auショップでpovo(ポヴォ)について相談はできる?店頭&店舗で契約できる?

povo(ポヴォ)はauショップで相談・契約できる?

au(KDDI)は、オンライン専用新料金プラン「povo(ポヴォ)」の提供を2021年3月に開始しました。

20GBの月間データ通信容量で、月額2,728円(税込)で利用できるという、先行して発表されていたNTTドコモの「ahamo」よりも低価格な、20GBの大容量プランとなっています。

当記事では、povo(ポヴォ)はauショップの店頭・店舗で相談・契約ができるのか?サポートを受けることはできるのか?解説します。

povo(ポヴォ)はauショップで契約できない!店舗でのサポートは不可

結論から言うと、povo(ポヴォ)は店舗でのサポートをカットした、新しいタイプのオンライン専用プランとなるため、auショップなどの店頭で契約や対面でのサポートを受けることはできません。

auショップを訪れても、店頭で契約手続きを申し込むことはできません。

また、契約後も対面でのスマホの使い方のサポートなどには対応していない、新しいタイプのオンライン専用プランとなります。

どちらかというと対面でのサポートなしに契約や利用がスムーズにできるデジタルに強い人、デジタルネイティブな若い世代にターゲットを絞り、その分コストを削って提供サービスをシンプルにしたプランと言えます。

povoは月額2,728円(税込)で月間20GBのデータ通信容量でオトク!

auのpovo公式サイト

povo(ポヴォ)のサポートはオンライン限定!

povoのサポート体制は、オンラインのみとなり、専用サイト等でのチャットサポートのみが通常提供されます。

店頭や電話でのサポートは不可となっており、auショップやauお客様センターでの対応はカットされています。

プランへのオプションの追加や支払状況の確認、解約などは、専用サイトなどのオンライン窓口で自分で実行することになります。

一般的な携帯電話会社のプランでは対応していた、電話でのサポートは、povoでは省かれています。

povo(ポヴォ)でauショップや電話でのサポートがカットされている理由は?

povoは、低コストでのサービス提供を目指し、

  • 高コストなauショップや店頭での対面・書面での契約
  • 高コストな店頭でのスマホの使い方などの長時間に及ぶサポート
  • コールセンターなどが必要となる電話サポート

といった、今までサービスの提供にコストが掛かっていた部分をごっそりと削ることで、

従来のauの料金プランより大幅に安い料金を実現しました。

そのため、一部の中高年世代などデジタルにあまり慣れていないユーザーにとっては、店頭でのサポートが無いので、povoの利用のハードルが高いです。

povoは月額2,728円(税込)で月間20GBのデータ通信容量でオトク!

auのpovo公式サイト

アハモは月間データ容量20GBで月額2,970円!回線品質はドコモと同じ

  • NTTドコモのオンライン専用新プラン!アハモの回線品質はドコモと同じ!
  • 5分間までの電話は何回でも無料!
  • 月間データ容量はたっぷり20GB!

アハモの公式サイト

Follow

フォローして情報を受け取る