povoの最低維持費は通話料が180日で660円?【2022年最新】トッピングはカウントされる?のサムネイル画像

povoの最低維持費は通話料が180日で660円?【2022年最新】トッピングはカウントされる?

#povo

3GBで月額990円!ソフトバンクのLINEMOもおすすめ!【PR】

  • 【1/31まで!】スマホプラン乗換で15,000円相当還元!PayPayポイントキャンペーン開催中!※スマホプランで15,000円相当還元は公式サイト最上段のPayPayポイント15,000円相当プレゼントのバナーをタップして表示された専用ページでの他社から乗換が対象。
  • 【1/31まで!】月額990円(税込)で使えるLINEMOのミニプランが最大8ヶ月間実質無料!PayPayポイント還元キャンペーン開催中!※他社からの乗換が対象。

LINEMO公式サイトを見る

LINEMO

povoの最低維持費はいくら?

povoは、auが提供するサブブランドの格安SIMです。

プランの基本料がoGB0円で、そこから自分の必要な分だけデータを購入することができ、データ容量の無駄を少なくできる可能性が高いと話題になっています。

当記事では、以下の事柄について解説します。

  • povoのトッピングなしの最低維持費は180日で660円(税込)
  • トッピングありの場合最低維持費は180日で220円(税込)
  • Wi-Fiに普段から接続していたりスマホの機能を殆ど使わない人、電話のための回線が欲しい人はpovoを最低維持費で使いやすい
  • povoを最低維持費で使うと通信制限速度が128kbpsで遅いことに注意

povo 2.0は基本料金0円でオールトッピング方式が魅力!
povoの公式サイト

povoのトッピングなしの最低維持費は180日で660円(税込)

結論、povoでトッピングを利用しない場合、180日間の最低維持費は660円(税込)となります。

そもそも、povoをトッピングなしで利用する場合は以下の維持費がかかります。

  • 通話料
  • SMS送信料

この2つの費用が、半年間で税込660円を超えている場合は、回線を維持することが可能です。

povoの通話料は30秒22円なので、660円分使用するとなると900秒(15分)の通話が必要です。

povo 2.0は基本料金0円でオールトッピング方式が魅力!povoの公式サイト 【PR】年末年始限定!スマホプラン乗換で15,000円相当還元!ミニプランが最大8ヶ月実質無料は1月末まで!
LINEMO公式サイトを見るスマホプランで15,000円相当還元は公式サイト最上段のPayPayポイント15,000円相当プレゼントのバナーをタップして表示された専用ページでの申込が対象。ソフトバンク、ワイモバイル、LINEモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。【PR】12/31までにahamoの専用エントリーページで申込ならdポイント5,000pt(期間・用途限定)がもらえる
ahamoの公式サイト※他社からMNP転入の場合。ahamoトップページのおすすめコンテンツ〜のスライドの「かぐや様は告らせたい 5,000pt」をタップした先のページでエントリー必要。【PR】楽天モバイルでiPhone 14購入で最大24,000円相当分還元!楽天モバイル公式サイトを見る

トッピングありの場合最低維持費は180日で220円(税込)

また、povoはトッピングありの場合、最低維持費は180日で220円(税込)です。

povoは、180日間の間に有料トッピングを1つでも利用すれば、回線を維持できます。

つまり、1番料金が安いトッピングを半年間の間に1回利用するだけで維持が可能ということです。

2022年12月現在、povoのトッピングの種類としては以下のラインナップがあります。

  • データ使い放題(24時間):330円(税込)
  • データ追加1GB(7日間):390円(税込)
  • データ追加3GB(30日間):990円(税込)
  • データ追加20GB(30日間):2,700円(税込)
  • データ追加60GB(90日間):6,490円(税込)
  • データ追加150GB(180日間):12,980円(税込)
  • DAZN使い放題パック(7日間):760円(税込)
  • smash.使い放題パック(24時間):220円(税込)
  • 5分以内通話かけ放題(30日間):550円(税込)
  • 通話かけ放題(30日間):1,650円(税込)
  • スマホ故障サポート(30日間):830円(税込)

1番料金が安いトッピングは「smash.使い放題パック」の220円(税込)です。

そのため、半年に1回このトッピングを使えば回線を維持できるため、180日の最低維持費は220円(税込)となります。

povo 2.0は基本料金0円でオールトッピング方式が魅力!povoの公式サイト 【PR】年末年始限定!スマホプラン乗換で15,000円相当還元!ミニプランが最大8ヶ月実質無料は1月末まで!
LINEMO公式サイトを見るスマホプランで15,000円相当還元は公式サイト最上段のPayPayポイント15,000円相当プレゼントのバナーをタップして表示された専用ページでの申込が対象。ソフトバンク、ワイモバイル、LINEモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。【PR】12/31までにahamoの専用エントリーページで申込ならdポイント5,000pt(期間・用途限定)がもらえる
ahamoの公式サイト※他社からMNP転入の場合。ahamoトップページのおすすめコンテンツ〜のスライドの「かぐや様は告らせたい 5,000pt」をタップした先のページでエントリー必要。【PR】楽天モバイルでiPhone 14購入で最大24,000円相当分還元!楽天モバイル公式サイトを見る

povoを最低維持費で使う際におすすめな人は?

povoの最低維持費について解説しましたが、実際どのような人が利用するとおすすめなのか、その特徴を以下の順に解説していきます。

  • WiFiを普段から多く活用できている人
  • スマートフォンをほぼ使わない人
  • 電話を受けるための回線が欲しい人

WiFiを普段から多く活用できている人

特徴1つ目は、普段からWiFiを利用するのがほどんどな人です。

WiFiを利用していれば、データ量が消費されることがなく、0GBのデータ量でもストレスなく通信を行えます。

そのため、自宅の固定回線や施設のフリーWiFiなどを普段から多く活用し、データ消費量がほぼ0に近い人は、povoだとお得に使える可能性が高いです。

スマートフォンをほぼ使わない人

特徴2つ目は、スマートフォンをほぼ使わない人です。

そもそも、スマートフォン自体をほぼ使わないにも関わらず、データ量が多いプランを契約し、高い月額料金を払う必要はありません。

もし、現在ほとんどスマートフォンを使っていないという人は、毎月の料金を確認し、無駄に料金を支払っていないか確認してみましょう。

無駄に料金を支払っていると感じたなら、povoへの乗り換えをおすすめします。

電話を受けるための回線が欲しい人

特徴3つ目は、電話を受けるためだけの回線が欲しい人です。

携帯番号をビジネスで利用する際、電話を受けることしかしない等、自分から通話料を払う機会がほとんどない場合は、povoの利用がおすすめです。

通話料がかかるのは、フリーダイヤルでない限り発信した側です。また、電話回線使用時の電話の発着信にデータ量は消費されません。

もし、着信するためだけにデータ容量ありのプランに加入している場合は、povoへの乗り換えを検討しましょう。

povo 2.0は基本料金0円でオールトッピング方式が魅力!povoの公式サイト 【PR】年末年始限定!スマホプラン乗換で15,000円相当還元!ミニプランが最大8ヶ月実質無料は1月末まで!
LINEMO公式サイトを見るスマホプランで15,000円相当還元は公式サイト最上段のPayPayポイント15,000円相当プレゼントのバナーをタップして表示された専用ページでの申込が対象。ソフトバンク、ワイモバイル、LINEモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。【PR】12/31までにahamoの専用エントリーページで申込ならdポイント5,000pt(期間・用途限定)がもらえる
ahamoの公式サイト※他社からMNP転入の場合。ahamoトップページのおすすめコンテンツ〜のスライドの「かぐや様は告らせたい 5,000pt」をタップした先のページでエントリー必要。【PR】楽天モバイルでiPhone 14購入で最大24,000円相当分還元!楽天モバイル公式サイトを見る

povoを最低維持費で使う際、通信制限速度が遅いことに注意

povoを最低維持費で使う際、注意すべき点として、通信制限の際の速度が遅いことがあります。

povoの通信制限時の速度は128kbpsとかなり遅く、動画視聴や写真のダウンロードやアップロードだけでなく普段使いでもストレスを感じる可能性があります。

そのため、もしpovoを最低維持費で使う場合は、できる限りWiFi環境化で利用する、テザリングを活用するなどの工夫が必要になります。

povoの最低維持費は180日で220円(税込)でトッピングをしない場合は660円(税込)

povoの最低維持費について解説しました。

povoはトッピングなしの場合は180日で660円(税込)分通話をすれば契約を維持できます。

また、トッピングありの場合、最安のトッピングを半年に1回購入するのみで契約を維持できるので、かなりお得に使うことも可能です。

povo 2.0は基本料金0円でオールトッピング方式が魅力!povoの公式サイト 【PR】年末年始限定!スマホプラン乗換で15,000円相当還元!ミニプランが最大8ヶ月実質無料は1月末まで!
LINEMO公式サイトを見るスマホプランで15,000円相当還元は公式サイト最上段のPayPayポイント15,000円相当プレゼントのバナーをタップして表示された専用ページでの申込が対象。ソフトバンク、ワイモバイル、LINEモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。【PR】12/31までにahamoの専用エントリーページで申込ならdポイント5,000pt(期間・用途限定)がもらえる
ahamoの公式サイト※他社からMNP転入の場合。ahamoトップページのおすすめコンテンツ〜のスライドの「かぐや様は告らせたい 5,000pt」をタップした先のページでエントリー必要。【PR】楽天モバイルでiPhone 14購入で最大24,000円相当分還元!楽天モバイル公式サイトを見る

本ページの情報は記事掲載日または最終更新日時点のものです。最新の情報は各サービス公式サイトにてご確認ください。

3GBで月額990円!ソフトバンクのLINEMOもおすすめ!【PR】

  • 【1/31まで!】スマホプラン乗換で15,000円相当還元!PayPayポイントキャンペーン開催中!※スマホプランで15,000円相当還元は公式サイト最上段のPayPayポイント15,000円相当プレゼントのバナーをタップして表示された専用ページでの他社から乗換が対象。
  • 【1/31まで!】月額990円(税込)で使えるLINEMOのミニプランが最大8ヶ月間実質無料!PayPayポイント還元キャンペーン開催中!※他社からの乗換が対象。

LINEMO公式サイトを見る

LINEMO

ahamoなら月2,970円※機種代金別途でデータ容量20ギガで安心!【PR】

  • ahamoはドコモ回線だから高品質で5Gも速い!iPhone 14やiPhone SEもセット販売中!
  • ahamoなら通話が5分以内なら何度でも無料!※ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料金がかかります。

ahamoの公式サイトを見る

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPCを上手に活用した生活や仕事の実現に役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)

Profile

サイト運営者情報

「アプリポ」は「株式会社七変化」が運営を行っています。

「株式会社七変化」はスマホやPCを上手に活用した生活や仕事を行うのに役立つ様々なTipsや知識を提供するWebサイト「アプリポ」の運営やWebデザイン事業などIT分野の事業を行っています。

弊社ではpovo 2.0や複数の他社オンライン専用プランや格安SIM回線を実際に契約した上で、利用者目線のレビュー記事や疑問点の解消につながるコンテンツを随時制作しています。

povo 2.0回線のSIMカードをiPhoneに差し込んで画面上部に通信会社名を表示させた写真

povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像

Featured

注目の記事

ahamoなら月2,970円でデータ容量20ギガで安心!最新iPhone 14もセット販売!※機種代金別途

ahamoの公式サイトを見る