LINEMO
povo(ポヴォ)で切り替え月の料金はどうなる?他社やau系からの場合のサムネイル画像

povo(ポヴォ)で切り替え月の料金はどうなる?他社やau系からの場合

povo(ポヴォ)で切り替え月の料金はどうなる?

auのサブブランドpovoは、auやUQモバイルからや格安SIMからもに乗り換え需要が多く、2021年9月の新プラン登場でさらに増えています。

povoは基本料金0円でデータトッピングも月に縛られていないので切り替えるタイミングはいつでも良いわけですが、転出時の手数料や最終月の基本料金は日割りになるかなど、気になる所がありますよね。

今回の記事では乗り換えでpovoに切り替えた時、月額料金はどうなるのかを解説いたします。

povo切り替えのタイミングを考えている人はぜひ参考にしてムダなくお得なタイミングを見つけてください。

povo(ポヴォ)で切り替え月の料金は日割りです

まずは、povoに切り替えた月のpovoの料金を見てみましょう。

データトッピングは購入時から有効期間が開始

データトッピングは月額ではなくそれぞれに定められた有効期間があるので、日割りではなくトッピングを購入してから料金が発生します。

トッピングは切り替えた後すぐに購入する必要はないため、必要になったタイミングで購入すれば問題ありません。

ただし、トッピングを180日間行わないと通話料やSMSの送信料合算が660円(税込)以下の場合、利用停止や契約が解除になることがあるので注意が必要です。

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povoの公式サイト

LINEMO

通話トッピングは当面日割り

通話トッピングは月額料金で、月の途中でトッピングすると日割りにはなりません。

ただし注意書きとして「当面の間」は日割りになると書かれているので現在のところは日割り計算されます。(2021/10/21現在)

事前に告知はあるかと思いますが、どのタイミングで満額請求となるかは分からないので原則は日割りにならないということは知っておきましょう。

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povoの公式サイト

LINEMO

auからpovo(ポヴォ)に切り替え月の料金は日割り

auからpovoに切り替えた場合、乗り換えにはならず「auからのプラン変更」という位置づけになり、auの最終月は日割りで計算され重複して請求されることはありません。

日割り計算なので、月のどのタイミングで切り替えても損するということはないでしょう。

プラン変更の扱いなので、以下の手数料も無料でMNP予約番号の取得も不要です。

  • 違約金(契約解除料)
  • 契約事務手数料
  • MNP・プラン変更手数料

UQモバイルからpovoでも日割り

同じau系列のUQモバイルからpovoに切り替えた場合も、UQモバイルの最終月は日割り計算です。

ただし、基本料金は日割りになりますがくりこしプラン +5Gから切り替えた場合は、一旦満額請求された後にpovoの料金から差額を割り引くという方法になり、少々タイムラグが発生ます。

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povoの公式サイト

LINEMO

ドコモからpovo(ポヴォ)に切り替え月の料金は日割りにならない

ドコモからの切り替えの場合、最終月の料金は日割りではなく月額料金満額が請求されます。

月初や月中よりも月末に手続きした方が、二重に料金を払わずに済むということですね。

また、更新月以外で切り替えをすると、2019年10月以前に契約した人は10,450円(税込)、以降の契約は1,100円(税込)の違約金が発生するので、更新月に合わた方が良いでしょう。

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povoの公式サイト

LINEMO

ソフトバンクからpovo(ポヴォ)に切り替え月の料金は日割りにならない

ソフトバンクからの切り替えの場合も最終月の料金は日割りではなく月額料金満額が請求されます。

締め日は全員が月末ではなく人によっては10日や20日の場合もあるので、自分の締め日に近い日にちで切り替えた方が良いでしょう。

2019年9月13日以前の契約の場合は、更新月以外にpovoに切り替えると契約プランによって最大10,450円(税込)の違約金が発生します。

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povoの公式サイト

LINEMO

格安SIMからpovo(ポヴォ)に切り替え月の料金はほとんどが日割りにならない

その他代表的な格安SIM事業者から乗り換えた場合の料金は以下の通りです。

  • mineo:日割り
  • IIJmio:月額料金
  • ビッグローブMOBILE:月額料金
  • OCNモバイル:月額料金
  • イオンモバイル:月額料金

ほとんどの事業者はいつpovoへ切り替えても月額料金がそのままかかってしまいます。

MNP予約番号の取得は即日~4日程度かかることもあるので、切り替えを予定している1週間~10日前から準備を始めると安心です。

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povoの公式サイト

LINEMO

povo(ポヴォ)で切り替え月の料金を確認しスケジュールを組もう

povoを契約した初月は、通話オプションは当面日割りでその他のオプションは180日以内にトッピングすれば良いので二重払いを心配することはありません。

しかし転出する側のキャリアは、日割りにならず最終月の料金は月額料金を満額請求するところがほとんどです。

  • auからpovo⇒日割り
  • UQモバイルからpovo⇒日割り
  • ドコモからpovo⇒月額料金
  • ソフトバンクからpovo⇒月額料金
  • mineo:日割り
  • IIJmio:月額料金
  • ビッグローブMOBILE:月額料金
  • OCNモバイル:月額料金
  • イオンモバイル:月額料金

契約内容や契約時期によっては最大10,450円(税込)の違約金が発生するので、マイページなどで確認をしておきましょう。

その他、今自分が受けている割引がいつなくなるかも確認し、少しでもムダなく切り替えを行ってください。

povoは基本料金0円からスタート可能、転出手数料もかからず転入時の事務手数料やSIM発行手数料も0円です。

今なら開通から14日以内にデータトッピングを購入すれば、追加ボーナスがもらえるキャンペーンも実施中なので、お得なタイミングで切り替えましょう!

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povoの公式サイト

LINEMO

3GBで月額990円!ソフトバンクのLINEMOもおすすめ!【PR】

  • LINEMOミニプランも登場!なんと3GBで月額990円(税込)!
  • 20GBのスマホプランなら10,000円相当あげちゃう!
    ※ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外となります。
  • LINEMOはLINEアプリの通話やメッセージが通信量にカウントされないからオトク!

LINEMO公式サイトを見る

LINEMO

ahamoは20GBの大容量なのにリーズナブル!【PR】

  • 回線品質はドコモと同じ!
  • 月額2,970円(税込)で月間20GBまで使えて安心!※機種代金別途
  • さらに1回5分間までの電話が何度でも無料!※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料金がかかります。
  • ahamo(アハモ)は82の国と地域で20GBまで利用できる!
    ※ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。※ahamoでは、キャリアメールなど一部ご利用できないサービスがあります。

ahamoの公式サイトを見る

Follow

フォローして情報を受け取る

Featured

注目の記事