povo(ポヴォ)でキャリアメールを使う方法は?使うには&使いたいのサムネイル画像

povo(ポヴォ)でキャリアメールを使う方法は?使うには&使いたい

#povo

広告当ページには事業者からのアフィリエイト成果報酬型の広告が含まれています。

povo2.0で現在開催中のキャンペーン

  • 12/31まで!povoへ新規契約&他社から乗換でpovo2.0のお試しトッピングが実質無料キャンペーンキャンペーンが月間ギガ3GB→6GBに増量中
  • 12/15開始!他社からpovoへ乗換+対象トッピング購入でau Pay残高を最大10,000円相当還元キャンペーン中!

基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

povo(ポヴォ)でもキャリアメールが使えるようになった?

KDDI(au)は、オールトッピング方式の新しい通信ブランド「povo」を提供していますが、キャリアメールの提供は省略されています。

povoは、月額基本料金が0円で、ギガ活でデータ通信容量がもらえたり、オールトッピング方式が特長の、大手携帯会社のプランとしては非常に画期的なプランです。

そのため、povoが2021年12月に提供がスタートした「キャリアメール持ち運び制度」の対象に含まれるのか?気になる方も多いと思います。

当記事では、以下のトピックについて解説します。

  • povoでは有料のキャリアメール持ち運びサービスが利用可能

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

携帯大手でキャリアメール持ち運びサービスが相次いでスタート

キャリアメールアドレス持ち運びサービスは、

  • NTTドコモでは2021年12月16日から提供開始。
  • auでは2021年12月20日から提供開始。
  • ソフトバンクでは2021年12月20日から提供開始

と、携帯大手3社で相次いで提供をスタートしました。

これにより、月額や年額で有料のキャリアメール維持費を乗り換え元の携帯会社に支払い続けることで、povoに移行した後も元の携帯電話会社のキャリアメールを利用し続けることができるようになりました。

あくまで元の携帯電話会社のキャリアメールを継続使用できるサービスとなり、povo自体にキャリアメールの提供がある訳ではありません。

これらのサービスによって、

  • ドコモからpovoに乗り換え(MNP)しても、ドコモのキャリアメールを引き続き使い続ける
  • auからpovoにグループ内移行しても、auのキャリアメールを引き続き使い続ける
  • ソフトバンクやワイモバイルからpovoにグループ内移行しても、ソフトバンクやワイモバイルのキャリアメールを引き続き使い続ける

といったようなことができるようになりました。

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

povo(ポヴォ)でキャリアメールを使う方法は?

povo自体にキャリアメールのサービス提供はありません。

そのため、povoでキャリアメールを使うためには、乗り換え元の携帯電話会社がドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル等の「キャリアメール持ち運びサービス」に対応している大手携帯電話会社である必要があります。

「キャリアメール持ち運びサービス」に対応しているドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイルであれば、povoへ乗り換えを実行後31日以内に、それぞれ

からキャリアメール持ち運びサービスに申し込むことで、元の携帯電話会社のキャリアメールをpovoに乗り換えた後も継続利用し続ける事ができるようになります。

キャリアメールを受信できるアプリは各社ごとに条件が異なりますが、iPhoneの標準メールアプリやIMAPに対応したアプリなど、一般的なメールアプリで送受信ができる場合や、専用のメールアプリで送受信ができる場合があります。

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

キャリアメールをpovo(ポヴォ)でも使い続けたい場合コストがかかる

キャリアメール持ち運び制度では、キャリアメール持ち運びを希望するユーザーには一定のコストを負担していただくという方針が定まっています。

キャリアメールをドコモやau、ソフトバンクやワイモバイルなどの大手携帯電話会社からpovoに持ち運び、使い続けたい場合は、月額で330円・年額で3,300円程度の維持費が必要となります。

キャリアメールにどうしてもこだわりたい方は、持ち運び制度の実現を待ったほうが良いですが、キャリアメールを使わずともGmailやYahoo!メール、Apple提供のiCloudメールなど無料で安定性の高いメールアドレス提供サービスも存在しています。

AppleやGoogle、Yahoo!などの大手ネット系企業のフリーメール等を利用することで、携帯電話会社に縛られずに生活することができ、スマホ回線契約の自由度が高まります。

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

本ページの情報は記事掲載日または最終更新日時点のものです。最新の情報は各サービス公式サイトにてご確認ください。

povo2.0で現在開催中のキャンペーン

  • 12/31まで!povoへ新規契約&他社から乗換でpovo2.0のお試しトッピングが実質無料キャンペーンキャンペーンが月間ギガ3GB→6GBに増量中
  • 12/15開始!他社からpovoへ乗換+対象トッピング購入でau Pay残高を最大10,000円相当還元キャンペーン中!

基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

povo 2.0の平均データ:97件の投稿データを見る
【Download速度】68Mbps
【Upload速度】39Mbps
【Ping】41ms
【Jitter】43ms

Guide

povoガイド

キャンペーンやお得情報
povoのキャンペーンまとめ
povo & LINEMO & ahamo プラン比較
プラン人気度比較 | 開催キャンペーン比較
契約に関すること
店舗で契約できる? | 最低利用期間は?
サービス内容に関すること
通信回線でプラチナバンドは? | 通話品質 | LINEは使える? | スマホ端末セットはある? | メールアドレスは? | iPhone対応機種は?

Profile

この記事の執筆者

長島 圭佑 / Keisuke Nagashima

「株式会社七変化(7henge, inc.」の代表取締役。スマホやアプリ、ネット回線/VPN等のオンラインツールを上手に活用するためのTipsを提供するWebサイト「アプリポ」を運営しています。他にもネット回線速度の投稿型サイト「回線ちぇっく」を開発・運営し、投稿データの統計値をコンテンツ制作に役立てています。また、LINEMOやpovo等の格安SIM回線各社やVPN等のサービスを実際に契約し、随時快適性や機能性を評価しています。

郵送で届いたラインモのミニプランのSIMカードと案内 povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像 ahamoのSIMカード一式の画像

Company

サイト運営会社概要

株式会社七変化のコーポレートロゴ

「株式会社七変化」はスマホやPCの使い方やモバイル回線に関する解説コンテンツを提供するWebサイト「アプリポ」の運営、ネット回線速度の測定&ユーザー投稿型サイト「回線ちぇっく」の運営、Web制作事業などの事業を行っています。

会社名 株式会社七変化(7henge, inc.)会社概要
代表取締役 長島圭佑(Keisuke Nagashima)
会社設立 2021年8月10日
事業内容 Webメディア運営/Webサービス開発&運営、Webサイトの制作&開発やマーケティング支援等
本店事務所所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階
資本金 100万円
株主 発行株式の100%を代表取締役が保有

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPC、ネット回線を上手に活用するために役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)

\povoは月額基本料0円/
povo公式アプリで申込>