グーグルピクセル(Google Pixel)が人気ないのは過去の話?のサムネイル画像

グーグルピクセル(Google Pixel)が人気ないのは過去の話?

#Pixel&Android機種

グーグルピクセル(Google Pixel)の人気度は上がった?

Google Pixelは2016年よりGoogleが開発に関わるスマートフォンとして発売されているAndroidスマホのシリーズ名です。

Google Pixel 6aとPixel 7の写真

2022年にはGoogle Pixel 6a、Google Pixel 7、Google Pixel 7 Proの3機種が価格帯別に発売され、そのコストパフォーマンスに注目が高まっています。

当記事では以下のトピックについて解説します。

  • Google Pixelの人気度は2022年に入ってから国内で急上昇し海外でも年々人気が高まっている
  • Googleが関わる前身のNexusスマホはAndroidのレファレンス機(標準仕様の見本)の立ち位置だった
  • 国内では携帯キャリアでの大幅割引も活発で格安でGoogle Pixelを購入できる環境も後押し

auとソフトバンクでGoogle Pixel端末を販売中!
auオンラインショップでの購入でPixel端末が最大22,000円割引!auオンラインショップを見る※他社から乗り換えの場合ソフトバンクオンラインショップでの購入でPixel端末が最大21,600円割引!ソフトバンクオンラインショップを見る※他社から乗り換えの場合

グーグルピクセルの人気度と注目度は国内では2022年に急拡大

2022年は日本国内では急速に進んだ円安/ドル高が話題になりました。

2022年7月発売のGoogle Pixel 7や10月発売のGoogle Pixel 7、Pixel 7 Proはアメリカでの販売価格と日本での販売価格を比較すると1ドル120円台のレートで国内販売されました。

Google Pixel 7の写真

このことから、Googleが日本国内をPixel端末を安売りしてでも重視したい重点市場と考えていることがわかります。

参考:<アスキー>グーグル「Pixel 7/7 Pro」円安無視の価格設定と下取り強化、他社と友好関係を維持できるか

Google Pixelは

  • コストパフォーマンスの高さ
  • Googleが端末とAndroidそれぞれの開発に携わるというブランド面でのわかりやすさ
  • 端末とOSを深く連携することで実現したAIや画像・音声処理の新機能が使える高性能なGoogle Tensorチップ(2021年秋以降)

などが評価され、販売ランキングの上位やキャリア店舗で目立つ位置に展示や看板が掲示されることが従来より増えています。

auとソフトバンクでGoogle Pixel端末を販売中!
auオンラインショップでの購入でPixel端末が最大22,000円割引!auオンラインショップを見る※他社から乗り換えの場合ソフトバンクオンラインショップでの購入でPixel端末が最大21,600円割引!ソフトバンクオンラインショップを見る※他社から乗り換えの場合

ヨドバシカメラや価格.comのランキング指標でも上位に

大手家電量販店のヨドバシカメラとヨドバシ・ドット・コムが集計したスマートフォンの機種別人気ランキングでは、100位の中にGoogle Pixel 7が6件、Google Pixel 6aが2件ランクインしていました。(2022年12月21日現在)

<ヨドバシ>スマートフォン ランキング

都市部の中心街に巨大店舗を構えるヨドバシカメラは、携帯キャリアショップや全国展開する家電量販店と比べるとデジタル好きやITリテラシーが高いユーザーの比率が高いためか、よりスペック重視のユーザーに好まれるGoogle Pixel 7が売れている傾向にあります。

Google Pixel 6aとPixel 7の写真

製品の価格やレビューを比較・投稿できるサービスとして有名な価格.comのスマートフォンの人気度・注目度ランキングのページでは、2022年12月現在Google Pixel 7へのアクセス数が3位、Google Pixel 6aは2位とGoogle製スマートフォンの人気が上位となっています。

  1. AQUOS sense7
  2. Google Pixel 6a
  3. Googel Pixel 7
  4. Xperia 10 Ⅳ
  5. iPhone SE(第3世代)

価格.comの集計のため、定価での販売が原則で価格比較ニーズの低いiPhoneは実際の人気よりも低く表示される傾向にありそうです。

<価格.com>スマートフォン・格安スマホ 人気・注目ランキング

価格.comのスマートフォン人気・注目ランキングは、製品ページへのアクセス数(価格比較、レビュー、クチコミ、スペック等、ページ毎)を製品ページにアクセスする前に閲覧されたページによって乗算されるウェイト(重み付け)に応じて集計し、人気度と注目度の順位を決定しています。

auとソフトバンクでGoogle Pixel端末を販売中!
auオンラインショップでの購入でPixel端末が最大22,000円割引!auオンラインショップを見る※他社から乗り換えの場合ソフトバンクオンラインショップでの購入でPixel端末が最大21,600円割引!ソフトバンクオンラインショップを見る※他社から乗り換えの場合

Googleトレンドでもグーグルピクセルの検索注目度グラフが上昇

Google検索やサービス上でのキーワードとしての人気度をグラフ化して公開しているGoogleトレンドでは、グーグルピクセルというブランド名全体の人気度が2022年7月のGoogle Pixel 6a発売以降右肩上がりに上昇しています。

グーグルピクセルのGoogleトレンドの推移画像

画像引用元:<Googleトレンド>グーグルピクセルの検索人気度グラフ

2022年6月以前の最大注目度を50とした場合に2022年秋冬の注目度が100程度を指していて、2022年後半になってから急激に注目度が上がっていることがわかります。

auとソフトバンクでGoogle Pixel端末を販売中!
auオンラインショップでの購入でPixel端末が最大22,000円割引!auオンラインショップを見る※他社から乗り換えの場合ソフトバンクオンラインショップでの購入でPixel端末が最大21,600円割引!ソフトバンクオンラインショップを見る※他社から乗り換えの場合

Google Pixelブランドの人気が高い日本国内

MMDが2022年10月に発表した国別にスマートフォンOSやメーカーの人気度を集計した調査によると、Android端末をメインスマホとして利用しているユーザーが使っているスマホのメーカーの5位にGoogleが入っています。

  1. SHARP
  2. SONY
  3. Samsung
  4. OPPO
  5. Google

<ITMedia>日本と中国のメインスマホ、iPhoneよりAndroidが多く 米国はその逆――MMDの調査

日本以外でもグーグルピクセルはアメリカなど先進国を中心に人気を獲得しています。

Pixel 6好調のグーグル、北米3位のプレミアム端末メーカーに

auとソフトバンクでGoogle Pixel端末を販売中!
auオンラインショップでの購入でPixel端末が最大22,000円割引!auオンラインショップを見る※他社から乗り換えの場合ソフトバンクオンラインショップでの購入でPixel端末が最大21,600円割引!ソフトバンクオンラインショップを見る※他社から乗り換えの場合

従来のリファレンス機的な位置づけから脱皮を図る

2016年以前はNexusという名称でGoogleが有名メーカー各社と共同開発する形でAndroidスマホを発売していましたが、2016年よりGoogle Pixelにリニューアルされました。

Nexus時代はAndroidの標準仕様の見本となるリファレンス機のような位置づけで、ハイエンドスマホ市場で大きな存在感があるわけではありませんでした。

2021年秋発売のGoogle Pixel 6/6 Proからは独自プロセッサ(Google Tensor)を搭載し高性能を追求しています。

Google Pixel端末は2022年に3機種が発売されました。

<iPhone Mania>Google Pixel 7シリーズで2023年の出荷台数2倍を目指す

また、Google Pixelブランドの初のスマートウォッチであるGoogle Pixel Watchも発売され、Googleは自社のOSやサービスを搭載したデジタルデバイスの開発と普及を強化しています。

Googleは検索エンジンやYouTube、最も有名なブラウザのChrome、スマホOSのAndroidや仕事向けのSpreadsheetやDocumentなどのクラウドツールなどのオンライン上のサービス事業が中心ですが、

今後はスマホやスマートウォッチ市場にも積極的に手を伸ばし、サービス事業との相乗効果を狙うものと思われます。

auとソフトバンクでGoogle Pixel端末を販売中!
auオンラインショップでの購入でPixel端末が最大22,000円割引!auオンラインショップを見る※他社から乗り換えの場合ソフトバンクオンラインショップでの購入でPixel端末が最大21,600円割引!ソフトバンクオンラインショップを見る※他社から乗り換えの場合

グーグルピクセルは国内携帯キャリアも積極的に販売・展示

近年はauとソフトバンクの携帯キャリアショップや家電量販店内のカウンターでも、iPhoneのように目立つ位置に広告看板や操作お試し用のGoogle Pixel端末が陳列されていることを見かけることが増えました。

東京都内の大型家電量販店内にはGoogle Pixelの販売コーナーが目立つ位置にありました。

家電量販店内の目立つGoogle Pixelのコーナー

家電量販店内の目立つGoogle Pixelの掲示

首都圏の家電量販店内のauショップでも、Google Pixel 6aがの乗り換えで実質1円&ポイント還元、Google Pixel 7も乗り換えが実質1円と白熱した割引が行われていました。

auショップ内の目立つGoogle Pixelの掲示

町中のソフトバンクの店舗においても、Google Pixel 6 Proを若者世代向けに驚異的な割引を提示してPRを行っています。

ソフトバンクの店舗内の目立つGoogle Pixelの掲示

  • 同じauやソフトバンクであっても、割引条件や金額やキャッシュバックは各店舗ごとに内容が異なります。

従来のデジタル好きでITリテラシーが高いユーザーだけでなく、携帯キャリアショップで案内を聞きながら購入を決める幅広いユーザーにもGoogle Pixelブランドの認知が広がり出しています。

auとソフトバンクでGoogle Pixel端末を販売中!
auオンラインショップでの購入でPixel端末が最大22,000円割引!auオンラインショップを見る※他社から乗り換えの場合ソフトバンクオンラインショップでの購入でPixel端末が最大21,600円割引!ソフトバンクオンラインショップを見る※他社から乗り換えの場合

本ページの情報は記事掲載日または最終更新日時点のものです。最新の情報は各サービス公式サイトにてご確認ください。

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPCを上手に活用した生活や仕事の実現に役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)

Profile

サイト運営者情報

「アプリポ」は「株式会社七変化」が運営を行っています。

「株式会社七変化」はスマホやPCを上手に活用した生活や仕事を行うのに役立つ様々なTipsや知識を提供するWebサイト「アプリポ」の運営やWebデザイン事業などIT分野の事業を行っています。

Author

この記事の著者

Keisuke Nagashima(7henge, inc.)

東京都内の大学を卒業後、東京・渋谷の複数のIT系企業で働いた後に、2015年7月にフリーランスのWebデザイナーとして独立し、2021年8月に法人化し「株式会社七変化」を設立。企業のホームページ等を制作するWebデザイナーとして活動しつつ、スマホやPCを上手に活用した生活や仕事を行うのに役立つ様々なTipsや知識を提供するWebサイト「アプリポ」を始め、複数のWebサイトを運営しています。

auとソフトバンクでPixel 7やPixel 6aを発売中!