povo1.0からLINEMO(ラインモ)への乗り換えはおすすめ?やり方は?のサムネイル画像

povo1.0からLINEMO(ラインモ)への乗り換えはおすすめ?やり方は?

povo1.0からLINEMO(ラインモ)への乗り換えはおすすめ?やり方は?

auのサブブランドpovoは2021年9月より新しくpovo2.0が登場し、旧プランのpovo1.0からプラン変更する人やLIMEMOに乗り換えを考えている人もいるようです。

どちらもキャリア回線を利用したお得なプランを提供していますが、スマホの使用状況によってはお得になるキャリアは異なるので、少しでもメリットのある方を選びたいですよね。

今回の記事では「povo1.0からLINEMOへ乗り換えた方がお得な人とそのままの方が良い人」について解説しています。

乗り換える方法や注意点についてもご紹介しているので、povo1.0を使っているが料金プランを見直そうと考えている人はぜひ参考にしてみてください。

LINEMO

povo1.0とpovo2.0、LINEMOを比較

povo1.0の見直し候補として、povo2.0へのプラン変更も候補に挙がってきますよね。

povo1.0とpovo2.0、LINEMOのプランは主にどこが違うのでしょうか。

それぞれの特徴を見てみましょう。

基本プラン

基本料金は、povo1.0は1プラン、LINEMOは2プラン、povo2.0には基本プランは無く、必要なデータ容量をトッピングする方式です。

  • povo1.0:2,728円/20GB
  • povo2.0:390円/1GB(7 日間)、990円/3GB(30 日間)、2,700円/20GB(30 日間)、6,490円/60GB(90 日間)、12,980円/150GB(180 日間)
  • LINEMO:2,728円/20GB、990円/3GB

通話オプション

通話オプションは内容も料金も同じです。

  • povo1.0:5分かけ放題 550円/月、かけ放題1,650円/月
  • povo2.0:5分かけ放題 550円/月、かけ放題1,650円/月
  • LINEMO:5分かけ放題 550円/月、かけ放題1,650円/月

超過後速度

基本プラン(データ容量)を超えた後の速度は各社以下のように低速になります。

  • povo1.0:1Mbps
  • povo2.0:128kbps
  • LINEMO:20GB/1Mbps、3GB/300kbps

LINEMOに月額990円で3GBのミニプランも登場!20GBのスマホプランなら10,000円相当あげちゃう!

LINEMO公式サイトを見る

※ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外となります。

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povoの公式サイト

LINEMO

povoの短期解約で携帯電話会社のブラックリスト入りに注意

転出元となるpovoはauやUQモバイル等を運営するKDDIグループの通信回線ブランドの一つであるため、目安として6ヶ月程度未満で解約を行うことによって、短期解約として扱われ、場合によっては携帯電話会社のブラックリストに入ってしまう場合があります。

povoでは短期解約でブラックリストに入る仕組みがあるかどうかを名言していないので何とも言えませんが、万が一ブラックリストに入ることで、今後KDDI系列の通信回線を新規で契約することが難しくなってしまう場合が考えられます。

通常の使い方ではブラックリストに入ることは稀ですが、いたずらのような短期解約を繰り返し行った場合等では、ブラックリストに入れられてしまう可能性が上がります。

LINEMOに月額990円で3GBのミニプランも登場!20GBのスマホプランなら10,000円相当あげちゃう!

LINEMO公式サイトを見る

※ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外となります。

povo1.0からLINEMO(ラインモ)へ乗り換えた方が良い人は?

現在povo1.0ユーザーでLINEMOに変えた方がメリットがあるのは、次のような使い方をする人です。

  • 3GBの低容量プランに変えたい人
  • LINEアプリを使った音声通話やビデオ通話をよく使う人

LINEアプリを良く利用する人は、LINEMOへ乗り換えるとデータ量が消費されない「LINEギガフリー」サービスを受けることができます。

LINE利用時のデータ量はトークや音声通話であればそれほど消費されませんが、ビデオ通話になると思った以上の消費量です。

LINEデータ使用量目安

  • 音声通話:55.5時間/1GB
  • ビデオ通話:3.25時間/1GB

家族や友人とLINEビデオ通話を頻繁に行い、それ以外(YouTubeや動画配信サービスの視聴など)はWi-Fi環境下で楽しむという人は、LINEMOの3GBプランに乗り換えれば月々の料金は1,738円安くなり、通話かけ放題のオプション(1,650円)を付けてもLINEMOの方がお得です。

LINEMOに月額990円で3GBのミニプランも登場!20GBのスマホプランなら10,000円相当あげちゃう!

LINEMO公式サイトを見る

※ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外となります。

povo1.0からLINEMO(ラインモ)への乗り換えない方が良い人は?

povo1.0ユーザーの中でもLINEMOに乗り換えてもあまりメリットが無い人もいます。

  • 外出先での動画視聴や容量の大きいデータをダウンロード(アップロード)する人
  • LINE通話よりも通常の音声通話をよく使う人

現在20GBのデータ容量をあますことなく使用していて、LINE通話より音声通話を多く使っている人はLINEMOに変更してもあまりメリットはありません。

ただし、LINEMOでは現在「5分以内通話かけ放題」オプションが1年間無料で付けられるキャンペーンを実施中なので、5分以内の通話を2回/月以上利用する人や既にオプションを付けているという人はLINEMOに乗り換えれば550円の節約になります。

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povoの公式サイト

LINEMO

povo2.0とLINEMO(ラインモ)はどちらがお得?

povo1.0ユーザーがプラン変更を検討する先として、LINEMOの他にpovo2.0へのプラン変更も候補に上がるでしょう。

povo1.0ユーザーにとってpovo2.0へ変更したほうがメリットがあるのは次のような使い方をする人です。

  • 毎月の使用データ量にバラつきがある人
  • 使用状況に応じて自由にプランをカスタマイズしたい人
  • サブスマホとして最低料金でキャリア回線を持ちたい人

povo1.0からpovo2.0へプラン変更したほうがメリットがある人は、使用状況によってプランをカスタマイズしたい、かつ管理が苦にならない人です。

povo2.0はデータ容量に有効期限があり、期限が過ぎるまたは容量が無くなれば追加購入する必要があります。

自分の使用状況をまめにチェックできる人であれば、データ容量を余らすことなく有効的な使い方ができるでしょう。

povo2.0は月額の基本料金を0円にして、これまでになかった使い方をコンセプトにしているので通常通り使用したい人はLINEMOへの乗り換えがおすすめです。

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povoの公式サイト

LINEMO

povo1.0からLINEMOに乗り換える費用は0円

povo1.0からLINEMOへの乗り換えは、手数料0円で可能です。

転出(MNP)時の費用

  • povo1.0からの転出料:0円
  • povo1.0解約違約金:0円
  • LINEMO転入手数料:0円
  • LINEMO SIM発行手数料:0円

双方の基本料金

  • povo1.0最終月:満額請求
  • LINEMO初月:日割り請求

LINEMOの通信に切り替わる=povo1.0の自動解約となるので、povo1.0を解約する手続きは不要です。

間違ってpovo1.0を解約手続きしないように注意しましょう。

また、povo1.0のMNP予約番号を当月内に発行してもLINEMOへ切り替えが翌月になってしまった場合はpovo1.0の基本料金は翌月も発生してしまいます。

「もっと早めに手続きすれば良かった」と後悔しないよう、乗り換える時には余裕を持ったスケジュールを組みましょう。

LINEMOに月額990円で3GBのミニプランも登場!20GBのスマホプランなら10,000円相当あげちゃう!

LINEMO公式サイトを見る

※ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外となります。

povo1.0からLINEMO(ラインモ)へ乗り換え方法

povo1.0からLINEMOへ乗り換えるには、以下の手順にそって手続きを進めましょう。

1.LINEMOの対応機種を確認する

LINEMOでは端末販売を行っていないので、povo1.0から乗り換える際には手持ちの端末をそのまま使うか携帯ショップなどで購入した端末を用意します。

LINEMO公式HPにはLINEMO動作確認端末が公開されているので、端末が対応しているか必ず確認しましょう。

2.SIMロックを解除する

auショップやauオンラインショップで購入した端末をLINEMOで使う場合は、SIMロックの解除が必要な場合があります。

auでは2021年10月1日以降に発売されているスマホであればSIMフリー端末として発売されているのでロック解除は不要です。

SIMロック解除が必要な場合は、以下の方法で行う必要があるのでLINEMOに乗り換える前に手続きを済ませておきましょう。

povo1.0SIMロック解除方法

  • 申し込みチャネル:WEB
  • 手数料:無料
  • 条件:端末購入後から機種購入から101日目以降、もしくは端末代金の分割金を清算して頂いている場合

3.MNP予約番号を発行する

MNP予約番号の発行はWEBで24時間受け付けています。

※お客様サポート→その他→povo1.0解約・他社へのMNP

有効期限は発行から15日間ですがLINEMO契約時には有効期限が10日以上残っている必要があるので、早めに手続きを進めましょう。

MNP手続きの注意点

  • MNPでLINEMOの通信に切り替わった時点でpovo1.0は自動解約になります。自分で解約手続きをしないようにしましょう。
  • 購入した端末代金は、分割の残債があれば支払いは続きます。

4.LINEMOの公式サイトから申し込む

端末の準備とMNP予約番号を用意したら、LINEMO公式HPより申し込みます。

申し込みが完了すると最短当日でSIMカードが発送されるので、到着したら回線をLINEMOに切り替えます。(手続き方法はSIM発送時に届いた「商品発送のお知らせ」メールに記載されています)

切り替えが終わればSIMを挿し、通信設定をすれば手続き完了です。

LINEMOに月額990円で3GBのミニプランも登場!20GBのスマホプランなら10,000円相当あげちゃう!

LINEMO公式サイトを見る

※ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外となります。

povo1.0からLINEMO(ラインモ)への乗り換えは0円でいつでも可能

povo1.0からLINEMOへの乗り換えをおすすめするのは以下のような使い方をする人です。

  • LINEでやり取りをすることが多い人(特にビデオ通話)
  • 20GBの大容量データが必要なく3GB程度の低容量でまかなえる人

音声通話はほとんど使用せずLINEアプリでまかなえる人や、20GBの大容量が毎月あまってしまう人はpovo1.0よりもLINEMOに乗り換えた方がムダがありません。

乗り換えにかかる費用は0円でpovo1.0には契約期間に縛りは無いのでいつでも手続きできますが、最終月の基本料金は日割りにはならないので月末に乗り換えたほうが良いでしょう。

LINEMOは現在5分間の国内通話定額オプションが1年間無料になるキャンペーンを実施中です。

自分に合ったキャリアを見つければスマホ代の節約につながるので、まずは月々の使用状況を見直してみましょう!

LINEMOに月額990円で3GBのミニプランも登場!20GBのスマホプランなら10,000円相当あげちゃう!

LINEMO公式サイトを見る

※ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外となります。

ahamoは20GBの大容量なのにリーズナブル!【PR】

  • 回線品質はドコモと同じ!
  • 月額2,970円(税込)で月間20GBまで使えて安心!※機種代金別途
  • さらに1回5分間までの電話が何度でも無料!※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料金がかかります。
  • ahamo(アハモ)は82の国と地域で20GBまで利用できる!
    ※ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。※ahamoでは、キャリアメールなど一部ご利用できないサービスがあります。

ahamoの公式サイトを見る

Follow

フォローして情報を受け取る

Featured

注目の記事