LINEMO
povo(ポヴォ)で追加契約や回線追加申し込みはできる?のサムネイル画像

povo(ポヴォ)で追加契約や回線追加申し込みはできる?

povo(ポヴォ)で回線を追加契約・申し込みできる?

KDDI(au)のオンライン専用新ブランド「povo」は2021年9月に「povo 2.0」としてリニューアルされ、再度申し込み受け付けを再開しています。

povo(ポヴォ)をすでに使っているけれど、

  • 子供用の回線として追加で回線を契約したい…
  • 仕事とプライベートを分けるためにスマホ2台持ちのための複数回線を契約したい…

といった用途の場合に、povo 2.0で追加の回線契約を同一名義ですることが可能なのか?気になる方も多いと思います。

当記事ではpovo(ポヴォ)で追加契約や回線の追加申し込みはできるのか?解説します。

povo(ポヴォ)は同一名義で5回線まで追加契約できる!

結論から言うと、povo 2.0ではKDDI全体として同一名義で最大5回線まで追加契約・追加申し込みすることが可能です。

povo 2.0はauやUQモバイル等の通信サービスを提供する、大手携帯電話会社のKDDIが提供するモバイル通信サービスです。

複数いる子供にスマホと通信回線を買い与えたい場合でも、最大5回線までの契約に対応しているため、povo回線で統一させることで通信費用を大幅に抑えることが可能です。

また、povo 2.0は基本料金が0円でトッピングも低価格なため、2つのpovo 2.0の回線を契約し、仕事用とプライベート用の電話番号を分けることもやりやすいですね。

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povoの公式サイト

LINEMO

povoでは2回線目以降の申し込みには手数料がかかるので注意

povo 2.0で2回線目以降の回線の追加契約を申し込む場合の注意点として、

  • 2回線目以降の契約申し込みには、契約事務手数料がかかる場合がある

という点があります。

これはpovo 2.0側でのシステムによる事務手続きの費用を、複数回線を同一名義で契約する利用者に一部負担してもらう形と言えそうです。

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povoの公式サイト

LINEMO

povo 2.0では1回線ごとにアカウントが必要

また、1つのpovo 2.0アカウントで申し込み、契約が可能なのは1回線となっており、回線ごとにpovo 2.0アカウントを作成する必要がシステム上の制約として存在します。

複数回線を同一名義で契約することはできますが、それぞれの回線にpovo 2.0アカウントを発行して使う必要があります。

povo 2.0アカウント作成のためには個別にメールアドレスが必要となるため、余っているメールアドレスが無い場合は、

  • Gmail
  • Yahoo!メール
  • AppleのiCloudメール

など、無料でメールアドレスを発行できるフリーメール等でメールアドレスを事前に用意する必要があります。

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povoの公式サイト

LINEMO

3GBで月額990円!ソフトバンクのLINEMOもおすすめ!【PR】

  • LINEMOミニプランも登場!なんと3GBで月額990円(税込)!
  • 20GBのスマホプランなら10,000円相当あげちゃう!
    ※ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外となります。
  • LINEMOはLINEアプリの通話やメッセージが通信量にカウントされないからオトク!

LINEMO公式サイトを見る

LINEMO

ahamoは20GBの大容量なのにリーズナブル!【PR】

  • 回線品質はドコモと同じ!
  • 月額2,970円(税込)で月間20GBまで使えて安心!※機種代金別途
  • さらに1回5分間までの電話が何度でも無料!※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料金がかかります。
  • ahamo(アハモ)は82の国と地域で20GBまで利用できる!
    ※ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。※ahamoでは、キャリアメールなど一部ご利用できないサービスがあります。

ahamoの公式サイトを見る

Follow

フォローして情報を受け取る

Featured

注目の記事