Messenger(メッセンジャー)の吹き出しの色を変える&変更して戻す方法【Facebook】のサムネイル画像

Messenger(メッセンジャー)の吹き出しの色を変える&変更して戻す方法【Facebook】

#Messenger

Messenger(メッセンジャー)の吹き出しの色が変わった!

2020年10月のFacebook社のMessenger(メッセンジャー)のアプリ大型アップデートにより、Messengerのアイコンは青〜ピンク色の虹色にカラーが変更となり、吹き出しの色もそれに合わせた紫色のグラデーションにリニューアルされました。

Facebook Messengerは、同じくFacebook社の運営するInstagramのダイレクトメッセージ機能との統合が方針として示されており、それらを見据えたデザインリニューアルとなりました。

画像引用元:App Store

Messengerの吹き出しの色を変える方法や元に戻す方法はある?

Messengerの吹き出しの色を変えたり、元に戻す方法は、チャット画面ごとの個別設定として用意されています。

チャット画面ごとのMessengerの吹き出しの色の変更方法

①Messengerアプリを開いて、吹き出しの色を変更したい相手やグループとのチャット画面を開きます。

②画面上部の「相手の名前とアイコン」部分をタップします。

③出てきたメニューの「テーマ」をタップします。

④テーマ、色とグラデーションが並んでおり「色とグラデーション」の中から、好きな吹き出しの色を選ぶことができます。

ここでは以前のMessengerで使われていた青を選びます。

⑤左上の矢印ボタンをタップしてチャット画面に戻ります。

⑥チャット画面の吹き出しの色が、以前のMessengerで使われていた青色に変化しました。

Messengerの吹き出しの色を一括で変更する方法は用意されていない

2020年10月時点では、個別チャットやグループチャットごとに吹き出しの色を変更・カスタマイズする方法は用意されていますが、アプリ全体で以前の青色に戻したり、色を一括で変更する設定は用意されていません。

現在の虹色カラーが気に入らない・使いにくいと感じる人は、面倒ですがよくチャットする友達やグループのチャットカラーをそれぞれ変更する必要がありそうです。

本ページの情報は記事掲載日または最終更新日時点のものです。最新の情報は各サービス公式サイトにてご確認ください。

Profile

サイト運営者情報

「アプリポ」は「株式会社七変化」が運営を行っています。

「株式会社七変化」はスマホやPCを上手に活用した生活や仕事を行うのに役立つ様々なTipsや知識を提供するWebサイト「アプリポ」の運営やWebデザイン事業などIT分野の事業を行っています。

Author

この記事の著者

Keisuke Nagashima(7henge, inc.)

東京都内の大学を卒業後、東京・渋谷の複数のIT系企業で働いた後に、2015年7月にフリーランスのWebデザイナーとして独立し、2021年8月に法人化し「株式会社七変化」を設立。企業のホームページ等を制作するWebデザイナーとして活動しつつ、スマホやPCを上手に活用した生活や仕事を行うのに役立つ様々なTipsや知識を提供するWebサイト「アプリポ」を始め、複数のWebサイトを運営しています。