LINEMO(ラインモ)とワイモバイルを比較【2023年最新】どっちがおすすめ?のサムネイル画像

LINEMO(ラインモ)とワイモバイルを比較【2023年最新】どっちがおすすめ?

#LINEMO(ラインモ)

広告当ページには事業者からのアフィリエイト成果報酬型の広告が含まれています。

LINEMOで現在開催中のキャンペーン

  • 2/29までにLINEMOスマホプランへ乗換で最大20,000円相当分のPayPayポイントを還元!フィーバータイム開催中
  • 2/29までにLINEMOミニプランへ乗換で最大10,940円相当分のPayPayポイントを還元!フィーバータイム開催中
  • LINEMOへ乗換で最大10,000円相当分をPayPay還元!キャンペーン終了予定日未定

LINEMO
公式サイトを見る>

LINEMOとワイモバイルはどっちもソフトバンク系列の格安SIM

LINEMOとワイモバイルはどちらもソフトバンクの系列ですが、それぞれ違った特徴を持っています。

LINEMOはLINEギガフリーという、LINEでの使用データ量が0になる特徴も持っており、LINEを使っている人におすすめです。

また、ワイモバイルは家族割や光回線とのセット割があり、料金がLINEMOと同じく安く使えるのが特徴です。

ただ、いったいどっちを選んだらいいの?と思っている方も多いと思います。

そこで、当記事では、LINEMOとワイモバイルを以下の順に比較し、それぞれおすすめな人の特徴を解説しています。

  • プラン料金
  • サービス内容
  • MNOかMVNOか
  • 使用回線
  • 運営会社
  • 推定利用者数
  • 電話定額オプションや専用電話アプリの有無
  • セット端末販売状況
  • 対応バンド(周波数帯)
  • キャンペーン割引
  • SNSやアプリのデータカウントフリー機能
  • 初期費用・解約費用や契約期間の縛り
  • 光回線等のグループのサービスとのセット割の有無
  • 支払い方法
  • キャリア決済対応
  • キャリアメール対応

この記事を読めば、どちらの格安プランにするか選ぶ参考にできるでしょう。

LINEMO

LINEMOとワイモバイルの比較

プラン料金

LINEMO:3GB990円、20GB2,728円

ワイモバイル:3GB2,178円、15GB3,278円、25GB4,158円

比較すると、基本料金はLINEMOの方が安いことがわかります。

ただし、ワイモバイルには家族割、もしくはソフトバンク光とセットで適用できる「おうち割光セット(A)」のどちらかを適用し、安く使うこともできます。

割引後の料金は、3GB990円、15GB2,090円、25GB2,970円になります

2/29までにLINEMOへ乗換で最大20,000円相当分をPayPayポイント還元!
LINEMO
公式サイトを見る>
スマホプランへ他社から乗換の場合。ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗り換えは対象外。一部キャンペーンとの併用不可。PayPayポイントの出金・譲渡不可。オンライン専用。

オンライン限定!SIMのみ申込で最大10,000円相当のPayPayポイント還元!
ワイモバイル
オンラインショップ>

サービス内容

LINEMO:LINEに使用に関する優遇が多く、ソフトバンクのサービスも利用できる

ワイモバイル:家族割や光セット割で月額料金を安くでき、店舗数も多い

MNOかMVNOか

LINEMO:MNO

ワイモバイル:MNO

MVOは、回線網を自前の基地局でユーザーのスマホに届けている事業者を指します。日本においてはキャリアと呼ばれ、docomo、au、ソフトバンクが当てはまります。

MNOは利用できる回線網が多く、MNOの回線を借りているMVNOよりも通信速度が速いとされています。

使用回線

LINEMO:ソフトバンク回線

ワイモバイル:ソフトバンク回線

運営会社

LINEMO:ソフトバンク株式会社

ワイモバイル:ソフトバンク株式会社

2/29までにLINEMOへ乗換で最大20,000円相当分をPayPayポイント還元!
LINEMO
公式サイトを見る>
スマホプランへ他社から乗換の場合。ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗り換えは対象外。一部キャンペーンとの併用不可。PayPayポイントの出金・譲渡不可。オンライン専用。

オンライン限定!SIMのみ申込で最大10,000円相当のPayPayポイント還元!
ワイモバイル
オンラインショップ>

推定利用者数

LINEMO:50万人に満たない(参照:日本経済新聞)

ワイモバイル:700万程度(2021年6月末時点)

電話定額オプションや専用電話アプリの有無

LINEMO:通話準定額(550円/月)で5分以内の国内通話が無料、通話定額(1,650円/月)でかけ放題

ワイモバイル:だれとでも定額(770円/月)で10分以内の国内通話が無料、スーパーだれとでも定額(1,870円/月)でかけ放題

セット端末販売状況

LINEMO:提供なし

ワイモバイル:提供あり

対応バンド(周波数帯)

LINEMO:ソフトバンクと同じ

ワイモバイル:ソフトバンクと同じ

キャンペーン割引

LINEMO:新規契約or他社からの乗り換えで、3GBの基本料990円が最大6ヶ月間実質0円

ワイモバイル:Yahoo!店経由で新規契約or他社からの乗り換えで、PayPayポイント最大26,000円分プレゼント

2/29までにLINEMOへ乗換で最大20,000円相当分をPayPayポイント還元!
LINEMO
公式サイトを見る>
スマホプランへ他社から乗換の場合。ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗り換えは対象外。一部キャンペーンとの併用不可。PayPayポイントの出金・譲渡不可。オンライン専用。

オンライン限定!SIMのみ申込で最大10,000円相当のPayPayポイント還元!
ワイモバイル
オンラインショップ>

SNSやアプリのデータカウントフリー機能

LINEMO:LINEのデータカウントフリー

ワイモバイル:サービスなし

初期費用

LINEMO:なし

ワイモバイル:なし

解約費用や契約期間の縛り

LINEMO:なし

ワイモバイル:なし

光回線等のグループのサービスとのセット割の有無

LINEMO:なし

ワイモバイル:ソフトバンク光とセットで月額1,100円割引

支払い方法

2/29までにLINEMOへ乗換で最大20,000円相当分をPayPayポイント還元!
LINEMO
公式サイトを見る>
スマホプランへ他社から乗換の場合。ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗り換えは対象外。一部キャンペーンとの併用不可。PayPayポイントの出金・譲渡不可。オンライン専用。

オンライン限定!SIMのみ申込で最大10,000円相当のPayPayポイント還元!
ワイモバイル
オンラインショップ>

LINEMO:クレジットカードまたは口座振替

ワイモバイル:クレジットカードまたは口座振替

キャリア決済対応

LINEMO:ソフトバンクまとめて支払いに対応

ワイモバイル:ワイモバイルまとめて決済

キャリアメール対応

LINEMO:なし

ワイモバイル:あり(@ymobile.ne.jp)

キャリアメールはLINEMOには対応していませんが、大手キャリアが提供している持ち運びサービスを利用すれば、そのキャリアメールを引き継いで使用することが可能です。

ただし、利用には月額料金がかかるので、節約したい人はGmailやヤフーメールなどのフリーメールの使用も考えましょう。

2/29までにLINEMOへ乗換で最大20,000円相当分をPayPayポイント還元!
LINEMO
公式サイトを見る>
スマホプランへ他社から乗換の場合。ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗り換えは対象外。一部キャンペーンとの併用不可。PayPayポイントの出金・譲渡不可。オンライン専用。

オンライン限定!SIMのみ申込で最大10,000円相当のPayPayポイント還元!
ワイモバイル
オンラインショップ>

LINEMOとワイモバイルはどっちがおすすめ?

ここでは、LINEMOとワイモバイルはそれぞれどんな人におすすめなのかを解説していきます。

LINEMOがおすすめな人

  • LINEを日常的に使っている人
  • 月額料金を安く使いたい人
  • 家族割や光回線のセット割を適用する予定がない人
  • かけ放題オプションをつけたい人

2/29までにLINEMOへ乗換で最大20,000円相当分をPayPayポイント還元!
LINEMO
公式サイトを見る>
スマホプランへ他社から乗換の場合。ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗り換えは対象外。一部キャンペーンとの併用不可。PayPayポイントの出金・譲渡不可。オンライン専用。

LINEを日常的に使っている人

特徴1つ目は、LINEを日常的に使っている人です。

LINEMOの場合、LINEギガフリーというサービスが全ての利用者についています。

これは、LINEのトークや電話などの対象機能であれば、データ量としてカウントされない便利なものです。

そのため、普段LINEで連絡を取ったり、電話やビデを通話をよくしている人は、LINEMOを選んだ方がいいといえます。

また、LINEVOOMという、Tiktokやyoutubeに似た動画プラットフォームでの利用も対象内なので、ギガを気にせず動画コンテンツを楽しむこともできます。

2/29までにLINEMOへ乗換で最大20,000円相当分をPayPayポイント還元!
LINEMO
公式サイトを見る>
スマホプランへ他社から乗換の場合。ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗り換えは対象外。一部キャンペーンとの併用不可。PayPayポイントの出金・譲渡不可。オンライン専用。

料金を安く使いたい人

特徴2つ目は、料金を安く使いたい人です。

LINEMOとワイモバイルの料金を比較すると、3GBの場合、LINEMOの方が1,100円安く使えます。

また、LINEMOの20GBとワイモバイルの25GBを比較すると、1,400円以上の差があります。

また、ワイモバイルで家族割が適用できるのは2回線目以降のため、必ず1人は割引前の料金を支払わなければいけません。

そのため、通信料を節約したい人はLINEMOを選ぶといいでしょう。

2/29までにLINEMOへ乗換で最大20,000円相当分をPayPayポイント還元!
LINEMO
公式サイトを見る>
スマホプランへ他社から乗換の場合。ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗り換えは対象外。一部キャンペーンとの併用不可。PayPayポイントの出金・譲渡不可。オンライン専用。

家族割や光回線のセット割を適用する予定がない人

特徴3つ目は、家族割や光回線のセット割を適用する予定がない人です。

ワイモバイルは、割引前の料金がLINEMOに比べて高く設定されています。

そのため、割引の対象でない場合は、ワイモバイルを選ぶと負担が大きくなってしまいます。

もし割引対象外で、これからなる予定もないのであれば、LINEMOを選びましょう。

2/29までにLINEMOへ乗換で最大20,000円相当分をPayPayポイント還元!
LINEMO
公式サイトを見る>
スマホプランへ他社から乗換の場合。ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗り換えは対象外。一部キャンペーンとの併用不可。PayPayポイントの出金・譲渡不可。オンライン専用。

かけ放題オプションをつけたい人

特徴4つ目は、かけ放題オプションをつけたい人です。

LINEMOとワイモバイルは、通話オプションの価格に違いがあります。

例えば、かけ放題の場合、月額200円ほどの差があり、ワイモバイルで割引が適用されたとしてもLINEMOより高くなってしまいます。

そのため、かけ放題をつけようと考えている人は、LINEMOを選んだ方がいいでしょう。

2/29までにLINEMOへ乗換で最大20,000円相当分をPayPayポイント還元!
LINEMO
公式サイトを見る>
スマホプランへ他社から乗換の場合。ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗り換えは対象外。一部キャンペーンとの併用不可。PayPayポイントの出金・譲渡不可。オンライン専用。

ワイモバイルがおすすめな人

一方、ワイモバイルを選んだ方がいい人の特徴は以下の通りです。

  • キャンペーンをうまく活用したい人
  • ソフトバンク光を使用中で、家族でキャリアをまとめたい人
  • 端末をセットで購入したい人
  • 店舗でのサポートを利用したい人

オンライン限定!SIMのみ申込で最大10,000円相当のPayPayポイント還元!
ワイモバイル
オンラインショップ>

キャンペーンをうまく活用したい人

特徴1つ目は、キャンペーンをうまく活用したい人です。

ワイモバイルの場合、Yahoo!店経由で新規契約or他社からの乗り換えで、PayPayポイント最大26,000円分プレゼントキャンペーンが開催されており、非常にお得です。

LINEMOでも、

新規契約or他社からの乗り換えで、3GBの基本料990円が最大6ヶ月間実質0円になるキャンペーンが開催されていますが、額だけでいえばワイモバイルの方が多いです。

乗り換えた後の月額料金も比較したうえで、どちらのキャンペーンを適用するか考えてみましょう。

オンライン限定!SIMのみ申込で最大10,000円相当のPayPayポイント還元!
ワイモバイル
オンラインショップ>

ソフトバンク光を使用中で、家族でキャリアをまとめたい人

特徴2つ目は、現在ソフトバンク光を使っていて、家族でキャリアをまとめたい人です。

家族割は2回線目以降しか適用されませんが、おうち割光セット(A)であれば、全ての回線に割引が効きます。

そのため、1人だけ基本料金をそのまま支払う必要もなくなります。

LINEMOには、光回線とセットで適用できる割引がないので、ソフトバンク光を現在使っている場合はLINEMOの方がいいかもしれません。

オンライン限定!SIMのみ申込で最大10,000円相当のPayPayポイント還元!
ワイモバイル
オンラインショップ>

端末をセットで購入したい人

特徴3つ目は、端末をセットで購入したい人です。

ワイモバイルでは、プラン契約とセットで端末を購入できて便利です。

しかし、LINEMOでは端末のセット購入を扱っていないため、端末は自分で用意しなければいけません。

今使っている端末をそのまま利用する場合は問題ありませんが、もし持っていない場合は別の場所で端末をあらかじめ購入しておく必要があります。

オンライン限定!SIMのみ申込で最大10,000円相当のPayPayポイント還元!
ワイモバイル
オンラインショップ>

店舗でのサポートを利用したい人

特徴4つ目は、店舗でのサポートを利用したい人です。

LINEMOはオンライン専用ブランドのため、店舗での契約やサポートを利用することはできません。

そのため、何かあったときに店舗で相談したいと考えている人は、ワイモバイルを選ぶようにしましょう。

オンライン限定!SIMのみ申込で最大10,000円相当のPayPayポイント還元!
ワイモバイル
オンラインショップ>

LINEMOとワイモバイルは月額料金や店舗の有無に違いあり、自分にあったものを選ぼう

LINEMOとワイモバイルを比較し、どちらがどうおすすめかを解説しました。

LINEMOの場合、家族割や光回線のセット割がない分、基本料金が安く設定されています。

また、ワイモバイルで割引を適用したとしても、LINEMOと同程度の価格なので、もしLINEを使っていて料金を安く使いたい人は、LINEMOを契約するのも一つの手でしょう。

ただ、ワイモバイルの場合、店舗での対応に対応しているため、店舗で相談をしたい場合はワイモバイルを選んだ方がいいです。

それぞれの特徴を理解し、乗り換え先を決めましょう。

2/29までにLINEMOへ乗換で最大20,000円相当分をPayPayポイント還元!
LINEMO
公式サイトを見る>
スマホプランへ他社から乗換の場合。ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗り換えは対象外。一部キャンペーンとの併用不可。PayPayポイントの出金・譲渡不可。オンライン専用。

オンライン限定!SIMのみ申込で最大10,000円相当のPayPayポイント還元!
ワイモバイル
オンラインショップ>

この記事の情報更新履歴:

2023年6月26日:ワイモバイルの開催キャンペーン内容を修正

本ページの情報は記事掲載日または最終更新日時点のものです。最新の情報は各サービス公式サイトにてご確認ください。

LINEMOで現在開催中のキャンペーン

  • 2/29までにLINEMOスマホプランへ乗換で最大20,000円相当分のPayPayポイントを還元!フィーバータイム開催中
  • 2/29までにLINEMOミニプランへ乗換で最大10,940円相当分のPayPayポイントを還元!フィーバータイム開催中
  • LINEMOへ乗換で最大10,000円相当分をPayPay還元!キャンペーン終了予定日未定

LINEMO
公式サイトを見る>

LINEMOの平均データ:65件の投稿データを見る
【Download速度】76Mbps
【Upload速度】37Mbps
【Ping】32ms
【Jitter】11ms

Guide

LINEMOガイド

キャンペーンやお得情報
開催中キャンペーンまとめ | LINEモバイルとの違い
契約に関すること
店舗で契約できる? | 解約時に手数料は? | 最低利用期間は?
サービス内容に関すること
通信回線はソフトバンク? | 通話品質 | 留守電パック | スマホ端末セットはある? | メールアドレスは? | iPhone対応機種は?

Profile

この記事の執筆者

長島 圭佑 / Keisuke Nagashima

「株式会社七変化(7henge, inc.」の代表取締役。スマホやアプリ、ネット回線/VPN等のオンラインツールを上手に活用するためのTipsを提供するWebサイト「アプリポ」を運営しています。他にもネット回線速度の投稿型サイト「回線ちぇっく」を開発・運営し、投稿データの統計値をコンテンツ制作に役立てています。また、LINEMOやpovo等の格安SIM回線各社やVPN等のサービスを実際に契約し、随時快適性や機能性を評価しています。

郵送で届いたラインモのミニプランのSIMカードと案内 povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像 ahamoのSIMカード一式の画像

Company

サイト運営会社概要

株式会社七変化のコーポレートロゴ

「株式会社七変化」はスマホやPCの使い方やモバイル回線に関する解説コンテンツを提供するWebサイト「アプリポ」の運営、ネット回線速度の測定&ユーザー投稿型サイト「回線ちぇっく」の運営、Web制作事業などの事業を行っています。

会社名 株式会社七変化(7henge, inc.)会社概要
代表取締役 長島圭佑(Keisuke Nagashima)
会社設立 2021年8月10日
事業内容 Webメディア運営/Webサービス開発&運営、Webサイトの制作&開発やマーケティング支援等
本店事務所所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階
資本金 100万円
株主 発行株式の100%を代表取締役が保有

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPC、ネット回線を上手に活用するために役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)

2/29までにLINEMOへ乗換で最大20,000円相当分をPayPayポイント還元!
LINEMO公式サイト>