povo 2.0とahamo(アハモ)を比較!違いは?どっちがいい?のサムネイル画像

povo 2.0とahamo(アハモ)を比較!違いは?どっちがいい?

povoはpovo 2.0へ進化

2021年9月下旬、auがオンライン専用ブランドの新プラン「povo 2.0」をスタートさせます。

povo2.0は2021年3月にスタートしたpovoが進化したものです。

これまでのpovoはpovo1.0と名称を変えてサービスは続けられますが、新規の申込はできなくなります。

povo 2.0の最大の特長は基本料金が0円であること。

お好きなデータ、通話、コンテンツの「トッピング」をすることで、用途に合った最適な料金プランができあがります。

20GBで2,728円(税込)のプランのみのpovo1.0と違って、柔軟な使い方に対応しています。

ahamo(アハモ)に対抗してauがスタートさせたpovoですが、povo2.0はどのように進化したのでしょうか。

ahamo(アハモ)は、2021年3月にサービス開始した、月額2,970円(税込)で20GBまで利用できるNTTドコモのオンライン専用プランです。

そこで当記事ではpovo 2.0とahamo(アハモ)を比較して、その違いを解説します。

povo 2.0とahamo(アハモ)の比較

povo 2.0とahamo(アハモ)を比較してみました。

料金

povo 2.0:月額0円~、20GB(30日間)の場合2,700円(税込)
ahamo:月額2,970円(税込)

月間データ容量

povo 2.0:0GB~、2,700円(税込)のトッピング利用で20GB(30日間)
ahamo:20GB

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povoの公式サイト

LINEMO

【要エントリー】ahamoに他社から乗り換えでdポイント10,000ptをプレゼント!12月末までの期間限定!

ahamoの公式サイト

※dポイントは期間・用途限定で開通を行った月の翌々月下旬頃に付与。 ※dポイントクラブの会員登録が必要で、1回線につき1回まで ※ドコモからの乗り換えは本キャンペーンの対象外

容量超過時の通信速度

povo 2.0:最大128kbps
ahamo:最大1Mbps

契約可能年齢

povo 2.0:13歳以上
ahamo:20歳以上(利用者登録は20歳未満もOK)

容量追加オプション

povo 2.0:1GB390円(税込)~150GB12,980円(税込)、データ使い放題24時間330円(税込)
ahamo:1GBあたり550円(税込)

容量無料追加サービス

povo 2.0:指定のお店やサービスを利用することなどでデータ容量を貯めるプログラム(#ギガ活)
ahamo:dカードまたはdカードGOLDによる料金支払いで+1GBまたは+5GB(dカードボーナスパケット特典)

通話料無料

povo 2.0:なし(トッピングで提供)
ahamo:5分以内の国内通話無料

通話料

povo 2.0:22円(税込)/30秒
ahamo:22円(税込)/30秒

通話料オプション

povo 2.0:通話トッピングで5分以内通話かけ放題が月額550円(税込)、通話かけ放題が月額1,650円(税込)
ahamo:月額1,100円(税込)で国内通話無料

回線

povo 2.0:KDDI(au)の回線
ahamo:NTTドコモの回線

5G対応

povo 2.0:対応(一部地域)
ahamo:対応(一部地域)

申込方法

povo 2.0:オンライン限定
ahamo:Web・専用アプリ(店頭での有償サポートあり)

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povoの公式サイト

LINEMO

【要エントリー】ahamoに他社から乗り換えでdポイント10,000ptをプレゼント!12月末までの期間限定!

ahamoの公式サイト

※dポイントは期間・用途限定で開通を行った月の翌々月下旬頃に付与。 ※dポイントクラブの会員登録が必要で、1回線につき1回まで ※ドコモからの乗り換えは本キャンペーンの対象外

キャリアメール

povo 2.0:なし
ahamo:なし

店頭サポート

povo 2.0:原則対象外
ahamo:有償サポートあり

LINE通信料無料

povo 2.0:なし
ahamo:なし

特定コンテンツ利用時の優遇

povo 2.0:コンテンツトッピングでDAZN使い放題パック(7日間)760円(税込)、smash.使い放題パック(24時間)220円(税込)
ahamo:なし

2年契約や解約金の有無

povo 2.0:なし
ahamo:なし

手数料

povo 2.0:移行手数料、契約解除料、契約事務手数料がすべて無料(詳細未発表のためpovo1.0と同じと推測)
ahamo:解約手数料、MNP手数料、契約事務手数料がすべて無料

テザリング対応

povo 2.0:対応
ahamo:対応

LINEの年齢認証サービス

povo 2.0:非対応
ahamo:対応

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povoの公式サイト

LINEMO

【要エントリー】ahamoに他社から乗り換えでdポイント10,000ptをプレゼント!12月末までの期間限定!

ahamoの公式サイト

※dポイントは期間・用途限定で開通を行った月の翌々月下旬頃に付与。 ※dポイントクラブの会員登録が必要で、1回線につき1回まで ※ドコモからの乗り換えは本キャンペーンの対象外

利用停止・契約解除

povo 2.0:180日間以上有料トッピングの購入などがない場合にあり
ahamo:なし

povo 2.0とahamo(アハモ)の違い

povo 2.0とahamo(アハモ)は、どちらもオンライン専用ブランドのプランです。

サービス開始当時のpovoとahamo(アハモ)はどちらも20GBで月額3,000円弱(税込)で、価格差はわずかにあるものの、ほぼ同等のサービスでした。

ところが、povoはpovo2.0としてサービス開始時よりも進化し、ahamo(アハモ)はサービス開始時の形を保ったままです。(2021年9月22日現在)

povoはpovo2.0への進化により、ahamo(アハモ)との違いが明確になりました。

その違いは、対象とするユーザーの幅の広さにあります。

povo 2.0は、使い方に応じてトッピングを選ぶことでさまざまな運用が可能です。

ほとんど利用しない人、通話ばかりする人、データ通信ばかりする人など幅広い層が対象となります。

ahamo(アハモ)は、通話もデータ通信もほどほどに使う人が対象となるプランです。

また、povo2.0はスマホに詳しい人向けのサービス、ahamoはスマホに詳しくない人にも向いているサービスと言うこともできます。

トッピングが自由に選べるpovo2.0は自分で料金プランを作り上げる必要がありますので、よくわからない人には難しいかもしれません。

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povoの公式サイト

LINEMO

一方、ahamo(アハモ)は契約さえすれば不自由なく使えます。

さらに有料になりますが店頭でのサポートも受けられるので、オンラインでの契約に慣れていない人も安心です。

【要エントリー】ahamoに他社から乗り換えでdポイント10,000ptをプレゼント!12月末までの期間限定!

ahamoの公式サイト

※dポイントは期間・用途限定で開通を行った月の翌々月下旬頃に付与。 ※dポイントクラブの会員登録が必要で、1回線につき1回まで ※ドコモからの乗り換えは本キャンペーンの対象外

povo 2.0はこんな人におすすめ

povo 2.0はこんな人におすすめです。

ほとんど使わない人からほどほどに使う人まで

povo2.0はスマホをほとんど利用しない人から、ほどほどにたくさん使う人まで幅広い層におすすめできます。

例えば、次のような人たちです。

受信がメインでほとんど利用しない人

トッピングをできるだけ抑えることで、格安な料金で利用できます。

通話がメインの人

通話トッピングだけなら5分以内通話かけ放題が月額550円(税込)、通話かけ放題が月額1,650円(税込)で利用できます。

データ通信がメインの人

データ通信をたくさんする人であれば、大容量のトッピングをするほど1GBあたりの単価は下がります。

150GB12,980円(税込)なら約6ヶ月間、1月あたり25GB2,163円で利用でき、ahamo(アハモ)の20GB2,970円よりもおトクです。

ただし、月間50GBを超えるような大容量のデータ通信をする人は無制限のプランにした方が良いでしょう。

休日にたっぷり使いたい人

普段はあまり使わないけど、休日にまとめて映画などを楽しみたい人は330円(税込)で「データ使い放題24時間」が利用できます。

2台目を持ちたい人

すでにメインのスマホを持っていて、2台目のスマホを持ちたいという人にもpovo2.0はおすすめです。

基本料金が0円なので、維持費を抑えて2台目を持つことができます。

最近は1台で2つの回線が利用できるデュアルSIM対応のスマホも増えてきているので、予備の回線として利用するのも良いでしょう。

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povoの公式サイト

LINEMO

ahamo(アハモ)はこんな人におすすめ

ahamo(アハモ)はこんな人におすすめです。

通話もデータ通信ほどほどにする人

通話はほどほどにするけど基本的に5分以内、データ通信もほどほどにするけど大容量の高額プランにするほどでもないという人におすすめです。

5分以内の通話であれば無料ですし、データ通信は20GBまでなら基本料金の範囲内で収まります。

オンラインでの契約には不安があるけど料金を抑えたい人

店頭で契約できるプランは割高なので、割安なオンライン専用プランにしたいけど、オンラインでの契約には不安があるという人にもおすすめです。

ahamo(アハモ)では他社が行っていない店頭でのサポートを有料で行っています。

そのため、オンラインでの契約に不安がある人でも、ahamo(アハモ)なら安心して契約することができます。

【要エントリー】ahamoに他社から乗り換えでdポイント10,000ptをプレゼント!12月末までの期間限定!

ahamoの公式サイト

※dポイントは期間・用途限定で開通を行った月の翌々月下旬頃に付与。 ※dポイントクラブの会員登録が必要で、1回線につき1回まで ※ドコモからの乗り換えは本キャンペーンの対象外

ahamoは20GBの大容量なのにリーズナブル!【PR】

  • 回線品質はドコモと同じ!
  • 月額2,970円(税込)で月間20GBまで使えて安心!※機種代金別途
  • さらに1回5分間までの電話が何度でも無料!※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料金がかかります。
  • ahamo(アハモ)は82の国と地域で20GBまで利用できる!
    ※ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。※ahamoでは、キャリアメールなど一部ご利用できないサービスがあります。

ahamoの公式サイトを見る

Follow

フォローして情報を受け取る