povoの最低維持費は通話料が180日で660円?【2023年最新】トッピングはカウントされる?のサムネイル画像

povoの最低維持費は通話料が180日で660円?【2023年最新】トッピングはカウントされる?

#povo

広告当ページには事業者からのアフィリエイト成果報酬型の広告が含まれています。

povo2.0で現在開催中のキャンペーン

  • 12/31まで!povoへ新規契約&他社から乗換でpovo2.0のお試しトッピングが実質無料キャンペーンキャンペーンが月間ギガ3GB→6GBに増量中
  • 12/15開始!他社からpovoへ乗換+対象トッピング購入でau Pay残高を最大10,000円相当還元キャンペーン中!

基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

povoの最低維持費はいくら?

povoは、auが提供するサブブランドの格安SIMです。

プランの基本料がoGB0円で、そこから自分の必要な分だけデータを購入することができ、データ容量の無駄を少なくできる可能性が高いと話題になっています。

当記事では、以下の事柄について解説します。

  • povoのトッピングなしの最低維持費は180日で660円(税込)
  • トッピングありの場合最低維持費は180日で220円(税込)
  • Wi-Fiに普段から接続していたりスマホの機能を殆ど使わない人、電話のための回線が欲しい人はpovoを最低維持費で使いやすい
  • povoを最低維持費で使うと通信制限速度が128kbpsで遅いことに注意

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

povoのトッピングなしの最低維持費は180日で660円(税込)

結論、povoでトッピングを利用しない場合、180日間の最低維持費は660円(税込)となります。

そもそも、povoをトッピングなしで利用する場合は以下の維持費がかかります。

  • 通話料
  • SMS送信料

この2つの費用が、半年間で税込660円を超えている場合は、回線を維持することが可能です。

povoの通話料は30秒22円なので、660円分使用するとなると900秒(15分)の通話が必要です。

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

トッピングありの場合最低維持費は180日で220円(税込)

また、povoはトッピングありの場合、最低維持費は180日で220円(税込)です。

povoは、180日間の間に有料トッピングを1つでも利用すれば、回線を維持できます。

つまり、1番料金が安いトッピングを半年間の間に1回利用するだけで維持が可能ということです。

2023年6月現在、povoのトッピングの種類としては以下のラインナップがあります。

  • データ使い放題(24時間):330円(税込)
  • データ追加1GB(7日間):390円(税込)
  • データ追加3GB(30日間):990円(税込)
  • データ追加20GB(30日間):2,700円(税込)
  • データ追加60GB(90日間):6,490円(税込)
  • データ追加150GB(180日間):12,980円(税込)
  • DAZN使い放題パック(7日間):760円(税込)
  • smash.使い放題パック(24時間):220円(税込)
  • 5分以内通話かけ放題(30日間):550円(税込)
  • 通話かけ放題(30日間):1,650円(税込)
  • スマホ故障サポート(30日間):830円(税込)

1番料金が安いトッピングは「smash.使い放題パック」の220円(税込)です。

そのため、半年に1回このトッピングを使えば回線を維持できるため、180日の最低維持費は220円(税込)となります。

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

povoを最低維持費で使う際におすすめな人は?

povoの最低維持費について解説しましたが、実際どのような人が利用するとおすすめなのか、その特徴を以下の順に解説していきます。

  • WiFiを普段から多く活用できている人
  • スマートフォンをほぼ使わない人
  • 電話を受けるための回線が欲しい人

WiFiを普段から多く活用できている人

特徴1つ目は、普段からWiFiを利用するのがほどんどな人です。

WiFiを利用していれば、データ量が消費されることがなく、0GBのデータ量でもストレスなく通信を行えます。

そのため、自宅の固定回線や施設のフリーWiFiなどを普段から多く活用し、データ消費量がほぼ0に近い人は、povoだとお得に使える可能性が高いです。

スマートフォンをほぼ使わない人

特徴2つ目は、スマートフォンをほぼ使わない人です。

そもそも、スマートフォン自体をほぼ使わないにも関わらず、データ量が多いプランを契約し、高い月額料金を払う必要はありません。

もし、現在ほとんどスマートフォンを使っていないという人は、毎月の料金を確認し、無駄に料金を支払っていないか確認してみましょう。

無駄に料金を支払っていると感じたなら、povoへの乗り換えをおすすめします。

電話を受けるための回線が欲しい人

特徴3つ目は、電話を受けるためだけの回線が欲しい人です。

携帯番号をビジネスで利用する際、電話を受けることしかしない等、自分から通話料を払う機会がほとんどない場合は、povoの利用がおすすめです。

通話料がかかるのは、フリーダイヤルでない限り発信した側です。また、電話回線使用時の電話の発着信にデータ量は消費されません。

もし、着信するためだけにデータ容量ありのプランに加入している場合は、povoへの乗り換えを検討しましょう。

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

povoを最低維持費で使う際、通信制限速度が遅いことに注意

povoを最低維持費で使う際、注意すべき点として、通信制限の際の速度が遅いことがあります。

povoの通信制限時の速度は128kbpsとかなり遅く、動画視聴や写真のダウンロードやアップロードだけでなく普段使いでもストレスを感じる可能性があります。

そのため、もしpovoを最低維持費で使う場合は、できる限りWiFi環境化で利用する、テザリングを活用するなどの工夫が必要になります。

povoの最低維持費は180日で220円(税込)でトッピングをしない場合は660円(税込)

povoの最低維持費について解説しました。

povoはトッピングなしの場合は180日で660円(税込)分通話をすれば契約を維持できます。

また、トッピングありの場合、最安のトッピングを半年に1回購入するのみで契約を維持できるので、かなりお得に使うことも可能です。

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

本ページの情報は記事掲載日または最終更新日時点のものです。最新の情報は各サービス公式サイトにてご確認ください。

povo2.0で現在開催中のキャンペーン

  • 12/31まで!povoへ新規契約&他社から乗換でpovo2.0のお試しトッピングが実質無料キャンペーンキャンペーンが月間ギガ3GB→6GBに増量中
  • 12/15開始!他社からpovoへ乗換+対象トッピング購入でau Pay残高を最大10,000円相当還元キャンペーン中!

基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

povo 2.0の平均データ:97件の投稿データを見る
【Download速度】68Mbps
【Upload速度】39Mbps
【Ping】41ms
【Jitter】43ms

Guide

povoガイド

キャンペーンやお得情報
povoのキャンペーンまとめ
povo & LINEMO & ahamo プラン比較
プラン人気度比較 | 開催キャンペーン比較
契約に関すること
店舗で契約できる? | 最低利用期間は?
サービス内容に関すること
通信回線でプラチナバンドは? | 通話品質 | LINEは使える? | スマホ端末セットはある? | メールアドレスは? | iPhone対応機種は?

Profile

この記事の執筆者

アプリポ編集部

アプリポ編集部では、スマホやアプリ、ネット回線/VPN等のオンラインツールを上手に活用するためのTipsを提供するコンテンツ制作を行っています。ネット回線速度の投稿型サイト「回線ちぇっく」を開発・運営や、LINEMOやpovo等の格安SIM回線各社やVPN等のサービスを実際に契約し、随時記事コンテンツをアップデートし続けています。

郵送で届いたラインモのミニプランのSIMカードと案内 povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像 ahamoのSIMカード一式の画像

Company

サイト運営会社概要

株式会社七変化のコーポレートロゴ

「株式会社七変化」はスマホやPCの使い方やモバイル回線に関する解説コンテンツを提供するWebサイト「アプリポ」の運営、ネット回線速度の測定&ユーザー投稿型サイト「回線ちぇっく」の運営、Web制作事業などの事業を行っています。

会社名 株式会社七変化(7henge, inc.)会社概要
代表取締役 長島圭佑(Keisuke Nagashima)
会社設立 2021年8月10日
事業内容 Webメディア運営/Webサービス開発&運営、Webサイトの制作&開発やマーケティング支援等
本店事務所所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階
資本金 100万円
株主 発行株式の100%を代表取締役が保有

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPC、ネット回線を上手に活用するために役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)

\povoは月額基本料0円/
povo公式アプリで申込>