LINEMO
povo(ポヴォ)でフィルタリングサービス(安心フィルター)は無料?有料になる?のサムネイル画像

povo(ポヴォ)でフィルタリングサービス(安心フィルター)は無料?有料になる?

povo2.0(ポヴォ)でフィルタリングサービスは有料?無料?

auの格安新プラン「povo2.0(ポヴォ)」の提供が開始されています。

povo2.0は13歳以上から契約が可能ですが、安心フィルターなどのフィルタリングサービスは無料で使えるのかどうか気になる人も多いでしょう。

この記事では、povo2.0(ポヴォ)でフィルタリングサービスを無料で利用できるか解説します。

povo2.0では安心フィルターを無料で利用できる!

結論ですが、povo2.0ではフィルタリングサービスを無料で利用できます

「青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律」により、未成年は原則としてフィルタリングサービスの加入&設定が必要です。

povo2.0では申込時に利用者が未成年の場合、「未成年WEBフィルター」が自動で適用されます。

また、解除の際はアプリやチャットでの手続きとなります。

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povoの公式サイト

LINEMO

povo2.0のフィルタリングサービスは2種類ある

povo2.0には、「あんしんフィルター for au」と「未成年WEBフィルター」の2種類が用意されています。

あんしんフィルター for auは、利用者の年齢や用途によってフィルタリングの強度などを設定できます。

利用時間帯の設定も可能なので、お子さまのスマホの使いすぎを防ぐことができるのが特徴です。

未成年WEBフィルターは、違法・不法情報、出会いやアダルト、セキュリティに問題があるサイトの利用を制限します。

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povoの公式サイト

LINEMO

auのフィルタリングサービスとの違いは?

auのフィルタリングサービスとして提供されているものは以下の通りです。

  • あんしんフィルター for au
  • 未成年WEBフィルター
  • 安心アクセスサービス

安心アクセスサービスは2022年3月に終了予定なので、今後auのフィルタリングサービスはpovo2.0と同じラインナップになります。

安心アクセスサービスを利用中で、今後引き続きフィルタリングサービスを利用したい人は「あんしんフィルター for au」を使うことになります。

また、スマートフォンの機種によって以下のフィルタリングサービスも利用可能です。

  • スクリーンタイム(iOS12以降のiPhone)
  • ファミリーリンク(Android)

スクリーンタイムは、iPhoneの利用時間を細かく管理したり確認したりできる機能です。

ファミリーリンクはGoogleが提供するサービスで、利用時間・アプリの利用の制限や、不適切なサイトの閲覧を制限することが可能です。

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povoの公式サイト

LINEMO

3GBで月額990円!ソフトバンクのLINEMOもおすすめ!【PR】

  • LINEMOミニプランも登場!なんと3GBで月額990円(税込)!
  • 20GBのスマホプランなら10,000円相当あげちゃう!
    ※ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外となります。
  • LINEMOはLINEアプリの通話やメッセージが通信量にカウントされないからオトク!

LINEMO公式サイトを見る

LINEMO

ahamoは20GBの大容量なのにリーズナブル!【PR】

  • 回線品質はドコモと同じ!
  • 月額2,970円(税込)で月間20GBまで使えて安心!※機種代金別途
  • さらに1回5分間までの電話が何度でも無料!※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料金がかかります。
  • ahamo(アハモ)は82の国と地域で20GBまで利用できる!
    ※ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。※ahamoでは、キャリアメールなど一部ご利用できないサービスがあります。

ahamoの公式サイトを見る

Follow

フォローして情報を受け取る

Featured

注目の記事