povo 2.0と1.0の違いは何か比較して解説、ポヴォ新プランのサムネイル画像

povo 2.0と1.0の違いは何か比較して解説、ポヴォ新プラン

#povo

広告当ページには事業者からのアフィリエイト成果報酬型の広告が含まれています。

povo2.0で現在開催中のキャンペーン

  • 12/31まで!povoへ新規契約&他社から乗換でpovo2.0のお試しトッピングが実質無料キャンペーンキャンペーンが月間ギガ3GB→6GBに増量中
  • 12/15開始!他社からpovoへ乗換+対象トッピング購入でau Pay残高を最大10,000円相当還元キャンペーン中!

基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

povoがpovo 2.0に大幅進化して再登場

auから発表されたポヴォの新プランはどこが新しくなったのでしょうか?

2021年9月下旬より受付開始予定のpovo 2.0は、これまでのプランよりもユーザーの利用環境に合わせて自由に設定できる「オールトッピング」方式に改定されています。

当記事では、以下のトピックについて解説します。

  • povo2.0は基本料金0円で任意のデータトッピングを購入できる
  • プラン容量を超過するとpovo1.0では1Mbps、povo2.0では128kbpsに速度制限される
  • 180日間以上トッピングを購入しないと解約になる恐れがある

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

ポヴォ新プランpovo 2.0とは?

povo 2.0とはauのサブブランドとして誕生したpovoの新プランで、楽天モバイルに対抗する新プランとしても注目されています。

20GB2,728円の旧プラン(povo 1.0に名称変更)から、データ使用量は必要な分だけ追加するというトッピング方式に変更し、「ゼロから、君のやり方で。」をコンセプトに2021年9月下旬よりスタート。

通話はトッピングなしでも30秒あたり22円で、5分以内通話かけ放題や通話かけ放題のトッピングを追加することもできます。

MVNOではなくau回線を使用しているので、低価格が売りの格安SIMとほぼ同様の料金で高品質なサービスを提供している期待の新プランです。

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

ポヴォ新プランpovo 2.0と1.0 の違いは?

旧プランpovo 1.0と新プランpovo 2.0の違いは主に3つです。

基本料金

  • povo 1.0:月額2,728円
  • povo 2.0:0円

データトッピング

  • povo 1.0:1GB550円・使い放題220円(24時間)
  • povo 2.0:1GB390円(7日間)・3GB990円(30日間)・20GB2,700円(30日間)・60GB6,490円(30日間)・150GB12,980円(180日間)・使い放題330円(24時間)

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

超過分通信速度

  • povo 1.0:最大1Mbps
  • povo 2.0:最大128kbps

基本料金

povo 2.0の基本料金はなんと0円。

20GB2,728円のpovo 1.0から大幅リニューアルです。

povo 2.0では0円のベースプランに加入し、必要なデータ容量や通話オプションはトッピングとして追加するオールトッピング形式になりました。

トッピングを追加せずに基本料金0円で利用することもできますが、180日以上トッピングの購入が無ければ利用停止や契約解除の可能性があるので注意しましょう。

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

データトッピングは容量と日数で選択できる

20GB1択のpovo 1.0に比べpovo 2.0はデータ容量を必要な分だけ自由にトッピングできるので、20GBも使わないユーザーにとっては嬉しい変更点です。

トッピングは容量と使用可能日数で設定され、7日間1GBから24時間の使い放題プランもある幅広いラインナップになっています。

月額ではなく使用期間が決まっているので、データ残量がなくなる度に選ばなくてはなりませんが、毎月の使用データ量に変動があるユーザーには自由にカスタマイズできるpovo 2.0は魅力です。

なお、このデータ容量は「高速通信するためのデータ容量」なので、トッピング追加しなくても基本の128kbpsで通信することができます。

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

データ容量超過分の通信速度は128kbps

povo 2.0は、基本料金0円でも128kbpsで通信利用は可能です。

データトッピングをすることで高速の4G/5Gを利用できますが、トッピングをしなかったり容量を超えたりした場合は、128kbpsの低速通信になってしまいます。

povo 1.0では20GBを超えた場合の速度は1Mbpsなのでこの点は少し残念ですが、128kbpsでもLINEのテキストチャットや動画を含まれないサイトの閲覧は問題ないレベルです。

128kbpsでは動画視聴はストレスを感じる速度なので、7日間1GBを追加するなどトッピングを上手く活用するのもおすすめです。

その他の違い

契約年齢

  • povo 1.0:20歳以上
  • povo 2.0:13歳以上

auの家族割プラス

  • povo 1.0:カウント対象
  • povo 2.0:割引/カウント対象外

LINE年齢認証サービス

  • povo 1.0:対応
  • povo 2.0:非対応

ポヴォ新プランpovo 2.0はエントリーが必要

現在povo 1.0ユーザーは、そのまま利用するかpovo 2.0にエントリーするのか選ぶことができます。(自動に移行はされません)

一度povo 2.0にエントリーすると再びpovo 1.0に戻すことはできないので、現在の使用状況を確認してメリットのある方を選択しましょう。

契約申し込み後データトッピングの購入者全員に、容量に応じた追加データボーナスをプレゼントするキャンペーンを実施しています。(データ使い放題(24時間)トッピングは対象外)

povo 2.0のご開通から14日以内にデータトッピング購入が必要なので、キャンペーン特典をねらっているのなら、早めにエントリーしておきましょう。

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

ポヴォ新プランpovo 2.0は安さと高品質でユーザーを獲得

auのサブブランドとして登場したポヴォは、データ容量をトッピングするという業界初の料金設定で、2021年3に誕生しました。

2021年9月下旬にスタートしたポヴォ新プランpovo 2.0は、au回線を使用する高品質さをそのまま引き継ぎ、格安SIM同等の料金プランを打ち出し、さらなるユーザーの獲得を目指します。

低速通信時の速度やauの家族割対象外のデメリットはありますが、基本料金0円で使う分だけトッピングする自由選択型は、自宅にWi-Fi環境のあるユーザーには大きなメリットになるでしょう。

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

本ページの情報は記事掲載日または最終更新日時点のものです。最新の情報は各サービス公式サイトにてご確認ください。

povo2.0で現在開催中のキャンペーン

  • 12/31まで!povoへ新規契約&他社から乗換でpovo2.0のお試しトッピングが実質無料キャンペーンキャンペーンが月間ギガ3GB→6GBに増量中
  • 12/15開始!他社からpovoへ乗換+対象トッピング購入でau Pay残高を最大10,000円相当還元キャンペーン中!

基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

povo 2.0の平均データ:97件の投稿データを見る
【Download速度】68Mbps
【Upload速度】39Mbps
【Ping】41ms
【Jitter】43ms

Guide

povoガイド

キャンペーンやお得情報
povoのキャンペーンまとめ
povo & LINEMO & ahamo プラン比較
プラン人気度比較 | 開催キャンペーン比較
契約に関すること
店舗で契約できる? | 最低利用期間は?
サービス内容に関すること
通信回線でプラチナバンドは? | 通話品質 | LINEは使える? | スマホ端末セットはある? | メールアドレスは? | iPhone対応機種は?

Profile

この記事の執筆者

長島 圭佑 / Keisuke Nagashima

「株式会社七変化(7henge, inc.」の代表取締役。スマホやアプリ、ネット回線/VPN等のオンラインツールを上手に活用するためのTipsを提供するWebサイト「アプリポ」を運営しています。他にもネット回線速度の投稿型サイト「回線ちぇっく」を開発・運営し、投稿データの統計値をコンテンツ制作に役立てています。また、LINEMOやpovo等の格安SIM回線各社やVPN等のサービスを実際に契約し、随時快適性や機能性を評価しています。

郵送で届いたラインモのミニプランのSIMカードと案内 povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像 ahamoのSIMカード一式の画像

Company

サイト運営会社概要

株式会社七変化のコーポレートロゴ

「株式会社七変化」はスマホやPCの使い方やモバイル回線に関する解説コンテンツを提供するWebサイト「アプリポ」の運営、ネット回線速度の測定&ユーザー投稿型サイト「回線ちぇっく」の運営、Web制作事業などの事業を行っています。

会社名 株式会社七変化(7henge, inc.)会社概要
代表取締役 長島圭佑(Keisuke Nagashima)
会社設立 2021年8月10日
事業内容 Webメディア運営/Webサービス開発&運営、Webサイトの制作&開発やマーケティング支援等
本店事務所所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階
資本金 100万円
株主 発行株式の100%を代表取締役が保有

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPC、ネット回線を上手に活用するために役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)

\povoは月額基本料0円/
povo公式アプリで申込>