mineo(マイネオ)でメールアドレス(キャリアメール)は使える?対応している?のサムネイル画像

mineo(マイネオ)でメールアドレス(キャリアメール)は使える?対応している?

mineo(マイネオ)でメールアドレス(キャリアメール)は使える?

各事業者より次々にお得なプランが提供され、スマホ市場はますます活発になっています。

転出手数料も無料になり、乗り換えもしやすくなりましたね。

関西電力系の格安スマホmineoも2021年3月より「マイピタ」プランが登場し、他事業者からの乗り換えが増加しています。

そこで気になるのが、キャリアメールの引継ぎはできるのか?ということです。

キャリアメールを使っている人は少ないと言われていますが、今まで使っていたものが使えなくなるのは困りますよね。

今回の記事では、mineoで今まで使用していたメールアドレス(キャリアメール)は使うことができるのか?を解説しています。

mineoに乗り換えを検討している人は、参考にしてみてください。

mineo(マイネオ)でメールアドレス(キャリアメール)は使えません!

結論からいうと、mineoではキャリアメールを使うことはできません。

マイネオは電話機能付きで月額1,298円〜使える!【3ヶ月間月額330円に割引キャンペーン実施中】

マイネオの公式サイトを見る

キャリアメールとは?

「キャリア」とは自社で回線網を持っている事業者のことで、良く知られているのがドコモ、au、ソフトバンクで、最近では楽天モバイルが自社回線を持つようになり第4のキャリアとも呼ばれいます。

キャリアで提供されているドメイン(@より後ろの部分)を使ったメールアドレス「docomo.ne.jp「ezweb.ne.jp」「softbank.ne.jp」はキャリアメールと呼ばれ、その事業者に加入していれば自動で付与されるものです。

その他独自ドメインは、ワイモバイル(ymobile.ne.jp)、UQ mobile(uqmobile.jp)、楽天モバイル(rakuten.jp)、格安SIMではmineoとIIJmioで提供されています。

マイネオは電話機能付きで月額1,298円〜使える!【3ヶ月間月額330円に割引キャンペーン実施中】

マイネオの公式サイトを見る

キャリアメールは付与されたキャリアでしか使用できない

キャリアメールは付与されたキャリアでしか使用することができないので、乗り換えでキャリアが変われば引き継ぐことはできません。

このことが原因で乗り換えを躊躇しているユーザーも多く、総務省は各事業者にキャリアメールを持ち運びができるように要請をする方針ですが、実現するかどうかは現時点では不明です。

2021年~2022年夏ごろまでには実現させたいとの考えなので、今後の発表が注目されます。

マイネオは電話機能付きで月額1,298円〜使える!【3ヶ月間月額330円に割引キャンペーン実施中】

マイネオの公式サイトを見る

キャリアメールを使用できないことで、デメリットはある?

一昔前までは携帯電話の連絡手段といえばキャリアメールでしたが、現在はSMSやLINEメッセージでコミュニケーションを取ることがほとんどで、キャリアメールを利用している人はほとんどいません。

MMD研究所の調査によるとスマホ利用者で1日のキャリアメール利用回数は、0回と答えたユーザーは6割を超えています。

以前は「フリーメールより信頼性がある」「届きやすい」などのメリットや、キャリアメールしか登録不可とするサイトや金融機関がありましたが、現在はほぼ無いといっていいでしょう。

マイネオは電話機能付きで月額1,298円〜使える!【3ヶ月間月額330円に割引キャンペーン実施中】

マイネオの公式サイトを見る

mineo(マイネオ)のメールアドレスは@mineo.jp

mineoは独自ドメインをもっており、加入者には@mineo.jpのメールアドレスが1つ付与されます。

キャリアから登場したサブブランドahamo、povo、LINEMOでは提供はなく、mineoはキャリア以外で独自ドメインを持つ数少ない事業者です。

メールの保存容量は以下の通りで、無料で容量と保存期限を増やすこともできるのでキャリアメールを使っていた人はぜひ利用しましょう。

メールBOX容量と保存期限

  • 基本:200MB/受信日から60日間
  • 容量追加:5GB/無制限

※変更方法は、マイページ⇒ご契約サービスの変更⇒オプション変更⇒お申し込みオプション⇒メールボックス容量追加

マイネオは電話機能付きで月額1,298円〜使える!【3ヶ月間月額330円に割引キャンペーン実施中】

マイネオの公式サイトを見る

mineoメールとフリーメールではどちらが良い?

キャリアメールの代わりに使用するメールアドレスには、mineoメールの他にプロバイダーメール、フリーメールがあります。

プロバイダーメールを使う

ネットのプロバイダと契約すると、biglobe.ne.jpのようなプロバイダーメールアドレスが付与されます。

メール遅延がほとんどなく、キャリアメールのように信頼性は高いといわれていますがこちらも利用度は少なく、法人や個人事業主で利用されていることが多いアドレスです。

ほとんどのプロバイダは契約者に無料でアドレスを提供しているので、自宅に固定回線あある人はプロバイダーメールを利用しても良いでしょう。

フリーメールを使う

プロバイダやキャリア以外の業者でもメールアドレスを提供しており、簡単な登録でアドレスを取得できるのでフリーメールと呼ばれ、個人から法人まで幅広く利用されています。

以前はフリーメールは簡単に取得できるため「捨てアドレス」ともいわれ信頼性の低いものとして考えられていましたが、Googleが提供しているGmailやヤフーが提供しているYahoo!メールなどが広く使われるようになり、現在はフリーメール=あやしいという概念は薄くなってきているようです。

しかし未だセキュリティ面での心配は大きく、独自ドメインを利用する方が安全性は高いといえます。

mineoメールとの違いは?

プロバイダーメールやフリーメールは、今後スマホを他社に乗り換えてもメールアドレスを変える必要が無くずっと使い続けることができますが、mineoメールはmineoを解約した場合は使えなくなるためまた新たなアドレスを取得する必要があります。

また、プロバイダメールやフリーメールはPCメールに分類されるため迷惑メールと判断され相手に届きにくい可能性があります。

仕事で使用するアドレスはmineoメールを使いプライベートではフリーメールを使用するなど、相手やシチュエーションによって使い分ける方法もあるので、それぞれの特性を活かし自分の環境に合った使い方を見つけることが一番です。

マイネオは電話機能付きで月額1,298円〜使える!【3ヶ月間月額330円に割引キャンペーン実施中】

マイネオの公式サイトを見る

SMSはまだまだ活躍します

SMS(ショートメッセージサービス)はメールアドレスではなく電話番号でやり取りをするため、乗り換えをして事業者が変わっても気にせずに使い続けることができます。

相手先によっては、PCからのメールやキャリアメール以外は受け取らない設定にしている場合があり、フリーメールやmineoメールが届かないことも考えられますが、SMSを使って連絡を取れば引き続きコミュニケーションを続けられます。

SMSは届いたときに通知されるので開封率が高く、緊急性の高いやり取りに使われることもあり利用場面の多いメッセージツールです。

mineoでSMSを利用すると、受信は無料ですが送信には文字数によって3~33円の料金が発生します。

SMSは全角670文字、半角1,530文字までと文字数が限られているので、あまり長い文章は送ることができませんが用件を伝えるだけなら十分な文字数です。

マイネオは電話機能付きで月額1,298円〜使える!【3ヶ月間月額330円に割引キャンペーン実施中】

マイネオの公式サイトを見る

mineoではキャリアメール以外でもメールアドレスは使える

mineoでキャリアメールは使用することはできませんが、以下のアドレスを使ってコミュニケーションを取ることができるのでご安心ください。

  • mineoメール
  • プロバイダメール
  • フリーメール
  • SMS

現在キャリアメールが使えなくなっても、デメリットとなることはほとんどありません。

使い慣れていたアドレスが変更となると、周囲に連絡をする手間が発生したり一時的に連絡手段が途切れてしまうと心配な人もいるかもしれませんが、LINEやSMSなどの連絡手段もあります。

「キャリアメールが使えなくなるから乗り換えを躊躇している」という人は、使えなくなるデメリットより料金面のメリットを考え、生活スタイルに合った事業者を選びましょう!

マイネオは電話機能付きで月額1,298円〜使える!【3ヶ月間月額330円に割引キャンペーン実施中】

マイネオの公式サイトを見る

Follow

フォローして情報を受け取る