3GBで月額990円!ソフトバンクのLINEMOもおすすめ!【PR】

  • LINEMOミニプランも登場!なんと3GBで月額990円(税込)!
  • LINEMOスマホプランに他社から乗換で10000円相当もらえる!
    ※ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。
  • LINEMOはLINEアプリの通話やメッセージが通信量にカウントされないからオトク!

LINEMO公式サイトを見る

LINEMO

povo(ポヴォ)は月額いくらになる?かかる値段をまとめて解説!のサムネイル画像

povo(ポヴォ)は月額いくらになる?かかる値段をまとめて解説!

#povo

povo(ポヴォ)は月額いくらになる?

povoはauが提供するオンライン専用ブランドです。

auの高品質な回線をリーズナブルな価格で利用できる料金プランで、2021年3月にサービスを開始しました。

2021年9月には、さらに利用しやすくリニューアルしてpovo2.0となっています。

povoの基本料金は0円で、利用者が各自の利用状況にあわせて必要なデータ通信容量や音声通話オプションなどを「トッピング」していきます。

自由に選べることはありがたいのですが、逆に実際どれくらいの料金になるのかがわかりにくいかもしれません。

そこで、当記事ではpovoの月額料金がいくらになるのかを解説します。

乗り換える際の参考にしてください。

povo(ポヴォ)の料金プラン

まずはpovoの料金プランについて説明します。

基本料金

povoの基本料金は0円です。

音声通話やSMS、データ通信を利用しなければ、お金はかかりません。

ただし、180日間以上有料トッピングの購入等がない場合には、利用停止、契約解除となることがあるので注意が必要です。

トッピング

povoは各自の利用状況に応じて、次のトッピングを選んで利用します。

データトッピング

使えるデータの容量と有効期間に応じて次の6種類があります。

まとめて購入するほどGBあたりの単価は安く、有効期間は長くなります。

有効期間に注意して適切な容量を選ぶようにしましょう。

  • データ使い放題(24時間) 330円(税込)
  • データ追加1GB(7日間) 390円(税込)
  • データ追加3GB(30日間) 990円(税込)
  • データ追加20GB(30日間) 2,700円(税込)
  • データ追加60GB(90日間) 6,490円(税込)
  • データ追加150GB(180日間) 12,980円(税込)

コンテンツトッピング

低価格で動画が楽しめるトッピングも用意されています。

長期の休みなどにまとめて視聴したい場合などに利用するとよいでしょう。

  • DAZN使い放題パック(7日間) 760円(税込)
  • smash.使い放題パック(24時間) 220円(税込)

通話トッピング

通話トッピングは、他社と同様に5分以内の通話が無料でできる「5分以内通話かけ放題」と時間・回数無制限で通話無料の「通話かけ放題」の2種類があります。

通話トッピングの有効期間の単位は「日」ではなく「月」になっています。

  • 5分以内通話かけ放題 550円(税込)/月
  • 通話かけ放題 1,650円(税込)/月

サポートトッピング

povoでは、故障時等のサポートにもトッピングで対応しています。

こちらも有効期間の単位は「月」で、月額料金は830円(税込)です。

故障等の場合に年2回まで端末の交換を申し込むことができます。

交換時にはiPhoneの場合12,900円(税込)、Androidスマホの場合1回目は5,500円(税込)、2回目は8,800円(税込)の自己負担が必要になります。

その他の料金

povoでは、その他に次のような料金がかかります。

従量課金

国内通話料 22円(税込)/30秒(通話オプションに加入しない場合および5分以内通話かけ放題で5分を超える部分)

SMS送信料 3.3円(税込)/1通

ユニバーサルサービス料

2022年1月から2.2円(税込)

電話リレーサービス料

2021年7月~2022年1月1.1円(税込)、2022年2月~3月0円、2022年4月以降は未定

なお、ユニバーサルサービス料、電話リレーサービス料が請求されるのは、トッピングが有効な月または従量の通話・SMS等の利用があった月のみとなっています。

さらに、当面の間は請求しないこととなっています。

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povoの公式サイト

LINEMO

povo(ポヴォ)で実際にかかる値段

povoの料金プランは上記の通りですが、どのトッピングを利用するか、従量の通話やSMSをどの程度利用するのかによって実際にかかる金額は大きく異なります。

ここでは具体例を挙げて月額料金がいくらになるかを計算してみましょう。

平均的なデータ通信使用量と音声通話時間

総務省の調査によると、スマホ利用者の平均的なデータ通信の使用量は次のとおりです。

出典:モバイル市場の最近の動向について(令和2年12月21日)

  • 月2GB未満 49.5%
  • 月2GB以上5GB未満 16.5%
  • 月5GB以上8GB未満 8.7%
  • 月8GB以上10GB未満 3.6%
  • 月10GB以上20GB未満 10.4%
  • 月20GB以上 11.3%

利用者が比較的多い「月2GB未満」「月2GB以上5GB未満」「月10GB以上20GB未満」の3つのケースについて見ていきたいと思います。

povoのデータトッピングに2GBはなく3GBとなるので、ここではデータ通信容量は「月3GB未満」「月3GB以上5GB未満」「月10GB以上20GB未満」の3つとします。

また、令和2年度の携帯電話での音声通話は平均で1日あたり0.6回、1通話あたりの通話時間が3分15秒となっています。

出典:通信量からみた我が国の音声通信利用状況【令和2年度】

こちらは、1月あたり約18回、1回の通話はほぼ5分以内で収まることになりますので、通話トッピングは「5分以内通話かけ放題」にするのがよいでしょう。

通話トッピングなしだと、

22円 × 2 × 3.5分 × 18回 = 2,772円(税込)

になります。

ということで、「月3GB未満」+「5分以内通話かけ放題」の場合と「月3GB以上5GB未満」+「5分以内通話かけ放題」の場合、「月10GB以上20GB未満」+「5分以内通話かけ放題」の場合に分けて、月額いくらになるかを計算します。

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povoの公式サイト

LINEMO

「3GB未満」+「5分以内通話かけ放題」の場合

データトッピングは、データ追加3GBを選択します。

正確には1ヶ月と30日とでは異なりますが、簡略化のため30日を1ヶ月として計算します。

したがって、月額料金は次のようになります。

データ追加3GB 990円(税込)

5分以内通話かけ放題 550円(税込)

合計 1,540円(税込)

5分を超える通話やSMSの送信がなければ、月額料金は1,540円(税込)となります。

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povoの公式サイト

LINEMO

「月3GB以上5GB未満」+「5分以内通話かけ放題」の場合

5GBに近い容量を利用するものとすると、データトッピングは、データ追加3GB1回とデータ追加1GB2回を選択します。

データ追加3GB 990円(税込)

データ追加1GB 390円(税込)

データ追加1GB 390円(税込)

5分以内通話かけ放題 550円(税込)

合計 2,320円(税込)

5分を超える通話やSMSの送信がなければ、月額料金は2,320円(税込)となります。

月々の支払額が変動しても良ければ、データ追加3GBを利用し続けることで、1月あたりの料金をもう少し下げることもできます。

例えば、1月あたり4.5GB使う場合、今月データ追加3GBを2回利用して、来月は1回にするとします。

すると、5分以内通話かけ放題と合わせて今月の支払額は2,530円(税込)になりますが、来月は1,540円(税込)です。

1月平均で2,035円(税込)になります。

継続的に月3GBを超える場合は、データ追加3GBを利用し続ける方が価格が下がりますし、トッピング追加の手間も省けますのでお得で便利と言えます。

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povoの公式サイト

LINEMO

「月10GB以上20GB未満」+「5分以内通話かけ放題」の場合

データトッピングは、データ追加20GBを選択します。

基本料金 2,700円(税込)

5分以内通話かけ放題 550円(税込)

合計 3,250円(税込)

5分を超える通話やSMSの送信がなければ、月額料金は3,250円(税込)となります。

先にまとまった金額を支払うことができるなら、大容量のデータ追加をすることで1月あたりの支払額を抑えることもできます。

例えば、データ追加60GBなら90日間利用できて6,490円(税込)です。

3ヶ月の利用で5分以内通話かけ放題と合わせて合計8,140円(税込)、1月平均の料金は約2,713円(税込)になります。

ただし、思ったよりデータ消費が大幅に少なかった場合には、逆に割高になる可能性もありますので注意が必要です。

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povoの公式サイト

LINEMO

#ギガ活でデータをチャージ

povoには、他にはないサービス「#ギガ活」があります。

au PAYでの支払いやお店の利用などをすることで、データ通信容量をチャージすることができるサービスです。

例えば、ローソンで税込500円以上の買い物をau PAYによる支払いですると300MBがもらえます。

利用の仕方次第では、必要なデータ通信容量の大部分を賄えて、月々の支払額をさらに下げることができるかもしれません。

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povoの公式サイト

LINEMO

povoは初期費用無料

povoは、契約時の事務手数料やSIM発行手数料が無料です。

したがって、初期費用無料で乗り換えることができます。

通話トッピングに関しては月単位での課金となっていますが、月途中での加入の場合も日割りとはならないのが原則です。

しかし、当面の間は日割り額での請求となるようです。

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povoの公式サイト

LINEMO

3GBで月額990円!ソフトバンクのLINEMOもおすすめ!【PR】

  • LINEMOミニプランも登場!なんと3GBで月額990円(税込)!
  • LINEMOスマホプランに他社から乗換で10000円相当もらえる!
    ※ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。
  • LINEMOはLINEアプリの通話やメッセージが通信量にカウントされないからオトク!

LINEMO公式サイトを見る

LINEMO

ahamoは20GBの大容量なのにリーズナブル!【PR】

  • 回線品質はドコモと同じ!
  • 月額2,970円(税込)で月間20GBまで使えて安心!※機種代金別途
  • さらに1回5分間までの電話が何度でも無料!※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料金がかかります。
  • ahamo(アハモ)は82の国と地域で20GBまで利用できる!
    ※ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。※ahamoでは、キャリアメールなど一部ご利用できないサービスがあります。

ahamoの公式サイトを見る

Follow

フォローして情報を受け取る

Featured

注目の記事