povoからLINEMO(ラインモ)への乗り換えで手数料や違約金はかかる?のサムネイル画像

povoからLINEMO(ラインモ)への乗り換えで手数料や違約金はかかる?

#LINEMO(ラインモ)

povoからLINEMO(ラインモ)へ移行すると手数料や違約金はかかる?

ソフトバンクの通信ブランド「LINEMO(ラインモ)」は、月間データ容量が20GBで料金が2,728円(税込)のスマホプランと、3GBで990円(税込)と更に格安なミニプランが選べるモバイル通信サービスです。

現在KDDI(au)のオンライン専用ブランド「povo」を使っているけれど、

  • LINEをよく使っているから、LINEギガフリーがあるLINEMOに乗り換えたい…
  • povo 2.0でスタートしたオールトッピング方式を都度更新するのが面倒だ…
  • 月間データ容量が毎月だいたい3GB以内に収まっているから、毎月定額で使えるミニプランが安いLINEMOに乗り換えたい…

と思っている方も多いと思います。

当記事ではpovoからLINEMO(ラインモ)へ乗り換える際に違約金や手数料はかかるのか?解説します。

LINEMO

povoからLINEMO(ラインモ)への乗り換えで手数料や違約金はかからない!

結論から言うと、povoからLINEMO(ラインモ)への乗り換えの際に余計な手数料はかかりません。

  • povoは契約期間に関わらずMNP転出や解約手数料は無料
  • LINEMOは契約事務手数料など初期費用が無料

にそれぞれなっているため、乗り換え時に手数料を負担する必要がありません。

LINEMOに月額990円のミニプラン登場!スマホプランなら他社から乗換で10000円相当もらえる!

LINEMO公式サイトを見る

ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。

povoの短期解約で携帯電話会社のブラックリスト入りに注意

転出元となるpovoはauやUQモバイル等を提供するKDDIグループの通信回線ブランドの一つであるため、目安として6ヶ月程度未満で解約を行うことによって、短期解約として扱われ、場合によっては携帯電話会社のブラックリストに入ってしまう場合があります。

povoでは短期解約でブラックリストに入る仕組みがあるかどうかを名言していないので何とも言えませんが、万が一ブラックリストに入ることで、今後KDDI系列の通信回線を新規で契約することが難しくなってしまう場合が考えられます。

通常の使い方ではブラックリストに入ることは稀ですが、いたずらのような短期解約を繰り返し行った場合等では、ブラックリストに入れられてしまう可能性が上がります。

LINEMOに月額990円のミニプラン登場!スマホプランなら他社から乗換で10000円相当もらえる!

LINEMO公式サイトを見る

ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。

転出元のpovoの解約月の料金は大部分が日割りにならない

一方、転出元の解約月のプラン料金は日割りにならずに、満額で請求されます。

povo1.0の場合は20GBのプラン料金が丸々請求されます。

povo2.0の場合は

  • 継続購入型のトッピングは満額で請求(ただし現在は当面の間は日割りで請求)
  • 都度購入型のトッピングは返金なし
  • スマホ故障サポートは解約前日までの月額料金を日割りで請求

とそれぞれなっており、

そのため、月末から1週間前程度のタイミングで、povoからLINEMOへ乗り換えるために、MNP予約番号を発行して手続きを開始するのが、無駄な費用がかかりづらくおすすめです。

また、povo2.0の場合は都度購入型のトッピングの大部分を使い切ってから申し込むのが、無駄な費用を発生させずらい乗り換えタイミングとなります。

また、転入先であるLINEMOの初月の料金は日割りになります。

LINEMOに月額990円のミニプラン登場!スマホプランなら他社から乗換で10000円相当もらえる!

LINEMO公式サイトを見る

ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。

povoからLINEMO(ラインモ)への乗り換えは0円でいつでも可能!

povoからLINEMOへの乗り換えをおすすめするのは以下のような使い方をする人です。

  • LINEでやり取りをすることが多い人
  • 音声通話はほとんど使用しないまたはLINEやSkypeなどの通話アプリを使う人
  • povo 2.0でスタートしたオールトッピング方式を都度更新するのが面倒な人

音声通話はほとんど使用せずLINEアプリでまかなえる人や、povo 2.0を使っていてオールトッピング方式が面倒な人はpovoよりもLINEMOに乗り換えた方がお得だったり快適になります。

乗り換えにかかる費用は0円でpovo側の契約期間に縛りは無いのでいつでも手続きが可能です。

ただし、povoの料金の大部分は日割りにはならないので月末1週間前程度に申し込んだ方が良いでしょう。

自分に合ったキャリアを見つければスマホ代の節約につながるので、まずは月々の使用状況を見直してみましょう。

LINEMOに月額990円のミニプラン登場!スマホプランなら他社から乗換で10000円相当もらえる!

LINEMO公式サイトを見る

ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。

ahamoは20GBの大容量なのにリーズナブル!【PR】

  • 回線品質はドコモと同じ!
  • 月額2,970円(税込)で月間20GBまで使えて安心!※機種代金別途
  • さらに1回5分間までの電話が何度でも無料!※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料金がかかります。
  • ahamo(アハモ)は82の国と地域で20GBまで利用できる!
    ※ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。※ahamoでは、キャリアメールなど一部ご利用できないサービスがあります。

ahamoの公式サイトを見る

Follow

フォローして情報を受け取る

Featured

注目の記事