LINEMO
povo(ポヴォ)で中古スマホ端末&機種を使いたい場合の注意点を解説!のサムネイル画像

povo(ポヴォ)で中古スマホ端末&機種を使いたい場合の注意点を解説!

povo(ポヴォ)で中古スマホ端末&機種を使いたい場合の注意点

使いたい時に使いたい分だけオプションを追加するトッピング方式が好評のpovo。

24時間データ使い放題などスポット的なオプションもあり、ahamoやLINEMOとの差別化に成功しています。

iPhone13や以前から狙っていた世代落ちの端末をお得に手に入れ、機種変更と合わせてpovoに乗り換えを考えている人も多いのではないでしょうか?

povoでは端末の販売は行っていないので自分でスマホを準備する必要があるのですが、中古スマホ端末でも使用できるのか気になる所です。

今回の記事では、povo(ポヴォ)で中古スマホ端末&機種を使いたい場合の注意点を解説しています。

中古端末購入後に「使えなかった!」と失敗しないよう、事前に把握しておきましょう。

povo(ポヴォ)で対応しているスマホ端末&機種は

povoに対応しているスマホ端末は、iPhoneはiPhoneSE(第一世代)以降、AndroidであればGalaxy S6、Xperia Z4以降の他多数の機種が動作確認済です。

SIMフリー端末の動作確認も取れていて、ZenFoneやPixelなども対応しています。

auで販売されている端末ならほとんどが使用できますが、ドコモやソフトバンクで購入した端末であっても動作確認の取れている機種があるので、まずはpovoの公式ホームページで対応端末を確認しましょう。

eSIM契約の場合端末が対象外だったケースが多いそうなので、特に注意が必要です。

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povoの公式サイト

LINEMO

povo(ポヴォ)で対応している端末&機種を購入する方法は?

povo対応端末はpovoでは販売されていないため、以下の方法でSIMフリー端末またはSIMロックを解除して自分で準備しましょう。

  • Appleストア(店頭/オンライン)
  • 家電量販店
  • キャリア購入(店頭/オンライン)
  • 中古スマホ販売店
  • フリマサイト

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povoの公式サイト

LINEMO

SIMフリー/SIMロック解除とは?

かつて大手3大キャリアでは、自社で販売した端末は自社でしか使えないよう回線を限定する「SIMロック」がかかっていましたが、2015年5月よりユーザーが事業者間の行き来をしやすくするためSIMロックを解除できるようになりました。

SIMロックを解除すれば別キャリアや格安SIMの事業者、海外の事業者が提供するSIMも使えるようになり、ユーザーの選択肢は広がります。

端末を購入したキャリアで行うことができますが、2015年5月以前に販売された端末はSIMロック解除に対応していない端末もあるので確認が必要です。

これに対し、そもそも初めからSIMロックがかかっていない端末や、SIMロック解除済の端末をSIMフリーと呼び、特別な手続きをしなくても販売元とは別のSIMを差して使うことができます。

SIMロックの解除方法

SIMロック解除は端末を販売したキャリアで行います。

店頭とオンラインどちらでも可能ですが、オンラインであれば無料、店頭で行う場合は3,300円(税込)の手数料がかかるのでオンラインがおすすめです。

ドコモ:【公式】ドコモSIMロック解除方法

ソフトバンク:【公式】ソフトバンクSIMロック解除方法

auでご購入した端末はSIMロック解除は不要なので、そのまま使うことができます。

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povoの公式サイト

LINEMO

povo(ポヴォ)で中古スマホ端末&機種を使いたい場合の注意点

中古携帯ショップやフリマ、知人から譲り受けた場合など、中古の端末をpovoで使う場合の注意点をまとめました。

povoのSIMが届いてから「使えなかった」とならないように、事前に注意点を確認しておきましょう。

注意点1.povoの対応機種であるかどうかを確認する

まずはpovoのホームページで動作確認端末かどうかを確認しましょう。Androidスマホの場合はauで販売された機種以外は電波が弱くなる可能性があるので、auで販売されている端末がおすすめです。

注意点2.SIMロック解除が必要かを確認する

SIMフリー端末であれば問題ありませんが、購入した時点でSIMロック解除済かどうかを確認します。中古で販売されている回線契約のない端末は、オンラインではSIMロック解除できない場合があるので事前に確認が必要です。

ドコモの場合は解約後でもオンラインで受付できますが、ソフトバンクでは店頭のみの受付になります。

また、購入後101日目以降ではないと基本SIMロック解除はできません。(端末一括購入など例外あり)

注意点3.赤ロム端末かどうかを確認する

元の持ち主が端末代金の支払いを滞納している場合、端末にネットワーク利用制限がかけられます。この端末を「赤ロム」といい、新しいSIMを差しても使用することができません。

赤ロムは特別割引価格で販売されていることが多くWi-Fi環境でしか使用できないので、povoで使用する目的で中古端末を購入する時は、赤ロムは購入しないよう注意しましょう。

注意点4.付属品のチェックを忘れずに

中古スマホは本体のみ販売していることも多く、充電器やケーブルは付属していないこともあります。

iPhoneなど付属品が共有できる端末の場合は手持ちを使うことができますが、全く初めて使用する機種の場合は新たに購入しなければならず探す手間と費用がかかっていまします。

購入時は商品説明を詳細までよく確認し、必要な物が揃っている端末を選びましょう。

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povoの公式サイト

LINEMO

povo(ポヴォ)に対応している中古端末&機種おすすめショップをご紹介

povoで使用する中古端末は、中古スマホショップで購入することができます。

多数あるショップの中でも保証がしっかりしていて商品状態が分かりやすく紹介されているサイトをご紹介しているので、どこで購入しようか迷っている人は参考にしてみてください。

にこスマ

SIMフリースマホのみを扱うにこスマは、画面割れ、本体の傷や汚れを全てチェックし美品のみ取り扱っているショップです。

バッテリーの最大容量を記載してあるので、購入してすぐにバッテリー交換が必要になることもありません。

一年間の保証も付いていて、購入前・購入後のサポート窓口も電話やチャットで手厚く行っています。

にこスマのサイトを見る

ハピネスネット

中古iPhone専門のハピネスネットは、SSランクからJランクまで幅広い商品状態の端末を取り扱っています。

キャリア別に検索することができるので、お買い得なau端末やSIMフリー端末が探しやすいです。

1年保証の他に赤ロムの永久保証が付いているので、安心して購入することができます。

ハピネスネットのサイトを見る

イオシス

ネットと実店舗両方で販売しているイオシスは、中古スマホの他にタブレットやパソコンなどのガジェットの販売と買取を行うショップです。

スマホ端末の在庫数は14,458台と取扱数が多いので、ニーズに合った端末に出会えるでしょう。

商品ランクに応じて最大6ヶ月の保証が付いています。

イオシスのサイトを見る

ダイワンテレコム

ダイワンテレコムはiPhone、Androidの他にガラケーやAppleWatch、 AirPodsなど幅広い商品を取り扱っています。

SランクからJランクの基準項目を写真付きで紹介しているので、基準が分かりやすく商品の状態がイメージしやすいショップです。

商品補償は3ヶ月とやや短めですが、赤ロムの保証は無期限保証に行っています。

ダイワンテレコムのサイトを見る

povo(ポヴォ)に対応している中古端末&機種を使う時はSIMフリー端末を選ぼう!

povoでは端末販売を行っていないため、現在使っている機種をそのまま使うか新たに対応機種を購入する必要があります。

契約する時に新品端末と中古端末では手続きに違いはありませんが、SIMロックや赤ロム、付属品の有無など中古ならではの注意点があるので事前にチェックポイントを把握しておきましょう。

どこで購入すればいいのか迷ったときは、保証や商品情報が詳細な信頼性の高いショップがおすすめです。

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povoの公式サイト

LINEMO

3GBで月額990円!ソフトバンクのLINEMOもおすすめ!【PR】

  • LINEMOミニプランも登場!なんと3GBで月額990円(税込)!
  • 20GBのスマホプランなら10,000円相当あげちゃう!
    ※ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外となります。
  • LINEMOはLINEアプリの通話やメッセージが通信量にカウントされないからオトク!

LINEMO公式サイトを見る

LINEMO

ahamoは20GBの大容量なのにリーズナブル!【PR】

  • 回線品質はドコモと同じ!
  • 月額2,970円(税込)で月間20GBまで使えて安心!※機種代金別途
  • さらに1回5分間までの電話が何度でも無料!※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料金がかかります。
  • ahamo(アハモ)は82の国と地域で20GBまで利用できる!
    ※ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。※ahamoでは、キャリアメールなど一部ご利用できないサービスがあります。

ahamoの公式サイトを見る

Follow

フォローして情報を受け取る

Featured

注目の記事