LINEMO
povo(ポヴォ)で事務手数料はかかる?契約時にかかる費用は?のサムネイル画像

povo(ポヴォ)で事務手数料はかかる?契約時にかかる費用は?

povo(ポヴォ)契約時に事務手数料はかかる?

【2021年9月更新!】

KDDI株式会社は、2021年3月23日から「povo(ポヴォ)」の提供を開始しました。

povo(ポヴォ)とは、基本料0円で契約できユーザーの利用用途に合わせてデータ容量や通話料をトッピングすることができる料金プランです。

大手携帯会社のプランとしては非常に格安のプランなので、povo(ポヴォ)の契約を検討している人も多いのではないでしょうか。

しかし、povo(ポヴォ)の契約に多額の手数料がかかってしまうのではないか、と不安になりますよね。

この記事では、povo(ポヴォ)の契約時に事務手数料はかかるのか、解説します。

povo(ポヴォ)では契約事務手数料がかからない!

結論から言うと、povo(ポヴォ)の契約の際は契約事務手数料はかからず、無料で契約できます。

正確には、事務手数料は契約時に一度請求され、翌月以降の利用料金からその分が割引されるという形になります。

従来の料金プランでは、事務手数料として3,000円程度かかったり、その他にも様々な手数料がかかったりしますが、povo(ポヴォ)の契約ではそういった細かな料金がかからないのが特徴です。

povo(ポヴォ)では契約や問い合わせの窓口をオンラインに限定することで、コストを削減しています。

2021年9月下旬にpovo2.0で大幅進化して提供開始予定!

povo公式サイトを見る

povo(ポヴォ)はauからの乗り換え手数料も無料!

auからpovo(ポヴォ)への乗り換えの際は、移行手数料は不要です。

前述の事務手数料と同様に、乗り換えにかかる手数料は一度請求されたあと、翌月以降の利用料金からその分が割引されるという形になります。

具体的には以下の手数料が無料となります。

  • 契約解除料
  • 番号移行手数料
  • 新規事務手数料(UQ mobileでは、SIMパッケージ料金)

auからpovo(ポヴォ)へ乗り換えする際は、これらの手数料はかからず、全て無料で乗り換えることができます。

UQ mobileからpovo(ポヴォ)へ乗り換えする際も同様に、手数料は無料です。

auからpovo(ポヴォ)への乗り換え手順は非常にシンプルで、契約内容の入力、契約内容・同意事項の確認を行って手続き完了となります。

手続きが簡単なので、気軽に乗り換えできるのもpovo(ポヴォ)の魅力の一つです。

2021年9月下旬にpovo2.0で大幅進化して提供開始予定!

povo公式サイトを見る

3GBで月額990円!ソフトバンクのLINEMOもおすすめ!【PR】

  • LINEMOミニプランも登場!なんと3GBで月額990円(税込)!
  • 20GBのスマホプランなら10,000円相当あげちゃう!
    ※ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外となります。
  • LINEMOはLINEアプリの通話やメッセージが通信量にカウントされないからオトク!

LINEMO公式サイトを見る

LINEMO

Follow

フォローして情報を受け取る

Featured

注目の記事