povo(ポヴォ)は留守電(留守番電話)はできない?対応してない?【au新プラン】

【au新プラン】povo(ポヴォ)とは?

KDDI株式会社は、2021年3月23日から「povo(ポヴォ)」の提供を開始しました。

povo(ポヴォ)とは、月間データ容量20GBを月額2,728円(税込)で利用できる料金プランです。

povo(ポヴォ)の特徴として、申し込みから困ったときのサポートまで、手続きは全てオンラインで対応することが挙げられます。

店舗まで行かなくても手続きができるので、時代に合ったとても便利なサービスです。

しかし反対に、auショップでサポートが受けられないという注意点もあります。

他にも、キャリアメール(@ezweb.ne.jpで終わるメールアドレス)が利用できないなど、今までのauのサービスでは当たり前のように使えていたサービスがシンプル化のためカットされています。

そのため、他のオプション的機能や留守電(留守番電話)サービスなどへ対応しているかどうか、気になる方も多いでしょう。

この記事では、auの新プラン「povo(ポヴォ)」では留守電(留守番電話)は対応しているか解説します。

povo(ポヴォ)は留守電(留守番電話)に非対応!

<KDDI公式サイト>povoのサービス概要を見ると、povoのサービス内容が一覧で確認できます。

その中の留守番電話サービスの項目を見ると、「ご利用いただけません」と記載されています。

結論から言うと、povo(ポヴォ)は留守電(留守番電話)に対応していないことがわかります。

povo(ポヴォ)は主に電話や音声サービスをあまり使わなくなってきているデジタル・ネット・SNS慣れした若い世代に照準を絞っており、サービスの簡略化のため、オプションでの提供も含め留守電(留守番電話)に対応しない方針のようです。

povoは月額2,728円(税込)で月間20GBのデータ通信容量でオトク!

auのpovo公式サイト

povo(ポヴォ)のトッピングでも留守電(留守番電話)は非対応

povo(ポヴォ)には、機能を追加(トッピング)することが可能ですが、トッピングの方にも留守番電話のサービスはありませんでした。

トッピングの内容は以下の通りです。

  • 5分以内通話かけ放題…税込550円
  • 通話かけ放題…税込1,650円
  • データ使い放題24時間…税込220円
  • データ追加1GB…税込550円

povoは月額2,728円(税込)で月間20GBのデータ通信容量でオトク!

auのpovo公式サイト

povo(ポヴォ)を利用する上での注意点

他にもpovo(ポヴォ)を契約・利用する上で、いくつか注意点がありますのでご紹介します。

利用可能データ量は月間20GBまで!

利用可能なデータ量は、1ヶ月20GBまでとなっています。

無制限ではないため注意が必要です。

しかし1日220円でデータ使い放題のトッピングできるので、その都度データ量を追加することも可能です。

契約は20歳以上から

povo(ポヴォ)は20歳以上でないと契約することができません。

20歳未満の方で利用したいという場合は、親権者名義で契約し、利用者登録をする必要があります。

auショップなどでサポートを受けられない

povo(ポヴォ)は申し込みやサポートを全てオンラインで受け付けるという特徴があります。

移行などの操作に関しても、ショップで確認することはできません。

全てオンラインでの対応となりますので、注意してください。

povoは月額2,728円(税込)で月間20GBのデータ通信容量でオトク!

auのpovo公式サイト

アハモは月間データ容量20GBで月額2,970円!回線品質はドコモと同じ

  • NTTドコモのオンライン専用新プラン!アハモの回線品質はドコモと同じ!
  • 5分間までの電話は何回でも無料!
  • 月間データ容量はたっぷり20GB!

アハモの公式サイト

Follow

フォローして情報を受け取る