auのPovo(ポヴォ)を使うデメリット&メリットは?

最終更新:2021年1月

auの新料金プラン「Povo(ポヴォ)」がついに発表!

2020年12月に発表された月額2,980円/20GBのドコモやソフトバンクの新料金プランに対して遅れをとっていたauですが、2021年1月13日に新料金プラン「Povo(ポヴォ)」を発表しました。

画像引用元:auのPovo(ポヴォ)公式ページ

Povo(ポヴォ)は月あたりのデータ通信量容量は20GBと豊富にありながら、月額2,480円(税抜)で利用できるという、大手携帯キャリアは高いというイメージを覆す、画期的な料金プランとして広く注目を集めています。

また、2020年12月3日にNTTドコモが発表した新料金プラン「アハモ」や、ソフトバンクが発表した「Softbank on LINE」を強く意識した同価格帯・類似スペックのブランドとなっています。

違いとしては、通話料で5分以内の国内通話無料の採用を見送り、その分500円安くしたことが特徴です。

Povo(ポヴォ)の特徴としては、サービス内容をシンプル&オンライン化し、auショップなどでの申込みやサポートは不要な方向けの、デジタルに強い若い世代にターゲットを絞ったプランとなります。

Povo(ポヴォ)を使うデメリットはある?

Povoは2021年3月にスタート予定です。

事前情報からは、auやソフトバンクやドコモの今のプランからPovo(ポヴォ)に変更すれば、大容量のプランを格安料金で使用できるため、Povo(ポヴォ)にすればメリットだけで、デメリットが無いじゃないか?という声も聞こえてきそうです。

当記事では、Povo(ポヴォ)を使うデメリットは存在するのか?解説いたします。

1.オンライン限定のサービスでauショップでの申込みやサポートは不可

Povo(ポヴォ)を使うデメリットとしては、auショップでの取り扱い・申込みやサポートは一切行わず、WebやLINEを起点としたオンライン限定のサービス提供となる点です。

用紙などでの申込みや、端末の操作方法などを対面でサポートしてもらえるauショップでのサービスは受けることができません。

Povo(ポヴォ)はのWeb上で申込み、契約後の手続きやサポートを承る予定となっています。

電話でのサポートも基本的には用意されていないようです。

とは言っても、筆者などはキャリアショップにもう数年以上通っていないため、デジタル世代にとっては大きなデメリットと言えないかもしれません。

2.ahamoやSoftBank on LINEにある5分間までの通話料無料がない

Povo(ポヴォ)には、競合プランにあるahamoやSoftBank on LINEにはある5分間までの通話料無料サービスが付帯していない点が特徴です。

その分料金は同じ月間データ容量20GBのプランであるahamoやSoftBank on LINEより500円安い、2,480円(税抜)となっています。

若い世代は電話を使わない割合が増加しており、電話をほとんどしないユーザーにとって、ahamoやSoftBank on LINEより500円安いのは逆にメリットとなりそうです。

Povo(ポヴォ)を使うメリットは?

1.月間20GBまで利用可能、24時間限定データ使い放題オプションも低価格

Povo(ポヴォ)は月額2,480円という低価格な料金で、月間20GBまでのデータ通信に対応している点が魅力です。

20GBを超過したとしても、24時間データ使い放題オプションが200円で追加可能なので、データ使用量の増減に柔軟に対応できる点が魅力となりそうです。

2.五分間通話かけ放題オプションが月額500円で追加可能

1回の通話につき5分間までの通話が無料になるかけ放題オプションが、月額500円で追加可能です。

オプションを契約しない場合や、5分間を超える通話においては、30秒ごとに20円の通話料がかかります。

3.安心のau回線が使える

Povo(ポヴォ)は、auの回線を使用しているため、通信の品質が高く、安心できる点が魅力となりそうです。

4.2021年夏からは5Gが利用可能に

2021年夏からは、Povo(ポヴォ)でも5Gが利用可能になります。

まだ一部の地域のみの対応ですが、高速なデータ通信を快適に利用できそうですね。

Povo(ポヴォ)の公式動画

povo(ポヴォ)の公式動画はYouTubeで公開されています。

こちらも読まれています

Follow

フォローして情報を受け取る