LINEMO
povo(ポヴォ)でタブレットは使える?プランは?契約できる対応機種は?のサムネイル画像

povo(ポヴォ)でタブレットは使える?プランは?契約できる対応機種は?

povo(ポヴォ)でタブレットを使いたい!

【2021年9月更新!】

KDDI(au)は、2021年3月からオンライン専用料金プラン「povo(ポヴォ)」の提供を開始しました。

「povo(ポヴォ)」は基本料0円で契約できユーザーの利用用途に合わせてデータ容量や通話料をトッピングすることができる柔軟なプラン設計から広く注目を集めています。

当記事では、povo(ポヴォ)でタブレットは使えるのか?プランはあるのか?契約できる対応機種があるのか?について解説します。

povo(ポヴォ)でタブレットは使えるかは未発表!対応機種は明らかになっていない

povoの対応機種は、povo公式サイト上で発表済みです。

結論から言うと、povoのSIMが単独でデータ通信が可能な、4G・5G回線対応のタブレット端末で使えるかどうかは未発表となっています。

povo公式サイト上での対応機種はスマートフォン端末のみが発表され、タブレット端末については未発表となっています。

タブレット端末は大画面でコンテンツを楽しめるため、auでも人気が徐々に高まってきています。

2021年9月下旬にpovo2.0で大幅進化して提供開始予定!

povo公式サイトを見る

povo(ポヴォ)にタブレット専用プランは用意されていない

povoは現時点ではスマートフォン専用の料金プランとなっており、データ通信専用などタブレット端末向けの専用プランは用意されていません。

povo側での正式な対応が確認できてから、povoでタブレット端末を利用したい場合は、今後povoからタブレット端末への対応状況が発表されるのを待つ必要がありそうです。

2021年9月下旬にpovo2.0で大幅進化して提供開始予定!

povo公式サイトを見る

povo(ポヴォ)でテザリングしてタブレット端末でデータ通信もできる

povoを契約したスマホ端末でテザリングを行い、タブレット端末でもpovoの回線を使ってデータ通信を行うことが可能です。

povoではテザリングは、特別なオプションに加入する必要は無く、月間20GBまで追加料金不要で利用が可能です。

スマホ端末でpovoを契約した上で、タブレット端末はテザリングで使用する方法がpovoではスマートかもしれません。

月間データ通信容量をタブレット端末のテザリングに主に利用するといった使い方も可能です。

テザリングであれば、4G/5G回線対応のタブレット端末だけでなく、Wi-Fiのみに対応したタブレット端末でもデータ通信が可能になります。

2021年9月下旬にpovo2.0で大幅進化して提供開始予定!

povo公式サイトを見る

3GBで月額990円!ソフトバンクのLINEMOもおすすめ!【PR】

  • LINEMOミニプランも登場!なんと3GBで月額990円(税込)!
  • 20GBのスマホプランなら10,000円相当あげちゃう!
    ※ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外となります。
  • LINEMOはLINEアプリの通話やメッセージが通信量にカウントされないからオトク!

LINEMO公式サイトを見る

LINEMO

Follow

フォローして情報を受け取る

Featured

注目の記事