Google Pixel Fold(ピクセルフォールド)はデュアルSIMやeSIM複数回線利用に対応?のサムネイル画像

Google Pixel Fold(ピクセルフォールド)はデュアルSIMやeSIM複数回線利用に対応?

#Pixel&Android機種

広告当ページ内のリンクには広告が含まれています。

今お使いの回線速度を1クリックで計測!

Google初の折りたたみスマホ「Pixel Fold」

Google Pixelデバイスの新しい製品カテゴリーとして、Google初の折りたたみ型スマホ「Google Pixel Fold」が、携帯キャリア3社から2023年7月27日に発売開始されました。

画像引用元:Google Pixel Foldの公式ティザーサイト

この記事では以下のトピックについて解説します。

  • Google Pixel FoldはデュアルSIMに対応し2つのモバイル回線(電話番号)を同時利用可能
  • 物理SIMカード+eSIMを1回線ずつ設定することで2回線同時利用できるデュアルSIMに対応
  • Google Pixel Foldの物理SIMカードのサイズは最も小さいnano-SIM
  • Google Pixel Foldは2023年6月20日に予約受付開始、7月27日にGoogleストアやドコモ、au、ソフトバンクで発売開始

Google Pixel Foldが7月27日発売開始!
ドコモでPixel Foldを見る ソフトバンクでPixel Foldを見る auでPixel Foldを見る

Google Pixel FoldはデュアルSIMに対応

結論から言うとGoogle Pixel Foldは、

  • nano-SIM(物理SIMカード)1回線とeSIM1回線の合計2回線を組み合わせたデュアルSIM

に対応していて、2つのモバイル通信サービスを同時に利用することが可能です。

  • nano-SIMはマルチSIMカード(ユニバーサルSIMカード)と呼ばれる、切り出して使うタイプのSIMカードにも対応しており、一番小さいサイズに切り出すことで利用できます

デュアルSIMでモバイル回線プランをお得に安定して使える

デュアルSIMは複数のモバイル通信プランの回線を1つのスマホで利用できる機能です。

nanoSIMカードの写真

切り取ったラインモのSIMカードの写真

2回線のモバイル通信プランを1つのスマホに設定することで、

  • 片方の通信プランで通信障害や圏外になった場合の対策
  • 格安で大容量のデータ通信容量(ギガ)のプランを契約してメイン回線と組み合わせてお得に使う

といった効果があります。

Google Pixel Foldが7月27日発売開始!
ドコモでPixel Foldを見る ソフトバンクでPixel Foldを見る auでPixel Foldを見る

Google Pixel FoldはeSIMにも対応しSIMカード入れ替えが不要

Google Pixel FoldはeSIMにも対応しています。

eSIMに対応したpovoやLINEMO、ahamoなどのオンライン専用プランや各携帯キャリアプラン、eSIM対応の格安SIMサービスなどの回線を、SIMカードの出し入れ無しで利用することができスムーズです。

近年ではeSIMに対応する通信サービスが増えてきており、2回線目をeSIMで契約してサブ回線として使ったり、メイン回線をeSIMにする利用者が増えています。

Google Pixel Foldが7月27日発売開始!
ドコモでPixel Foldを見る ソフトバンクでPixel Foldを見る auでPixel Foldを見る

Google Pixel Foldの4G/5Gの対応バンドは?

4G(LTE): 対応バンド B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 14 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 25 / 26 / 28 / 29 / 30 / 32 / 38 / 39 / 40 / 41 / 42 / 46 / 48 / 66 / 71

5G Sub-6: 対応バンド n1 / 2 / 3 / 5 / 7 / 8 / 12 / 14 / 20 / 25 / 28 / 30 / 38 / 40 / 41 / 48 / 66 / 71 / 75 / 76 / 77 / 78 / 79

5G mmWave: 対応バンド n257 / n258 / n260 / n261

参考:<Googleストア>Google Pixel Foldの仕様のページ

Googleストアやドコモ、au、ソフトバンク等各窓口で日本国内版のGoogle Pixel Foldを購入した場合、対応する4G(LTE)や5Gのバンド(周波数帯)に違いはありません。

主にセット販売が行われるドコモ、auとソフトバンクのLTEや4G/5G通信において問題無く通信ができる対応バンドとなっています。

Google Pixel Foldが7月27日発売開始!
ドコモでPixel Foldを見る ソフトバンクでPixel Foldを見る auでPixel Foldを見る

Pixel Foldのスペックは?

Google初の折りたたみスマートフォンPixel Foldの主なスペックは以下となります。

  • カラー:ベージュ系のPorcelainと黒系のObsidianの2色の4色展開
  • 容量:256GB
  • サイズ:折りたたんだ状態で高さ 139.7 mm、幅 79.5 mm、厚さ 12.1 mm、広げた状態で高さ 139.7 mm、幅 158.7 mm、厚さ 5.8 mm
  • 重さ:283g
  • ディスプレイ:広げた状態のメインディスプレイは7.6インチで2,208px x 1,840px、外側ディスプレイは5.8インチで2,092px x 1,080px
  • プロセッサ:Google Tensor G2 Titan M2™ セキュリティ コプロセッサ
  • 顔認証と指紋認証:指紋認証と顔認証に対応
  • モバイル回線:5Gのミリ波とSub-6、4G(LTE)に対応
  • デュアルSIM機能:nano-SIMとeSIMを1回線ずつ合計2回線同時利用が可能

この記事の情報更新履歴

2023年7月30日:Google Pixel Foldの発売日情報を更新

本ページの情報は記事掲載日または最終更新日時点のものです。最新の情報は各サービス公式サイトにてご確認ください。

iPhone 15に関するアンケート調査

アンケート結果は投票数や割合データなど、個人を一切特定できない情報のみ弊社が運営するメディア事業で活用する場合があります点をご了承ください。画像引用元:Apple

回線スピードテスト投稿サイト「回線ちぇっく」

  • ボタン1つで今お使いの通信回線のスピードテストを計測して結果を投稿できる。
  • 他のユーザーが測定したスマホや光回線各社の測定結果も比較できて便利

回線ちぇっくにアクセス

最新のスマホ回線測定結果
ソフトバンク 【測定地域】 北海道
【Download速度】30.1Mbps
【Upload速度】31.6Mbps
【Ping】60.8ms
【Jitter】7.95ms
最新の光回線測定結果
ドコモ光 【測定地域】 埼玉県川口市
【Download速度】53.2Mbps
【Upload速度】6.56Mbps
【Ping】31.0ms
【Jitter】7.52ms

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPCを上手に活用した生活や仕事の実現に役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)

Profile

サイト運営者情報

「アプリポ」は「株式会社七変化」が運営を行っています。

「株式会社七変化」はスマホやPCを上手に活用した生活や仕事を行うのに役立つ様々なTipsや知識を提供するWebサイト「アプリポ」の運営やWebデザイン事業などIT分野の事業を行っています。

Author

この記事の著者

Keisuke Nagashima(7henge, inc.)

東京都内の大学を卒業後、東京・渋谷の複数のIT系企業で働いた後に、2015年7月にフリーランスのWebデザイナーとして独立し、2021年8月に法人化し「株式会社七変化」を設立。企業のホームページ等を制作するWebデザイナーとして活動しつつ、スマホやPCを上手に活用した生活や仕事を行うのに役立つ様々なTipsや知識を提供するWebサイト「アプリポ」を始め、複数のWebサイトを運営しています。

Google Pixel 7aをキャンペーン販売!