3GBで月額990円!ソフトバンクのLINEMOもおすすめ!【PR】

  • LINEMOミニプランも登場!なんと3GBで月額990円(税込)!
  • 20GBのスマホプランなら10,000円相当あげちゃう!
    ※ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外となります。
  • LINEMOはLINEアプリの通話やメッセージが通信量にカウントされないからオトク!

LINEMO公式サイトを見る

povo(ポヴォ)で20GB(ギガ)もいらない場合の選択肢はある?のサムネイル画像

povo(ポヴォ)で20GB(ギガ)もいらない場合の選択肢はある?

povo(ポヴォ)で20GB(ギガ)も本当に必要?

KDDI(au)は、2021年3月からオンライン専用料金プラン「povo(ポヴォ)」の提供をスタートしました。

povo(ポヴォ)は、月間テータ通信容量が20GBと大容量でありながら、月額料金が2,728円(税込)に抑えられています。

先行していたNTTドコモのahamoより安い、大手携帯電話会社としては画期的なお得なプランとなっています。

ですが、月間20GBも本当にデータ通信容量が必要なのか…もっと安いサービスは無いのか?気になる方も多いと思います。

当記事では、povo(ポヴォ)でデータ通信容量が20GB(ギガ)も必要なのか?いらないのか?解説します。

povo 2.0にアップデートで月間3GBの格安プランも登場!

povoは2021年9月に、povo 2.0へとアップデートされることが発表され、povo 2.0は202年9月下旬に提供が開始される予定です。

povo 2.0は基本料金0円の画期的な料金プランで、必要なデータ通信量を都度データトッピングから購入して使う新感覚のプランです。

povo 2.0のトッピングの中には、待望の30日間で3GB、990円(税込)のデータトッピングも用意されており、格安でau回線のpovo 2.0の通信サービスを持つことができます。

povo 2.0のデータトッピングは複数のギガ量と有効期限のものが用意されており、20GBもいらない方でも使いやすく、利用者の用途に合わせて柔軟にカスタマイズすることが可能です。

2021年9月下旬にpovo2.0で大幅進化して提供開始予定!

povo公式サイトを見る

20GB(ギガ)以上もいらない場合におすすめの格安SIM

自分の使っているデータ通信量が、月間20GBを大きく下回っており、正直20GBもデータ通信容量は要らない…その分携帯代を安くしたい…と思っている方におすすめなのは、MVNOと呼ばれる格安SIMサービスです。

MVNOはNTTドコモやau、ソフトバンクなど大手携帯電話会社の回線を利用して展開している別企業のサービスで、サービスエリアは各回線提供元と変わらず、地方や郊外でも圏外になることがほとんどないです。

MVNOの中でもコストと品質のバランスが優れた以下の会社のサービスとpovoを比較してみます。

  • Mineo
  • IIJmio(みおふぉん)
  • OCNモバイルONE
  • BIGLOBEモバイル

プランのデータ容量1GB前後の場合の料金比較

povoと4社のMVNOを、音声通話機能付きSIMでデータ容量1GB前後の場合の料金を比較してみました。

データ通信容量1GB前後の極小容量のプランの場合、OCNモバイルONEやIIJmioが格安となり、povoの1/3程度の料金となっています。

プランのデータ容量5GB前後の場合の料金比較

povoと4社のMVNOを、音声通話機能付きSIMでデータ容量5GB前後の場合の料金を比較してみました。

データ通信容量5GB前後の小容量のプランの場合、IIJmioの4GBプランが格安で、povoの1/2程度の料金となっています。

プランのデータ容量10GB前後の場合の料金比較

povoと4社のMVNOを、音声通話機能付きSIMでデータ容量10GB前後の場合の料金を比較してみました。

データ通信容量10GB前後の中容量のプランの場合、OCNモバイルONEやIIJmioが格安で、povoより1,000円近く安いです。

プランのデータ容量20GB前後の場合の料金比較

povoと4社のMVNOを、音声通話機能付きSIMでデータ容量20GB前後の場合の料金を比較してみました。

データ通信容量20GB前後の大容量のプランの場合、マイピタやIIJmioがpovoより数百円以上低価格です。

このように、格安SIMサービス(MVNO)は、povoよりも大幅に低価格な料金で電話機能付きの携帯電話回線を利用することが可能です。

2021年9月下旬にpovo2.0で大幅進化して提供開始予定!

povo公式サイトを見る

毎月必要なデータ通信容量を確認して把握するには?

毎月必要になるデータ通信容量を把握するためには、すでに現在利用しているスマホ回線での、通信費の消費量の確認が第一です。

各携帯電話会社のページにて、データ通信量(使用量)を確認する手順が解説されています。

NTTドコモのデータ通信量を確認する方法の解説ページ

auのデータ通信量を確認する方法の解説ページ

SoftBankのデータ通信量を確認する方法の解説ページ

iPhoneでモバイルデータ通信量(使用量)の詳細を確認するには?

iPhoneをお使いの場合、設定アプリ > モバイル通信 > モバイルデータ通信の現在までの合計

の箇所を確認することで、現在までの合計と各アプリ別のデータ通信量を確認できます。

しかし、特に設定をしていない限り累積のデータ通信量が表示されるため、月の初めなどに、ページ最下部で「統計情報をリセット」してカウントをゼロにして、月末あたりでリセットしてデータ使用量を把握するのがおすすめです。

2021年9月下旬にpovo2.0で大幅進化して提供開始予定!

povo公式サイトを見る

3GBで月額990円!ソフトバンクのLINEMOもおすすめ!【PR】

  • LINEMOミニプランも登場!なんと3GBで月額990円(税込)!
  • 20GBのスマホプランなら10,000円相当あげちゃう!
    ※ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外となります。
  • LINEMOはLINEアプリの通話やメッセージが通信量にカウントされないからオトク!

LINEMO公式サイトを見る

Follow

フォローして情報を受け取る

Featured

注目の記事