povoにブラックリストの仕組みはある?のサムネイル画像

povoにブラックリストの仕組みはある?

#povo

広告当ページには事業者からのアフィリエイト成果報酬型の広告が含まれています。

povo2.0で現在開催中のキャンペーン

  • 12/31まで!povoへ新規契約&他社から乗換でpovo2.0のお試しトッピングが実質無料キャンペーンキャンペーンが月間ギガ3GB→6GBに増量中
  • 12/15開始!他社からpovoへ乗換+対象トッピング購入でau Pay残高を最大10,000円相当還元キャンペーン中!

基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

povoにも携帯ブラックリストの仕組みがあるのか?

povoは基本プラン料金月額0円〜利用でき、生活スタイルに合わせてトッピングを組み合わせて使う、KDDIが提供する新しいタイプの料金プランです。

この記事では、以下のトピックについて解説します。

  • povoはKDDIの契約審査ブラックリストの仕組みを利用している可能性があり、携帯料金の滞納歴や複数回の短期解約履歴がある場合は審査に通らないことがある
  • auやUQモバイル、povoや他社大手携帯キャリアで料金滞納や短期解約を繰り返したユーザーはLINEMOでも契約審査を通過できない場合がある
  • povoに端末セット割引や最低契約期間は無いので、一度短期解約しただけで即座にブラックリストに入る可能性は低い

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

povoはKDDIの顧客情報やブラックリストを利用?

povoはKDDIが直接提供する通信回線サービスです。

KDDIが提供する通信回線サービスは以下の3ブランドです。

  • au(全国に店舗を展開するメインブランド)
  • UQモバイル(全国に店舗を展開する格安サブブランド)
  • povo(2021年3月サービス開始・LINEと提携して実現したオンライン申込限定通信サービス)

povoを含む上記3ブランドは、KDDI共通のブラックリストの記録(過去の支払い滞納歴や繰り返しの短期解約の履歴等)を契約審査の際に利用している可能性が高いです。

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

povoは大手キャリアが提供するサービスで審査はやや厳しめ

また、povoは独立系の格安SIMではなく大手キャリアのKDDIが直接提供する通信サービスです。

そのため、契約審査時に大手4キャリア(KDDI、ソフトバンク、ドコモ、楽天モバイル)共有の顧客やブラックリスト情報を参照している可能性もあります。

過去にKDDIの通信サービス(auやUQモバイル等)や他社キャリアで、携帯料金の滞納歴や複数回の短期解約履歴がある場合は、povoの契約審査を通過しない可能性があります。

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

povoに最低契約期間は無いが短期解約は注意が必要

povoはKDDIが提供する通信サービスであるため、連続して何度も短期解約を行った場合にKDDIのブラックリストにあなたの情報が入ってしまい、以降KDDIの通信サービス(povo、au、UQモバイル)の契約が難しくなってしまう可能性があります。

しかし、povoでは最低契約期間や契約期間の縛りを設けておらず、例えばpovoを一度だけ短期解約した場合に即座にブラックリストに入ってしまうような可能性は低いと言えます。

しかし、何度もpovoの契約の短期解約を繰り返したり、大量のpovo回線を契約後に短期間に大量に解約する等の行動をした場合は、利用用途が疑わしいものと判断されることでブラックリストに入ってしまう可能性があります。

6ヶ月を超える利用後にpovoを解約やMNP転出した場合は安全性が高い

povoの解約や他通信サービスへのMNP転出を行う際に、一般的にブラックリストに入らないと言われている利用期間としては約6ヶ月(約180日程度)を超えた利用期間と言われています。

6ヶ月を超えた継続利用をしている場合は、一般的に携帯電話業界では短期解約としては扱われない可能性が高いです。

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

一度ブラックリストに入るとKDDI系の回線の再契約が難しくなる

一度KDDIのブラックリストに入ってしまった場合、KDDIが提供している

  • au
  • UQモバイル
  • povo

といった通信サービスの再契約は非常に難しくなり、申し込んでも審査落ちとなってしまう場合が多くなります。

その後ずっとKDDI系の回線の契約ができなくなることが確実というわけではなく、数年経過後やKDDIの基準や方針の変更によって再契約ができるようになる可能性はあります。

  • ブラックリストに入ったことがわかる方法はありませんが、auやUQモバイル、povoの申込時に審査落ちとなってしまった場合はブラックリストを疑う必要があります。

ソフトバンクやドコモ、楽天モバイルで契約できる場合はある

KDDIのブラックリストに入ってしまった場合、

  • 携帯料金の滞納(支払い期日を超えた未払い)が残っている場合
  • スマホ端末の分割払い(ローン)の滞納による信用情報機関への滞納情報登録

などが無い場合は、他社へのブラックリスト情報の共有はされません。

ソフトバンクやドコモ、楽天モバイルといった他社携帯電話や格安SIMサービスを契約することは可能な場合が多いです。

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

povoはスマホ端末販売が無いのでブラックリスト入りのリスクが低い

povoでは今の所スマホ端末のセット販売は提供されていません。

格安SIMや大手携帯電話会社では、乗り換えを促すキャンペーンとしてスマホ端末を超低価格で販売したり、大幅な割引やキャッシュバックを行っていることが多いです。

そのような通信サービスは短期解約を行ったユーザーに対して、「転売やスマホ端末だけを安く手に入れる目的で契約したのでは?」という視線を向けており、短期解約ユーザーをブラックリストに入れることで転売の対策としている場合が多いです。

しかし、povoでは端末のセット販売が無いので、そのような理由でブラックリストに入る恐れはありません。

短期での利用の場合はプリペイド型のSIMもおすすめ

普段は海外に居住・滞在している場合などで、元々短期間のスマホ回線の利用を行いたい場合は、プリペイド形式のSIMの利用もおすすめです。

Lyprimoはチャージし続けることで一定以上の長期間プリペイドSIMを利用することも可能な、音声通話(電話番号)の付いたプリペイド携帯サービスです。

SIMカードのみの購入や端末セットの販売もあります。

プリペイドSIMのLyprimo(リプリモ)のサイトを見る

povoの審査に落ちてしまった方におすすめの格安SIMサービス

また、自分が携帯各社のブラックリストに入ってしまっている場合や、金融ブラックになってしまっている場合におすすめの通信サービスがあります。

ポケットモバイルという格安SIMであれば、審査不要で本人名義の携帯を持つことが可能です。

一般的に、信用問題で審査に落ちてしまう方は、本人名義ではなくレンタルで契約し、月額料金も高くなってしまう方が多いです。

そのため、本人名義の携帯を持てて、しかも料金も安いポケットモバイルは魅力的な点が多いといえます。

ポケットモバイルのサイトを見る

povoの審査に落ちる理由を解説

povoの審査に落ちる理由について解説します。

主な理由としては以下の通りです。

  • 信用に関する問題
  • 本人確認書類の不備

では、一つずつ解説していきます。

信用に関する問題

審査に落ちる理由1つ目は、信用に関する問題です。

KDDIが明確な基準を出しているわけではありませんが、以下のように通信料金を毎月ちゃんと支払うことができる信用が少ないと判断された場合、審査が降りない場合があります。

  • 料金の未納、滞納履歴
  • 督促状無視による強制解約
  • ブラックリストに記載されている

KDDIの場合、最後の支払いから2ヶ月料金を支払わない場合は強制解約となる場合が多いようです。

もし強制解約されてしまうと、個人信用情報のブラックリストに加えられてしまい、他の携帯会社にも契約しづらくなってしまいます。

また、これはKDDIの通信サービスに限らず、別の携帯会社で強制解約されたとしてもKDDIには契約しづらくなるので、もし滞納している料金がある場合はすぐに支払うようにしましょう。

本人確認書類の不備

審査に落ちる理由2つ目は、本人確認書類の不備です。

povoを契約する際は、契約者情報を記入し、運転免許証などの本人確認書類を提出する必要があります。

その際に、いくつかの理由で確認がうまくできず審査に落ちてしまう可能性があります。

本人確認書類の不備が理由で審査に落ちる理由としては、以下の理由が考えられます。

  • 写真がぶれているなどで、文字が確認できない
  • 契約書情報の誤入力
  • 背景の色が本人確認書類の色と同じ

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

本ページの情報は記事掲載日または最終更新日時点のものです。最新の情報は各サービス公式サイトにてご確認ください。

povo2.0で現在開催中のキャンペーン

  • 12/31まで!povoへ新規契約&他社から乗換でpovo2.0のお試しトッピングが実質無料キャンペーンキャンペーンが月間ギガ3GB→6GBに増量中
  • 12/15開始!他社からpovoへ乗換+対象トッピング購入でau Pay残高を最大10,000円相当還元キャンペーン中!

基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

povo 2.0の平均データ:97件の投稿データを見る
【Download速度】68Mbps
【Upload速度】39Mbps
【Ping】41ms
【Jitter】43ms

Guide

povoガイド

キャンペーンやお得情報
povoのキャンペーンまとめ
povo & LINEMO & ahamo プラン比較
プラン人気度比較 | 開催キャンペーン比較
契約に関すること
店舗で契約できる? | 最低利用期間は?
サービス内容に関すること
通信回線でプラチナバンドは? | 通話品質 | LINEは使える? | スマホ端末セットはある? | メールアドレスは? | iPhone対応機種は?

Profile

この記事の執筆者

アプリポ編集部

アプリポ編集部では、スマホやアプリ、ネット回線/VPN等のオンラインツールを上手に活用するためのTipsを提供するコンテンツ制作を行っています。ネット回線速度の投稿型サイト「回線ちぇっく」を開発・運営や、LINEMOやpovo等の格安SIM回線各社やVPN等のサービスを実際に契約し、随時記事コンテンツをアップデートし続けています。

郵送で届いたラインモのミニプランのSIMカードと案内 povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像 ahamoのSIMカード一式の画像

Company

サイト運営会社概要

株式会社七変化のコーポレートロゴ

「株式会社七変化」はスマホやPCの使い方やモバイル回線に関する解説コンテンツを提供するWebサイト「アプリポ」の運営、ネット回線速度の測定&ユーザー投稿型サイト「回線ちぇっく」の運営、Web制作事業などの事業を行っています。

会社名 株式会社七変化(7henge, inc.)会社概要
代表取締役 長島圭佑(Keisuke Nagashima)
会社設立 2021年8月10日
事業内容 Webメディア運営/Webサービス開発&運営、Webサイトの制作&開発やマーケティング支援等
本店事務所所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階
資本金 100万円
株主 発行株式の100%を代表取締役が保有

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPC、ネット回線を上手に活用するために役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)

\povoは月額基本料0円/
povo公式アプリで申込>