povo(ポヴォ)で機種代金の残りはどうなる?残債は?

povo(ポヴォ)で機種代金の残りはどうすればいい?

2021年1月にKDDI(au)より、オンライン専用プランの「povo(ポヴォ)」が発表されました。

月額2,728円(税込)で、月間データ通信容量が20GBと大容量の料金プランとして、先行していたNTTドコモのアハモよりも安く、広く注目を集めています。

povo(ポヴォ)に移行することで、今まで毎月支払っている機種代金の残りを一括で支払う必要があるのか?気になる方も多いと思います。

auからpovo(ポヴォ)に移行する場合は機種代金の残りは分割払いが継続

au公式サイト上の説明で、auからpovoに移行する場合も、機種代金の残りを毎月分割で支払うことが可能です。

<au公式サイト>auスマートフォン・携帯電話の「分割支払金残額」がある状態でも機種変更はできますか?

機種代金を今まで通り支払えば良いので、負担なくスムーズにpovoに移行ができます。

povoは月額2,728円(税込)で月間20GBのデータ通信容量でオトク!

auのpovo公式サイト

auからpovo(ポヴォ)に移行時に手数料はかからない!

auからpovoに移行時に、契約事務手数料や、契約解除料、移行手数料などはすべて0円となり、手数料なしでauからpovoに移行することが可能です。

オンライン専用のコスト削減効果を生かした、手数料なしの料金体系となっています。

povoは月額2,728円(税込)で月間20GBのデータ通信容量でオトク!

auのpovo公式サイト

他の携帯電話会社からpovoへの乗り換えで残債はどうなる?

ドコモからpovoへ乗り換えする場合は?

ドコモを転出(解約)して、auのpovoに移行する場合、今まで分割支払いを行っていた機種代金の残り(残債)がある場合は、今まで通り月々の支払いを行うことも可能です。

また、解約を期に一括払いを行うことももちろん可能です。

その他、解約時に契約解除料、MNP転出手数料などがかかる場合があります。

<NTTドコモ公式サイト>機種を分割払いで購入する

注意点としては、端末の分割払いに割引が適用されていた場合、ドコモ解約後は割引が適用されなくなり、端末代金が割高になってしまう可能性がある点です。

ご自身の契約内容を良く確認の上、乗り換えを検討しましょう。

ソフトバンクからpovoへ乗り換えする場合は?

ソフトバンクを転出(解約)して、auのpovoに移行する場合、今まで分割支払いを行っていた機種代金の残り(残債)がある場合は、今まで通り月々の支払いを行うことも可能です。

また、解約を期に一括払いを行うことももちろん可能です。

その他、解約時に契約解除料、MNP転出手数料などがかかる場合があります。

注意点としては、端末の分割払いに割引が適用されていた場合、ドコモ解約後は割引が適用されなくなり、端末代金が割高になってしまう可能性がある点です。

ご自身の契約内容を良く確認の上、乗り換えを検討しましょう。

povoは月額2,728円(税込)で月間20GBのデータ通信容量でオトク!

auのpovo公式サイト

ギガ無制限で月額3,278円!楽天モバイルがとにかくすごい!

  • 第4の携帯電話会社楽天モバイルがエリア続々拡大中!
  • データ通信量無制限で月額3,278円!という驚異的な安さ!
  • なんとデータ通信量1GBまでなら無料で使える!

楽天モバイルの公式サイトを見る

月額770円〜全国で使える!格安SIM「OCNモバイルONE」がすごい!

  • NTTグループの格安スマホサービスのOCNモバイルONEは月額770円(税込)〜使える!
  • 10GBプランでも月額1,760円(税込)という驚異的な安さでもちろん電話機能付き!
  • 回線品質に自信のドコモ回線を使用!

OCNモバイルONEの公式サイトを見る

こちらも読まれています

Follow

フォローして情報を受け取る