ラインモ(LINEMO)で残債は?機種代金の残りはどうなる?

ラインモ(LINEMO)で機種代金の残債はどうなる?

ソフトバンクは、2021年3月17日にオンライン専用新プラン「ラインモ(LINEMO)」の提供を開始しました。

月額2,728円(税込)で、月間データ容量が20GBと大容量の、先行していたNTTドコモのアハモよりも低価格を実現した、画期的なプランです。

ソフトバンクやドコモ、auなどからラインモへ移行したいけれど、今まで月々支払っていた機種代金の残債がどうなるのか?気になる方も多いと思います。

当記事ではラインモ(LINEMO)に移行すると残債はどうなるか?携帯電話会社別に解説します。

ソフトバンクからラインモへ乗り換えする場合の機種代金は?

ソフトバンクからラインモに乗り換えを行う場合、今まで分割で支払っていた機種代金は支払いが完了するまでの間、引き続き分割で支払うことになります。

もちろん希望者は機種代金の残債を一括で支払う事が可能です。

詳しくは以下のページに解説が掲載されています。

<ソフトバンク公式サイト>ソフトバンクからLINEMO(ラインモ)に乗り換える(MNP)ときに必要なことを知りたい。

月額2,728円!LINEギガノーカウントはLINEMOだけ!5分以内の通話が無料の「通話準定額」も1年間無料キャンペーン実施中!

LINEMO公式サイトを見る

ソフトバンクからラインモへの乗り換えは手数料不要!

ソフトバンクを現在利用中の利用者が、ラインモに乗り換えを行う場合、

  • 契約事務手数料
  • 契約解除料
  • その他手数料

等はかかりません。(契約解除料はキャンペーンにより無料になります)

ソフトバンクからラインモへの移行は、手数料負担なしで乗り換えができるため、気軽に始めやすいですね。

月額2,728円!LINEギガノーカウントはLINEMOだけ!5分以内の通話が無料の「通話準定額」も1年間無料キャンペーン実施中!

LINEMO公式サイトを見る

その他の携帯電話会社からラインモへの乗り換えで残債は?

ドコモからラインモへ移行する場合

ドコモを転出(解約)して、ラインモに移行する場合、今まで分割支払いを行っていた機種代金の残り(残債)がある場合は、今まで通り月々の支払いを行うことも可能です。

また、解約を期に一括払いを行うことももちろん可能です。

その他、解約時に契約解除料、MNP転出手数料などがかかる場合があります。

<NTTドコモ公式サイト>機種を分割払いで購入する

月額2,728円!LINEギガノーカウントはLINEMOだけ!5分以内の通話が無料の「通話準定額」も1年間無料キャンペーン実施中!

LINEMO公式サイトを見る

auからラインモへ移行する場合

auを転出(解約)して、ラインモに移行する場合、今まで分割支払いを行っていた機種代金の残り(残債)がある場合は、今まで通り月々の支払いを行うことも可能です。

また、解約を期に一括払いを行うことももちろん可能です。

その他、解約時に契約解除料、MNP転出手数料などがかかる場合があります。

月額2,728円!LINEギガノーカウントはLINEMOだけ!5分以内の通話が無料の「通話準定額」も1年間無料キャンペーン実施中!

LINEMO公式サイトを見る

残債は分割払いができるが割引が適用されない場合も

以上のように、ソフトバンク、ドコモ、auともに解約の場合でもスマホ端末代の残債は毎月支払っていくことが可能です。

しかし、スマホ端末の分割払いと同時に毎月スマホ端末代の割引を受けていた場合、その割引が解約後は適用されない場合が携帯電話会社のプランによってはあり、注意が必要です。

ラインモは格安で大容量でオトクなプランですが、割引の条件によってはラインモに移行するタイミングを検討したほうが良い場合があります。

月額2,728円!LINEギガノーカウントはLINEMOだけ!5分以内の通話が無料の「通話準定額」も1年間無料キャンペーン実施中!

LINEMO公式サイトを見る

アハモは月間データ容量20GBで月額2,970円!回線品質はドコモと同じ

  • NTTドコモのオンライン専用新プラン!アハモの回線品質はドコモと同じ!
  • 5分間までの電話は何回でも無料!
  • 月間データ容量はたっぷり20GB!

アハモの公式サイト

Follow

フォローして情報を受け取る