「ドコモ光セット割」で-550円の割引で4,015円になります。

LINEMOに月額990円のミニプラン登場!スマホプランなら他社から乗換で10000円相当もらえる!

LINEMO公式サイトを見る

ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。

LINEMO(ラインモ)とauを比較

auの料金プラン

auではNetflixやAmazonプライムなどのサブスクリプションサービスがパックになったプランが登場していますが、LINEMOと比べ安くするためにシンプルな使い放題MAXとピタットプラン5Gで比較してみましょう。

使い放題MAXは30GBまで7,238円、使った分だけお支払いのピタットプラン5Gなら1GB~4GBで4,928円です。

auの割引を利用すると

使い放題MAXプランに割引が適用されると、「家族プラス(3人以上)」で―1,100円、「auスマートバリュー」で―1,100円の5,038円、ピタットプラン5Gでは「家族プラス(3人以上)」で―1,100円、「auスマートバリュー」で―550円の割引があり3,278円で使うことができます。

LINEMOに月額990円のミニプラン登場!スマホプランなら他社から乗換で10000円相当もらえる!

LINEMO公式サイトを見る

ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。

LINEMO(ラインモ)とソフトバンクを比較

ソフトバンクの料金プラン

ソフトバンクでLINEMOの20GBプランと比較対象になるのはメリハリ無制限プランです。

データ容量は無制限で7,238円です。

1GBから3GBの低容量ユーザーならミニフィットプランを契約されている人が多いでしょう。

1GB3,278円、2GB4,378円、3GB5,478円と1GB刻みで細かく料金設定されています。

ソフトバンクの割引を利用すると

ソフトバンクにも家族割や光セットがあり、基本プランから割引があります。

メリハリ無制限プランでは、家族割で1,210円、お家割光セットで1,100円割り引かれ4,928円、ミニフィットプランならお家光割で-1,100円の割引があり1GB2,178円、2GB3,278円、3GB4,378円で利用できます。

LINEMOは月額2,728円で20GB!月額990円で3GBのミニプランも登場!

LINEMO公式サイトを見る

3大キャリアユーザーでLINEMO(ラインモ)で安くならない人は?

家族間で音声通話をする人は安くならない場合がある

3大キャリアに比べLINEMOが料金面で劣る点は、家族間の音声通話割引が適用外なところです

ドコモ、au、ソフトバンク3社は、家族間の音声国内通話は24時間無料なのでLINE通話などの無料通話アプリを使わずに家族間で音声通話を長くする人はLINEMOに乗り換えない方が安くなります。

通話料30秒/22円で試算すると、60分で2,640円の通話料がかかりデータ量が安いLINEMOを使っても3大キャリアの基本料金と差がありません。

  • LINEMO20GBプラン+音声通話60分=5,368円
  • LINEMO3GBプラン+音声通話60分=3,630円

家族間通話を長時間利用する人は3大キャリアの家族割をそのまま利用するか、LINE通話を使ってコミュニケーションを取ればLINEMOに乗り換えたほうがメリットがあります。

LINEMOに月額990円のミニプラン登場!スマホプランなら他社から乗換で10000円相当もらえる!

LINEMO公式サイトを見る

ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。

3大キャリアユーザーでLINEMO(ラインモ)乗り換えで安くなる人は?

LINEMOのプランと比較すると、3大キャリアユーザーであればほとんどの人が約半額の料金です。

家族割や光セットと組み合わせても、LINEMOの方が圧倒的に安くなります。

大容量ユーザー

LINEMOの20GB2,728円と比較すると2,000円以上の差があり、20GB以下のデータ量を必要とする人はLINEMOの方が安くなります。

  • ドコモ無制限プラン:家族割(3回戦以上)+光セット割=5,005円
  • au使い放題MAX:家族割(3回戦以上)+auスマートバリュー=5,038円
  • メリハリ無制限プラン:家族割+お家光セット=4,928円

低容量ユーザー

低容量ユーザーも3GB以内のデータ量ならばLINEMOの990円が圧倒的に安くてお得です。

  • ドコモギガライト:家族割(3回戦以上)+光セット割=4,015円
  • auピタットプラン5G:家族割(3回戦以上)+auスマートバリュー=3,278円
  • ソフトバンクミニフィットプラン(3GB):+お家光セット=4,378円

20GB、3GBを超えてしまいデータを追加する場合は550円/1GBで購入することができますが、かなりの割高になるので毎月追加するようであればLINEMOのプランよりもそのままのキャリアを使っていた方が安くなります。

LINEMOに月額990円のミニプラン登場!スマホプランなら他社から乗換で10000円相当もらえる!

LINEMO公式サイトを見る

ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。

LINEMO(ラインモ)で安くならない人&安くなる人の違いは家族間通話

3大キャリからLINEMOへ乗り換える場合は、家族割や光回線のセット割を考慮してもLINEMOの方が半額近く安くなります。

ただし、20GB/3GBの基本プラン以上にデータ容量を消費し追加購入する場合は550円/1GBなのでコストパフォーマンスはかなり悪くなることを認識しておきましょう。

家族間で音声通話の利用が多い人は、60分(2,000円程度)を目安に、それよりも多ければ3大キャリアの家族割サービスを利用した方がお得です。

基本料金内の使い方をすればLINEMOに乗り換えたほうが圧倒的にお得なので、家族間の通話をLINEアプリを使った通話に切り替えることができるならば、LINEMOに乗り換えを検討しましょう。

今なら5分以内の国内通話が無料になるオプション(通常550円/月)が1年間無料になるキャンペーンを実施中です。

LINEMOに月額990円のミニプラン登場!スマホプランなら他社から乗換で10000円相当もらえる!

LINEMO公式サイトを見る

ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。

ahamoは20GBの大容量なのにリーズナブル!【PR】

  • 回線品質はドコモと同じ!
  • 月額2,970円(税込)で月間20GBまで使えて安心!※機種代金別途
  • さらに1回5分間までの電話が何度でも無料!※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料金がかかります。
  • ahamo(アハモ)は82の国と地域で20GBまで利用できる!
    ※ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。※ahamoでは、キャリアメールなど一部ご利用できないサービスがあります。

ahamoの公式サイトを見る

Follow

フォローして情報を受け取る

Featured

注目の記事